2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

TOPICS

 

森のイスキアの歩み
   (2009.11.4)

鐘楼完成の祝別式
   (2009.11.4)

佐藤初女さん講演会
 
 2014年6月28日(土)
    (堺市)


イスキアの集い

 
 ・第10回イスキアの集い
   2014年6月14日(土)

 ・第9回イスキアの集い
   2013年6月1日(土)

  ・イスキアの集い[
   2012年6月9日(土)

  ・イスキアの集いZ
   2011年6月5日(日)
 

  イスキアの集いY
   2010年6月5日(土) 
 

  ・イスキアの集いX

   2009年6月6日(土)

 

  ・イスキアの集いW

   2008年5月31日

 

 

  ・イスキアの集いV

   2007年10月20日

 

 

  ・イスキアの集いU

   2006年7月2日

 

 

  ・イスキアの集いT

   2005年12月18日

 

  ・映画と講演の集い

  2004年 11月19日

 

 

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  <出会い>                                   小さな森東京TOPへ



 ページ:

 金山孝さまからの手紙・詩           N.N.さまへの 『マリアさまからの手紙』

 ’よね’さまとのわかち合い           R.M.さん 『初女さんだったらどうする?』

 高山千代美さん作詞・作曲 『小さな森の詩』

 小さな森東京の東日本大震災被災地支援  “忘れないでください”

   

 沢山の人からのお便りを読ませていただいているうちに、このコーナーは、それぞれの人が人との出会い、ものとの出会いを伝えてくださっていることに気づきました。

 まさに、それぞれの人の人生の一こまを分かち合う場として育ってきているように感じます。
 佐藤初女さんば「出あいなくして今の私はありえません。出あいは未来をひらく」と語っておられますが、ここに寄せられた皆さんからの『私の出あい』にも命の輝きを感じさせられます。
 一見小さいような出会いが次の出会いを呼んで豊かな人生につながっていくのですね。

 皆様からのお便りのページを「出会い」のページと変更させて頂きます。

                                     (2009年2月23日・・吉田俊雄)





 50、A.W.様より・・(2010年6月24日掲載)
 

梅雨入りとなりましたがいかがお過ごしでしょうか。
  5日の初女さんの講演会は無事に開催されたとのこと、大変お疲れさまでした。
  参加した知人からは良い刺激になり、よい波動をいただき、「受け入れる」という本質に触れた気がしたという感想がありました。
  他の友人たちからも、とても温かな気持ちになった、たくさんの気づきをいただいたなど、さまざまな感想が届きました。
  そして、チラシを掲示したヨガ教室の先生からは、何人もの生徒さんが、参加できて本当に良かったと言っていましたよとの報告をいただきました。
  参加した友人からの感想が届くにつれ、初女さんとの出会いの場を設けていただいたことに感謝の気持ちでいっぱいになりました。
  本当にありがとうございました
  私も、当日は講義を受けながら初女さんが講演されている様子や言葉をたびたび思い浮かべておりましたら、不思議と気のようなものを感じることがありました。

  初女さんの活動の更なる発展を心より願っております。
  今後ともよろしくお願いいたします。
                                A.W.
  
        


              

 

今回のイスキアの集いでは大変お世話になりありがとうございました。
  ご友人、知人を誘ってくださったことに加えて、A.W.さまがチラシで告知をしてくださったおかげでたくさんの新しい人たちが参加してくださいました。
  また、この度は参加された方の感想までお届けくださり心から感謝いたします。
  A.W.さまは当日やむを得ず欠席されて残念でしたが、ご友人、知人の方と少しでも喜びを分かち合っていただけたようでうれしいです。

初女さんや私たちの活動をいつも応援してくださることに本当に感謝です。
  今後ともよろしくお願いいたします。

                                小さな森東京 吉田俊雄
   




 49、M.O.様より・・(2010年6月24日掲載)
 

先日は、イスキアの集いに参加させていただきありがとうございました。
  初女さんの心に響く言葉や実践、人柄に触れ、本当にあの場にいられて良かったなぁと感じています。
 自分が大切にしてきた想いとも重なり、とても素敵な時間を過ごすことができました。
 いい話を聞いた〜というだけで終わりにせず、今、自分にできることをやっていきたいと思います。

 素敵な集いを開いてくださりありがとうございました。

                                  M.O.           


              

 

このたびはイスキアの集いにご参加くださりありがとうございました。
  色々な出会いの形がありますがM.O.様の場合も不思議なご縁を感じます。
  たまたま他の人のブログで初女さんの名前を知ったその日に、強く惹かれるものを感じてキャンセル待ちを申込んで、参加が実現されたのですよね。

良い時間を過ごしてくださったと伺って本当にうれしいです。
  実践することの大切さを受け止めてくださったM.O.さまに(初女さんの言葉を借りて)豊かな未来が開かれますようにとお祈りいたします。

                                小さな森東京 吉田俊雄
   




 48、新地昌子様より・・(2010年6月23日掲載)
 

 イスキアの集いYに参加させていただいたものです。

 初女さんと自分とが、同じ場所で同じ時間を過ごす、そんな機会に恵まれたことに深く深く感謝します。
 いのちをいただき、このいのちを一日一日大切に、最後の時まで生き抜く。
 将来を思って気負わずに、ただ毎日が少しでも美味しくなりますよう、そう思って日々を重ねようと思いました。

 ありがとうございました。

                                    新地昌子

 

 

 この度はイスキアの集いにご参加くださりありがとうございました。
 初女さんと同じ場所で同じ時間を過ごしながら確かにメッセージを受け取ったよ、とメールを下さったことに感謝いたします。

 「共にいる」こと、それだけで喜びなのだと改めて気づきをいただきました。

 ありがとうございました。

                                    小さな森東京 吉田俊雄

 

 

 イスキアの集いの会場で買わせていただいた初女さんの新刊「いのちの森の台所」を読みながら、大変おこがましいですが自分の中にもちょっとだけ似た思いがあることに気づきました。
 知らず知らずのうちに人の悩みを聞くことが多く、人の力となる食べ物でもてなしたい、と思う自分を改めてそれで良いのだと思うことができました。
 先日、初女さんとご縁の深い鈴木秀子先生にお会いする機会に恵まれ、不思議で大変意味のあることに思えました。
 たくさんの気づきに改めて感謝の毎日です。

                                     新地昌子

 

 

 出会いというのは自分の中にある思いに気づき、それで良いのだと確認することでもあるのですね。
 出会いによって人と人とのつながりが網のように広がり、深められていく、これは幸せなことなのですね。
 貴重なお返事ありがとうございました。

                                    小さな森東京 吉田俊雄





 47、H.Y.様より・・(2010年6月23日掲載)
 

イスキアの集いとても楽しかったです。
  帰りがけにお礼を申し上げようと見渡しましたら、吉田さんをたくさんの人が待っていました。
  皆さん、きっと同じ気持ちだったんですね。
  初女さんのお話を伺うのは、初めてでしたが何だか懐かしい想いで拝聴しました。
  母から、おばあちゃんから教わったこととと同じこともたくさんありました。
  このような機会を与えてくださって感謝します。
  私も自分の心に身体に魂に正直な生き方にシフト『始めました!』

 
                                  H.Y.           


              

 

この度はイスキアの集いにご参加いただきありがとうございました。
  初女さんとの出あいは、お母さま、おばあさまから教えられたことの大切さを確認することでもあったのですね。
  ご自分の心に身体に魂に正直な生き方にシフトされた!とのこと素晴らしいですね。

これからのお幸せをお祈りしています。
                                小さな森東京 吉田俊雄
   




 46、Y.Y.様より・・(2010年6月22日掲載)
 

 今回も初女さんの精神に触れさせていただき、とても心が満たされました。

 やはり、初女さんの直接の声を聞くと、本で感じる以上のたくさんのことが伝わってきます。
 吉田さんがおっしゃっていたように、あの小さな会場のおかげで会場にいる方々皆さんに向けた初女さんの優しい気持ちと、いらしている方々のとても熱心な初女さんに向けている心が、交流しているように感じられるとても素敵な時間でした。
 「交流」の時間に、初女さんからお名前と共に「母の心はすべてに」というお言葉も書いていただきました。
 ちょうど今の私に必要な言葉だったので、とても嬉しく、心の深いところに降りていきました。
 今回は吉田さんともお話ができ、また初女さんにお会いできる機会をいただけた感謝を伝えることができてうれしかったです。

 本当にありがとうございました。

 また、お会いできる日を楽しみにしています。
                                    Y.Y.
                                     

 

 このたびはイスキアの集いにご参加いただきありがとうございました。
 そして、お声をかけていただきうれしかったです。
 Y.Y.さまの感想を読ませていただいて感じたことがあります。
 前回いただいたメールでもそうでしたが、Y.Y.さまはきっと魂のレベルで初女さんや会場の皆様と触れ合っておられるのですね。
 だからこそ、いつも深い喜びを体験しておられるのだと思いました。
 初女さんのメッセージがY.Y.さまの生活の中でご家族や周りの人たちにきっと伝わっていくことと喜んでいます。

 またお会いできる日を楽しみにしています。

                                   小さな森東京 吉田俊雄

 

 

 今回も、初女さんからだけではなく、たくさんの方からパワーをいただきましたので、私の周りの人たちに還元していけたらと思っています。

                                     Y.Y.

  




 45、高山さやか様より・・(2010年4月27日掲載) 
 

 初女先生のことは、本で知りました。

 自分が食に関わる仕事をしているので、自分の食のことや仕事のことで迷っているときに、何かのきっかけで目に留まり、初女さんの本を読みました。
 目からうろこで、自分のこれからが変わると思うくらい影響を受けましたが、自分の生活に余裕がなくなると食事にも余裕がなくなり、感謝もできない状態になってしまいます・・・。

 たまたま、このイスキアの集いを知り、縁があるのかなーと感じました。

 今、迷いの時期なので、6/5を楽しみにしています。

                                    高山さやか

 

 

 初女さんの生き方、考え方に触れてすぐにご自分で実践され、自分が変えられるほどの影響を受けられたのですね。

 しかし、どんなに良いことでも、自分のものになるまでの難しさってありますね。

 今回のご縁が、より深い出会いとなり、新しい実りにつながりますようにお祈りしています。

                                    小さな森東京 吉田俊雄

 

 

 出あいは不思議です。
 何もアンテナを出していなければ出会うこともないけれど、何かのきっかけやタイミングで出会いが生まれて・・。
 人にもモノにも縁があるように感じます。
 わたしもこの初女さんとの出会いを大切にしたいです。
 これから自分に変化がありそうな気がします。

                                     高山さやか

 

 

 本当に縁って確かにあるのですね。
 わたしも人やモノとのつながりを感じながら、つながりを大切にしていきたいと思っています。

                                    小さな森東京 吉田俊雄




  45、石田悦子様より・・(2010年4月25日掲載)  

私が初女先生を知ったのは、「私の将来の夢は疲れている人の話をただ聞いてさしあげる、でもそれだけで元気になる、そんなおばあちゃんになることです」と言ったときに、「すでに実践されている方がいらっしゃるのよ」と教えてくださった方がいらっしゃいました。
 それが初女先生でした。
 お恥ずかしいながら、いまだ「ガイアシンフォニー」も見ておりません。
 またクリスチャンでもありません。
 1冊の本を拝読しただけ、また偶然タイミングよくBSでの特集を拝見できただけですが、いつか初女先生のお話が聞けたらいいなあと思っていました。
 偶然にも、この4月に関西から東京に仕事の関係で引っ越してまいりまして、荻窪にある「グルッペ」さんという自然食品店の窓に今回の講演会のチラシが貼ってあるのを見て、「これは是非お伺いせねば!」と思った次第です。

 私自身は自分が疲れたとき、何かにあたって動けなかったときに支えてくれる友人や家族、同僚や先輩があり、救ってもらっていました。
 ですから、イスキアにお伺いするほどに切羽詰った状況にいたったことがないのですが、80才まで保護司を続けた私の祖母(敬虔な仏教徒でした)とも重なり、初女先生のことを知りたいと思っています。
 ほとんど何もわからない中で参加させていただきますがよろしくお願いいたします。

                                  石田悦子           


                


 石田さまがご自分の夢を語られたとき、初女先生の存在を教えてくださった方がいらっしゃったのですね。
 本当に、石田さまの夢は初女先生の生き方そのものと重なっていて、不思議な感動を覚えます。
  そして、偶然にBSハイビジョン特集をご覧になったり、今月東京に引っ越してこられた直後に街でイスキアの集いのチラシが目にとまって・・・・。
 こんなにもよい偶然が重なると「これは是非お伺いせねば!」と偶然を超えた何かを感じてしまわれたのですね。
  人とひととをむすぶ力がどこかで働いているのでしょうか。

心と心の合わさった出あいはきっと尊い出会いになるのではないかと期待しつつ、ご参加くださることを本当に嬉しく思います。
                                小さな森東京 吉田俊雄
   




  44、大谷有実様より・・(2010年3月18日掲載) 
 

数年前に初女さんの本を読んでから是非初女さんのお話を伺いたいと思っておりました。
  このような講演会を企画してくださいましてありがとうございます。
 「いまを生きる」、今のわたしにとってもっとも興味のあるテーマです。
 まずは、今から講演会当日までの日々を、今を大切にして生き、そうして当日にお話を伺えたらと楽しみに思っております。

 どうぞよろしくお願いいたします。

                                  大谷有実           


              

 

初女さんは食について語られるときも、調理の仕方はその人の生き方に通じると話されます。
  初女さんの生き方を象徴する表現が「動の祈り」、「いまを生きる』などでないかと思っていますが、「動の祈り」は昨年のイスキアの集いXのテーマでした。
  今年は「いまを生きる」をテーマに、みなさまと一緒に考えさせていただけることを楽しみにしています。

「いまを生きる」が始めて参加される大谷さまにとって最も興味のあるテーマであったということ、このことも不思議なご縁を感じます。
                                小さな森東京 吉田俊雄
   




 43、森下真紀子様より・・(2010年3月17日掲載) 
 

ある在宅ホスピス女性医師の本で初女さんのことを知りました。
  私は看護師であり、鍼灸マッサージ師です。人の精神的、肉体的痛みに対して話を聴くということが非常に有効だと感じております。
 実際に佐藤初女さんの活動に触れてみたいと強く思いました。
 6月5日楽しみにしています。

                                 森下真紀子           


              

 

森下さまは医療の現場で聴くことの大切さを実感しておられるのですね。
  私は、いろいろな生活の現場で本当に「聴く」=「受け止める」という姿勢を持った人が増えたら、やさしくて温かな社会に近づいていけるのではないか、と気づいたのが佐藤初女さんの講演会「イスキアの集い」を始めた最初の動機の一つでした。
 どうしたらそんな生き方ができるだろうかと問いかけつつ、イスキアの集いを通して皆さんと一緒に初女さんのメッセージを受け止めていきたいと願っています。

ご参加ありがとうございます。
                                小さな森東京 吉田俊雄
   




 42、M.S.様より・・(2010年3月14日掲載)  
 

1995年頃に友人の勧めで「地球交響曲第二番」を観て感動しました。
 そのときはインターネットもなく、調べる術もわからず、「いつか会いに行ってみたい」と思ったものの、そのままになっていました。
 それがたまたま昨日、ある人(五日市剛さん)のブログを見ていたときに地球交響曲の話が出てきました。
 「あれっ、これって昔観た映画のことかな?」と思い、インターネットで調べていくうちに、地球交響曲はその後も製作が続けられていたこと、私が観たのは二番だったこと、その中に出ていた女性は佐藤初女さんだったこと、そして今年6月に東京で講演されること・・・・、などが次々にわかりました。
 調べながら興奮してしまいました。
 当時感じた「お会いしてみたい」という思いが、今、こうして実現しようとしていることに、不思議なめぐりあわせとご縁を感じています。
 吉田様には、東京でこのような集いを企画していただいたことに感謝しております

                                   M.S.           


              

 

M.S.さまは「地球交響曲第二番」が完成してすぐ、映画で初女さんと出会っておられたのですね。
 「出会いには必ず再会がある」と初女さんは言っておられますが、15年後!ですか・・・。
 日々を丁寧に生きる人の思いはきっといつかかなえられるのですね。
 そして、人のつながりの不思議さも感じさせられています。
 こんな形でお互いがつながりあって広がっていくのですね。

初女さんは「出あいは未来をひらく」と言っておられますが、6月5日がM.S.さまにとってきっと意味のある「その時」となりますように願っています。
                                小さな森東京 吉田俊雄
   




 41、吉野明子様より・・(2010年2月24日掲載)  
  

私はもともと人間(想念・力・平等不平等など)、自然、宗教などのどちらかというと精神世界を大事に心がけて生きています。
 仕事一辺倒の生活に限界を感じてきたのです。
 私が初女さんと出会うことができたのは、叔母が「地球交響曲第2番」を鑑賞し、初女さんに深く感動を受け、わたしに教えてくれたのです。
 私はこんな方が同じ国内にいらっしゃることを知り、ラジオやホームページで初女さんの世界に積極的に触れるようになりました。
 今回は叔母とともに伺います。
 叔母も初女さんの世界に出会うことにより、随分と救われた部分があったと思います。
 今回の講演会に参加できることは大きな存在に動かされての結果のような感じがします。
 ただただ感謝です。よろしくお願いいたします。

                                   吉野 明子           


              

 

初女さんの存在を教えてくださった叔母さまとご一緒に参加いただけるとのことありがとうございます。
 地球交響曲の龍村仁監督は以前、「人間のもっとも聖なる営みは、かけ離れた世界のことではなく、営みの中のもっとも俗なるものの中にあると思います。わたしは、初女さんの営みの中にそれを見つけました」と話しておられました。

6月5日のイスキアの集いが吉野さまにとっても深いところで通じ合える出会いとなりますようにお祈りしています。
                                小さな森東京 吉田俊雄
   


 ページ:

  

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.