2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   今のきもち   出会い   佐藤初女さん    森のイスキア  イスキアの集い  お知らせ  リンク 連絡先 

 

          

 

 

 

 

 

 

 

  

  <出会い>                                   小さな森福岡TOPへ



 ページ:

 金山孝さまからの手紙・詩           N.N.さまへの 『マリアさまからの手紙』

 ’よね’さまとのわかち合い           R.M.さん 『初女さんだったらどうする?』

 高山千代美さん作詞・作曲 『小さな森の詩』

   

 沢山の人からのお便りを読ませていただいているうちに、このコーナーは、それぞれの人が人との出会い、ものとの出会いを伝えてくださっていることに気づきました。

 まさに、それぞれの人の人生の一こまを分かち合う場として育ってきているように感じます。
 佐藤初女さんば「出あいなくして今の私はありえません。出あいは未来をひらく」と語っておられますが、ここに寄せられた皆さんからの『私の出あい』にも命の輝きを感じさせられます。
 一見小さいような出会いが次の出会いを呼んで豊かな人生につながっていくのですね。

 皆様からのお便りのページを「出会い」のページと変更させて頂きます。

                                     (2009年2月23日・・吉田俊雄)





 40、小牧晶子様より・・(2010年2月21日掲載)  
 

初女さんのことは、実は昨日の昼休み、会社の友人からはじめて聞いて、すぐインターネットで調べ、当講演会に申し込んだというわけです。
 彼女の生活に触れてみたくて、いつか白神山地へ行こうね、と話していたら都内での講演会があるというので、友人と即決してしまいました。
 
                                 小牧 晶子              


              

 

昨日の昼休みにご友人から聞いて、ネットで調べて即決で申しこんでくださったのですか!
 しかも、講演会場がご近所の大山だというのはできすぎのようですね。
 初女さんの名前を聞かれたのもそのときが初めてだったのですよね。

ネットで調べてみようという気持ちにさせたものは何だったのでしょうか?
 本当にいろいろな出会いの姿を教えていただいて不思議さを楽しませていただいています。

                                小さな森東京 吉田俊雄         


              

 

今,路線図で調べたところ、私の最寄り駅「M駅」から大山までは電車での所要時間が14分でした。自転車でもいける距離で、確かに吉田様の言われるとおり「できすぎ」ですね。
 さて、ネットで調べるきっかけになった理由ですが、紹介してくれた会社の友人とは興味の対象が似ていて、彼女が尊敬している人物なら私も好きかも、ということから興味がわいて検索してみたのです。
 そして、サイトを読み進むうちにもっとよく知りたい、と思うようになったのです。
 今日も昼休みにその友人と「きれいな手(汚れない心)で作ったおにぎりだからこそ、人を癒せるんだね、いつかそんなおにぎりを作れる人になりたいね」と話していました。
 6月の講演会で、そのヒントを見つけることができればいいな、と思っています。 
 自分が、聖書にある「聞く耳を持った人」の一人であることを願って。
 それでは、まだしばらく先になりますが、当日はよろしくお願いいたします。

                                   小牧 晶子  


             

よいお友達に恵まれて、よい分ちあいができることの幸せを教えていただきました。
  信じる人の話はよく聞けますよね。
  そう思ったとき、初女さんは神様を信じて、神様の思いを聞きながら歩んでおられるから、いつもぶれないし、いつも謙虚でいられるのではないかと気づきをいただきました。

 ありがとうございました。  

      小さな森東京 吉田俊雄




 39、棟方あさの様より・・(2010年2月17日掲載)  
   

「おむすびの祈り」を読んだとき心が震えました。
 そのとき感じたことを箇条書きにしてみます。
 佐藤さんがどんなときにも門を開け、ごはんを食べさせ、そばに寄り添うこと。
 手にかけるものが常に佐藤さんとつながりを持ち、お米ひとつ、野菜ひとつ、漬物も梅干も皆生かされていること。
 くらしの中でひとつひとつの行動そのものが祈りであり実践であること。
 つい頭のなかで考えて自分や他人を責めたり評価しがちな私は、佐藤さんがつむぐ言葉にこころが直接つかまれるような感じがしました。
 こんなに人にも物にも暖かいつながりを感じて動ける人がいるんだ、という感動でした。

                                   棟方 あさの           


              

 

「おむすびの祈り」を読まれたときの感想を書いてくださったことに感謝します。
 棟方さまが受けとられた初女さんのメッセージは、どれも本当に深く響くものがありますね。
 頭で考えるのではなく、まず動ける人にならなければ、という棟方さまの反省にも、あぁ、同じことを感じている人がいる!と、私も共感を覚えました。

一つ一つレンガを積んで大きな建物を築くように、日々の生活そのものを大切に歩んでいきたいと改めて思いました。
 感想を快く分かち合ってくださってありがとうございました。

                                小さな森東京 吉田俊雄
   




 38、池谷典子様より・・(2010年2月17日掲載)  
   

わたしが佐藤初女さんのことを知ったのは、勤務先で近所の教会の方が掲示してくださる
「こころの友」に掲載された記事を拝見したことです。
 わたしはクリスチャンではありませんが、この新聞記事はとても楽しみに毎回拝見しています。 時間があれば「森のイスキア」をお訪ねしたいとも思っています。
 初めてお目にかかる佐藤初女さんのお話を心から楽しみにしております。
 
                                  池谷 典子           


              

 

お勤め先で「こころの友」の記事を読まれる機会があおりだったのですね。
 初女さんが仰る「必要なときに必要なものが与えられる」というふうに受け止めるのは考えすぎかもしれませんが、イスキアの集いが後から振り返ってそう思えるようなよい出会いになってくれれば・・・と祈っています。

楽しんでいただければ幸いです。
                                小さな森東京 吉田俊雄
   




 37、K.S.様より・・(2010年2月17日掲載)  
   

実は私、4年あまり前にうつ病と診断され、今も治療中です。
 そのため、心について興味を持ち、河合隼雄さん、柳田邦夫さんの本を読むようになりました。 その中で初女さんについて述べられていたことを発見したのが、初女さんとの出会いの最初です。
 そのとき、森の中で人の心を救われている方がいらっしゃるのだと知りました。
 ただ、当時は起き上がることができない生活でしたので、そのままになってしまいました。
 ところが、先日、図書館で偶然初女さんのご本にめぐり合いました。
 気がつけば、涙を流しながら本を読んでいる私がいて自分でも驚きました
 それで何とかしてお話を伺いたいと思い、今回のイスキアの集いにたどり着きました。
 まだ苦しい毎日ですが、6月5日に参加できることが本当に心の支えになっています。
 今は、その日が訪れるのを楽しみに日々過ごしております。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。

                                   K.S.           


              

 

ご丁寧なお返事ありがとうございました。
 河合隼雄さん、柳田邦夫さんの本を読まれて初女さんのことをはじめて知られたのですね。
 私は、昨年、柳田邦夫さんが関西で佐藤初女さんのことを話しておられるのをお聞きしたことがあります。

K.S.さまが、今は図書館に出かけられるまでに快復され、心の探求を続けておられると伺って、その頑張っておられるお姿を想像しています。
 どうぞ、一日一日を大切にお過ごしください。
 当日お目にかかれると嬉しいです。

                                小さな森東京 吉田俊雄
   




36、小林由美子様より・・(2010年2月15日掲載)  
   

わたしは、10数年前に観たガイアシンフォニーで初女先生にお会いしました。
 いつか「森のイスキア」をお訪ねしたいと思いつつ、日々の動物病院での診療に追われておりました。
 ここ最近体調を崩し、自然療法を学び、自然の偉大さを意識するようになって初女先生の書籍を拝読しているうちに、このような素晴らしい集いがあることを知りました。
 わたしのような者にとっては本当にありがたいことです。
 どうぞ宜しくお願いいたします。

                                  小林 由美子           


              

 

小林さまは、ずっと長い間お仕事でお忙しい日々を過ごしてこられたのですね。
 10数年前の映画での出会いが、小林さまにとって必要なときに、また、初女先生との再会へと導いていてくれているような流れを感じさせられます。

イスキアの集いが小林さまにとってよい休息のときになってくれれば嬉しいです。
 ご参加をお待ちしています。

                                小さな森東京 吉田俊雄   




 35、Y.Y.様より・・(2010年2月3日掲載) 
  

いつも初女さんのお話を聞く機会を作っていただきありがとうございます。
 初めて初女さんのお話を聞けたのが、去年の「イスキアの集いX」でした。
 その後、東京にいらした際の講演会にも2度ほど参加いたしました。
 毎回お話を聞くたびに、自分の生活を振り返る機会となり、身の引き締まる思いです。
 今回の「イスキアの集いY」に参加させていただきたくご連絡しました。

                                      Y.Y.              


              

 

昨年に引き続いて「イスキアの集いY」にお申し込みくださりありがとうございます。
 Y.Y.さまが初女さんの話を初めて聞かれた昨年の「イスキアの集いX」が、ご自分の生活を振り返る機会になったと伺って、私たちも嬉しく思います。

初女さんの言葉を借りれば、Y.Y.さまが、気づきと発見を得て生活の中で実践しておられるからこそ、回を重ねて聞くたびに身の引き締まる思いをされるのではないかと思いました。
 「この出会いがよき再会につながりますように !」という初女さんの祈りが通じたのですね。
 6月5日がY.Y.さまにとって、初女さんとのよき再会の日になりますように、私たちもお祈りしています。

                                小さな森東京 吉田俊雄         


              

 

昨年はインターネットで講演会があることを知り、もう満員で締め切っていたのですが、だめもとでお電話したところ、講演会の3日前にキャンセルが出て参加することができました。
 初女さんは毎回、同じことを繰り返し仰っていますよね。
 それなのに、どうしてまたお話を聞きに行くのだろうと思うのです。
 でも、初女さんがお話に来てくださると知ると、どうしても会いに行きたくなってしまうのです。
 声が聞きたい!というのもあるのですが、繰り返しお話を聞いて、その度に自分に言い聞かせているのだと思います。
 どうしても初女さんのようにいかず、「めんどくさい」「疲れた」となってしまう自分がいます。
 でも、思った後に「あっ、いま、めんどくさいって思っちゃった。初女さんに恥ずかしいよ〜」と反省。少しずつでもいいからがんばっていこう、と思えるのです。
 実践している方の声は、本当に力強いものです。 
 いつかは、初女さんに会いに行かずとも自分でしっかり自立して、他の人の役に立てるようになることが自分の目標です。
 とはいえ、初女さんは憧れの女性、目標としている人なので会いたい気持ちはずっと持ち続けると思いますが、自分が重荷になるのではなく、少しでも私は私なりに、重荷を背負う人になれたらと思うのです。
 吉田さまからのメールを読んで、思いが溢れてきましたので長文(本文は半分に圧縮して掲載させていただいています)になってしまいました。
 私、こんなこと思ってたんだ! と自分で始めてわかりました(笑い)。
 こんな風に考える機会を与えていただきありがとうございました。

                                      Y.Y.  


             

去年は3日前にキャンセルが出て参加されたのですね!
 それが初女さんとの始めての出会い! 行動力の勝利という感じですね。
 本当に、初女さんのお話はシンプルですから、どんな切り口から聞いても同じことのように聞こえますね。
 ある方から、初女さんのシンプルさの中に強さを感じる、深さを感じると伺ったことがあります。
 私たちは、そんな強さや深さを求め続けているのかもしれませんね。

 ここまで書いたとき、初女さんのシンプルさの根底には「愛」があるから・・、という思いがふっと浮かびました。
 Y.Y.さまは、しっかりとした目標をお持ちですから、そんな初女さんと響きあっておられるのだと思います。

 Y.Y.さまが溢れる思いを分かち合ってくださったことに感謝いたします。

      小さな森東京 吉田俊雄





34、A.O.様より・・(2010年1月31日掲載) 
 

私が初女さんを始めて知ることになったきっかけは、ずいぶん何年も前になりますが、地球交響曲の映画を通してでした。
 そのときも随分、衝撃を受けたのですが、一番強く初女さんを知りたいと思うようになったきっかけは、職場で、どんなときも、ひときわ明るく、思いやり深く輝いている方がおられて、その方から、その方にとっての人生で最も敬愛し、師と仰いでいる一人が初女さんと聞いているからです。
 これも何かの縁ですね。どうぞ宜しくお願いいたします。

                                      A.O.
   
             

 

A.O.さまが一番強く初女さんを知りたいと思うようになられたきっかけが、職場ですばらしく輝いておられる方のお姿を見てというお話、感動しました。

初女さんは「言葉を超えた行動が心、魂に響く」とよく言っておられますが、初女さんを師と仰いでおられるその方のお姿が、A.O.さまのお気持ちを動かされたのですね。
 初女さんのお話を聞いて感動し、より深く理解するにとどまらず、A.O.さまのように、そんな生き方のお手本のような方が身近にいてくださることは、本当に得がたいことだと思いました。
 私たちも人を大切にする心を持って、「気づいたら動く」ということを丁寧に積み重ねていけば、身近なところで人々と響き合っていけるのではないかと勇気をいただきました。

 ありがとうございました。

        小さな森東京 吉田俊雄





 33、A.O.様より・・(2010年1月28日掲載)


私がうつ病にかかり、苦しい思いをしているときに、友人に勧められ「おむすびの祈り」を読んだことが、初女先生との出会いでした。
 今もまだ患っていますが、ぜひ初女先生にお会いして、お話を伺いたいなぁと思っていたので、6月が来るのが、今から楽しみです。
 先のことがこんなに楽しみに思えるなんて、とても久しぶりのような気がします。
 こういう機会を与えてくださって、本当に感謝しています。
 どうもありがとうございます。

                                      A.O.
 
              

 

うつ病で苦しい思いをしておられたときに「おむすびの祈り」を読まれたのですね。

そして、初女先生に会って話を聞きたいという思いを抱いておられたと伺って、次のように思いました。
 A.O.さまが苦しんでおられたからこそなのでしょうか、ご友人を通して初女先生との出会いが用意されたのかもしれませんね。 

 6月5日をとても楽しみにしてくださって、私たちも本当に嬉しいです。
 A..O.さまに大きな恵みがありますように!

        小さな森東京 吉田俊雄

 

 32、M.T.様より・・(2010年1月23日掲載)

 

佐藤初女さんのことは。NHKの特集番組で知りました。
 その時は最後の5分間だけしか見ていないのですが、それ以来、佐藤初女さんの著書を何度も読んでおります。
 ですので、今から6月の講演を楽しみにしています。

                                      M.T.
 
              

 

NHKハイビジョン番組の最後の5分間をご覧になったのが、初女先生を始めて知るきっかけだったのですか!

その5分間で初女先生のことをもっと知りたいとM.T.さまを駆り立てたものは何だったのでしょうか?
 人は、願いや求めているものがあると小さなチャンスでも掴むことができるということを教えてくださっているように感じました。
 それから著書を読まれて今回のイスキアの集いに参加を決められたとのこと、動くことによって一見小さな出来事が流れを生み出し、新しいうねりへとつながっていくのですね。
 6月5日のイスキアの集いがM.T.さまにとって心豊かな出会いの日となりますようにお祈りしています。

        小さな森東京 吉田俊雄

 



 31、M.H.様より・・(2010年1月16日掲載)

  

昨年、ブックフェアで確か ・ ・ ・ 海辺で微笑む初女さんの写真を目にしました。
 何て優しい笑顔なんだろ〜、どういう方なんだろ〜?「佐藤初女さん、佐藤初女さん・ ・ ・」 と唱えながら帰宅し、直ちにネットで検索したのが初女さんを知るキッカケでした。
 

 それから書籍を読ませていただき、いつかご本人にお会いしたいと思っていました。

 今回、このような機会に恵まれ幸せです。ありがとうございます。

当日は、どうぞよろしくお願いいたします。
                                      M.H.
 
              

 

初女先生との出会いのきっかけをお話いただきありがとうございます。

M.H.さまの心を捉えた一枚の写真というのは、「母の心をすべてに」(CD+Photobook)のカバー写真のことでしょうか。
 一枚の写真にはそんなにも大きなインパクトを与える力があるのですね。
 考えてみれば写真に大きな力があっても不思議はないはずですが、きっとM.H.さんがご自分の中に共鳴する何かをお持ちだったということなのですね。
 私たちが心の目を開いてさえいれば、私たちの周りにはいろいろな気づきや出会いのきっかけが用意されているのかもしれません。
 いま改めて出会いのきっかけの多様さ、楽しさを教えられた思いです。
 本当にありがとうございました。
 6月5日のイスキアの集いYがM.H.さまにとって初女先生との良い出会いの日となりますようにお祈りしています。

        小さな森東京 吉田俊雄

 

  ページ:
 

  

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.