2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   今のきもち   出会い   佐藤初女さん    森のイスキア  イスキアの集い  お知らせ  リンク 連絡先 

 

          

 


小さな森福岡の歩み


故・佐藤初女さんへ【弔辞】

佐藤初女さんとの最期の日々

小さな森東京(10周年)

小さな森東京の活動記事

佐藤初女さんにお会いして

TOPICS

 

森のイスキアドアオープン

森のイスキアの近況

初女さんで繋がるご縁

森のイスキアの歩み

森のイスキアの祝別式

森のイスキア修景マップ

鐘楼完成の祝別式

イスキア命名の由来


イスキアの集い開催



大震災被災地支援

 
復興支援の現場から
 

 

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  <出会い>                                   小さな森福岡TOPへ



 ページ:

 金山孝さまの詩『釜石のこと』           金山孝さまからの手紙・詩

 ’よね’さまとのわかち合い             N.N.さまへの 『マリアさまからの手紙』

 R.M.さん 『初女さんだったらどうする?』      高山千代美さん作詞・作曲 『小さな森の詩』

 金山孝さまの詩『釜石のこと』・・(2015年6月29日掲載)
 

  金山孝さまから久しぶりにお手紙が届き、ある新聞社の詩壇に私のことを投稿したと書い
 てありました。お願いしてその詩を送っていただきました。
  こんなにも深く私のことを心にとめてくださっている人がいることを知って感激しています。
  遠く離れていても私たちはつながっている!と教えられたように感じました。
  それぞれの場所でそれぞれに美しい花を咲かせられたら・・・♪と願っています。


  
             


         『釜石のこと』
                             
   釜石のことをパソコンで覗いてしまった
   震災から4年を迎えても復興は道半ばだ
   その人は正月さえも釜石で迎えていた
   穏やかだが堂々と話していた
     「寄り添う人として
     ただ誰かがいることに意味がある
     泣いていいよ 話していいよ
     という存在でありたいと思っている」
   尽くし続ける彼が羨ましくもあった
   一度も会ったことがない人
   すべて受け入れて日々を生きていく
   言葉や形を選び そのことを教えてくれた
   彼が泣きたいときは 話したいときは
   誰が寄り添ってくれるのだろうか
   釜石のこと 幸も不幸もくらべはしない
   街並みや人々が変わってしまっても
   山並みや青空は何ひとつ変わらずに
   すべてを受け入れているように見える
   会えぬならせめて 一枚の葉書を書こう
   
                               金山 孝


                  

 

 





 ページ:

  

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.