2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

TOPICS

 

森のイスキアの歩み
   (2009.11.4)

鐘楼完成の祝別式
   (2009.11.4)

佐藤初女さん講演会
 
 2014年6月28日(土)
    (堺市)


イスキアの集い

 
 ・第10回イスキアの集い
   2014年6月14日(土)

 ・第9回イスキアの集い
   2013年6月1日(土)

  ・イスキアの集い[
   2012年6月9日(土)

  ・イスキアの集いZ
   2011年6月5日(日)
 

  イスキアの集いY
   2010年6月5日(土) 
 

  ・イスキアの集いX

   2009年6月6日(土)

 

  ・イスキアの集いW

   2008年5月31日

 

 

  ・イスキアの集いV

   2007年10月20日

 

 

  ・イスキアの集いU

   2006年7月2日

 

 

  ・イスキアの集いT

   2005年12月18日

 

  ・映画と講演の集い

  2004年 11月19日

 

 

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  <出会い>                                   小さな森東京TOPへ



 ページ:

 金山孝さまからの手紙・詩            N.N.さまへの 『マリアさまからの手紙』

 ’よね’さまとのわかち合い
            R.M.さん 『初女さんだったらどうする?』

 高山千代美さん作詞・作曲 『小さな森の詩』

 小さな森東京の東日本大震災被災地支援  “忘れないでください”

   

 沢山の人からのお便りを読ませていただいているうちに、このコーナーは、それぞれの人が人との出会い、ものとの出会いを伝えてくださっていることに気づきました。

 まさに、それぞれの人の人生の一こまを分かち合う場として育ってきているように感じます。
 佐藤初女さんば「出あいなくして今の私はありえません。出あいは未来をひらく」と語っておられますが、ここに寄せられた皆さんからの『私の出あい』にも命の輝きを感じさせられます。
 一見小さいような出会いが次の出会いを呼んで豊かな人生につながっていくのですね。

 皆様からのお便りのページを「出会い」のページと変更させて頂きます。

                                     (2009年2月23日・・吉田俊雄)





  60、N.N.様より・・(2011年4月22日掲載)
 

初女さんの著書を読み感銘を受けました。
  私は、クリスチャンではありませんが、娘(現在・高2)が教会の幼稚園に通い、一緒に御礼拝を守るようになり、聖書が身近になりました。
 娘と一緒にちょこちょこ教会に行ったりしています。今は娘も、ミッションスクールにお世話になっております。
  主人が生まれつき持病があり、無理が出来ない生活と、入院や通院の不安な毎日の中・・・・聖書の教えが安らぎになりました。
 そんな私に初女さんは「毎日を丁寧にきちんと生きることの大切さ」を教えてくれました。
 今回の震災で「地球に住まわせていただいているんだなぁ・・・
 もっと謙虚に生きないといけないなぁ・・・、初女さんは今、どうしていらっしゃるのかしら?」
と思い、パソコンで検索したら!
 東京でイスキアの集いがある!と、知りました。
 これはご縁だわ!と思い申し込みさせていただきました。   
 
                                  N.N.        


              

 

N.N.さまは洗礼を受けておられなくても、生活の中に聖書の言葉が溶け込んだような毎日を送っていらっしゃるのですね。
 困難の中にあってもそれを試練として受け止めて、ご自分の成長につなげていっておられるお姿を感じさせられます。
 今回のご縁が新しい出会いの出発点となり、大きな喜びにつながりますようにとお祈りしています。

 ご自分のことを分かち合ってくださり本当にありがとうございました。

                                 小さな森東京 吉田俊雄




 59、monica様より・・(2011年4月14日掲載)
  

 初女さんを知ったのは、知人に「ガイアシンフォニー」を勧められ偶然2番の上映を拝見することができました。
 私は北海道出身で、子どもの頃は自然の恵みの中で暮らしていました。
 自然の恵みは人を養ってくれることを実感しております。
 自然の恵みは神の恵みですね。
                                     
monica

 

 

 monicaさまは自然の恵の中で暮らしておられたとのことお幸せですね。
 ガイアシンフォニー第2番で描かれた初女さんの生き方は、自然の恵みへの賛歌でもありましたね。
 
monicaさまのお返事を読みながら今直面している巨大地震、大津波、原発事故による災害のことをふと思いました
 自然の恵みが豊かである地球は、同時に巨大地震や大津波がもともと起こりうる星なのであり、私たちはそこに住んでいることを忘れてはいけないのですね。
 初女さんの講演テーマ「いつも感謝の心で」と重ねながら、自然の中の存在としての自分を深く考えてみたいと思いました。
 
                                    小さな森東京 吉田俊雄

 

 

 今回の大震災で多くの方が犠牲になられましたが、人間は自然と闘うことなどできるはずがありません。
 大津波は多くのものを根こそぎさらっていきましたが、私たち一人ひとりの心の中の傲慢さ、
贅沢さもさらってくれました。
 被災地復興も以前のように復興するのではなく、以前以上でもなく、新しく生まれる日本になってくれることを祈っています。
 失ったものも大きいですが、与えられたものも大きいです。
  
                                    monica

            

 

 おそくなりましたが、今回の大震災で被災された方々に心からお見舞い申し上げますとともに、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りしたいと思います。
 「失ったものも大きかったけれど、与えられたものも大きかった」といえる新しい日本を築くために謙虚さを忘れず、自分に何が出来るかを考えでいきたいと思っています。

                                    小さな森東京 吉田俊雄




 58、E.N.様より・・(2011年3月28日掲載)
 

私は、森のイスキアのことを、最近ガイアシンフォニーの映画を通して知りました。
  そして今日検索していたら、6月5日に東京でイスキアの集いZがあることをネットで知りました。
 このような大変な状況ですし、東京へいらっしゃるのは難しいのではないかしら・・・、と思いつつ、このようなときだからこそ、お会いしてお話を伺いたいと思いました。   
 
                                  E.N.        


              

 

本当に、今回の未曾有の巨大地震と津波は原発事故までを引き起こし、その災害の広がりはどこまで拡大するのだろうか?と心が痛みます。
 多くの人に不安が日々重くのしかかっていることが伝わってまいります。
 E.N.様が仰るとおり、このようなときだからこそ、私たちは希望を持って初女さんが伝えてくださった「いまを生きる」ということを大切にしたいと思います。
 そして、今年も初女さんのお話から新しい気づきと勇気を得て、この試練のときを共に乗り越えていきたいものです。

 皆様の思いに支えられてイスキアの集いZが開催できますことを祈りつつ!!

 ご参加をお待ちしています。 

                                小さな森東京 吉田俊雄




 57、高地 まどか様より・・(2011年3月17日掲載)
  
 東北の被災された方々と行方不明の方々に気持ちだけしか飛ばすことが出来ません。

 今自分に出来ることは日本人の底力を信じ祈り続けること。今出来ることをすること。
 今私たちがこうして生きていることは奇跡。感謝しかありません(涙)。
 昨年も行かせていただきました。今年も参加させてください。
 
                                    高地 まどか

 

 

 昨年に続いてのお申込ありがとうございます。
 東北関東大地震で被災された方々、行方不明の方々のことを思うと胸が痛みます。
 私たち自身の生き方まで見直さなければならない出来事として、本当に他人事ではありません。
 支援の手や物資が、被災された人たちに、一刻も早く、漏れなく届きますようにと祈ります。
 
                                    小さな森東京 吉田俊雄

 

 

 こうしてつながっている絆への感謝が、東北に飛んでいきますように・・。
 去年も申し込みのときにお電話でお話させていただきましたが、今年の初女さんのお話は、今こそ聞くとき!この機会を作ってくださり本当にありがとうございます。
 自分の非力さ不甲斐なさに涙が出ますが、私は日本人!
 戦後生まれでも大和魂と世界に誇る慈悲の心を持った日本人ですもの。
 お役に立てる時までここで節制してます。
 
                                    高地 まどか

            

 

 この大惨事の中、整然として援助を受け、苦難に耐えている被災者の方々の姿は、海外で賞賛されていると聞きました。
 日本人は本当の強さを備えた、思いやりの心の豊かな国民なのですよね。
 私も自分に出来ることでお役に立ちたいと思っています。

                                    小さな森東京 吉田俊雄


            

 きっと、皆さんも同じ気持ちだと思います。
 日本は痛みから英知と慈悲の心を原動力にきっと立ち直る!
 以前よりもっと「あるべき姿」で・・・信じて乗り切っていきたい!
 
                                    高地 まどか




  56、S.K.様より・・(2011年3月9日掲載)
 

私は、ガイアシンフォニーで初女さんのことを知り、数年前に東京での講演会にも伺わせてもらいました。
  あの時の、「日々の生活が祈りだと思う」というお言葉を、毎日の家事をしている時によく思い出しています。
 先ほどふと、「森のイスキア」に泊まることはできるのかしら?とネットで検索していたところ、今回のイスキアの集いにたどりつきました。
 初女さんのお話をまた聞ける機会をいただけて、本当に感謝しております。
 当日をとても楽しみにしております。  
 
                                S.K.           


              

 

初女さんのお言葉を心に留めて毎日の家事をしておられるとのこと、初女さんが聞かれたら本当に喜ばれると思います。
 「気づいたら動く」ことを大切にされる初女さんにとって、そのような方との出会いが力になっていることは間違いありませんから・・。
 今年90才を迎えられる初女さんが、私たちのために、毎年、遠路出かけて来てくださることに感謝しつつ!!!
 

                              
                                 小さな森東京 吉田俊雄




  55、フランソワーズ 湯沢 R 様より・・(2011年2月22日掲載)

 
 私は都内のヨーガ学院に通っております。

 学院で知り合った優しくて大好きな友人が以前に「佐藤初女さん」の著書を何冊か貸してくれました。
 心が洗われるというか涙を流しながら読ませていただき、心が落ち着いてありがたい気持ちになりました。
 そして同じく学院の大好きな友人にも「佐藤初女さん」のことを話しました。
 今回はそのとっても大好きな友人から連絡があり、講演会を知りました。
 とっても好きな友人も既に申し込んでいます。
 とっても大好きな友人や、優しくて大好きな友人や素敵な友人たちと、当日は笑顔でうかがいます。

                                    フランソワーズ 湯沢 R

 

 

 フランソワーズ 湯沢 R さまは本当に心の通じ合えるお友達に囲まれていらっしゃるのですね。
 一人の人の心に灯った明かりが、周囲の人の心まで照らし大きな明かりの輪となって広がるさまが見えるようです。
 
お便りありがとうございました。

                                    小さな森東京 吉田俊雄

 

 

 吉田さんの仰るとおり、「何気ない偶然のようにして訪れる出会いが、自分にとって大きな意味を持つことがある」と私も常に思っております。
 どういうわけかいろいろな場所で知っている人によくお会いします。相手の方は驚いてくださるのですが、私は、「あっ、今日はこの人にお会いしたんだ。。。」と妙に納得したり、嬉しいハプニングと思っております。出会いには意味があるのですね。
 またヨーガ学院のご縁をいただいてから、本当に心から嬉しいと思える新しい出会いが続いています。
 文章に書かせていただいた友人たち、先生やスタッフの皆様、学院近くのレストランの皆様やそれから、それから・・・始めは誰も知らない人なのに、少しずつ知って、好きになって、どんどん「好き」が増して、だんだん「大好き」になっていく人との交わりの経過が、とても有難く、嬉しく、楽しいものだと痛感しています。
 その偶然でない必然の出来事が続く毎日を奇跡の日々だと感じ、生かされていることに感謝しています。

                                    フランソワーズ 湯沢 R

            

 

 生活の中での出会いを大切にすることは幸せへの道そのものなのですね。
 イスキアの集いでの新しい出会いが更に大きな明かりの輪となって広がりますように! 
 毎日を奇跡の日々だと感じ、生かされていることに感謝できるように、私も、出会いを大切に、明るく、信頼の心をもって過ごしていきたいと思っています。

                                    小さな森東京 吉田俊雄

 



  54、N.S.様より・・(2011年2月21日掲載)

初女さんのことは、ずっと以前にガイアシンフォニーを見て知りました。
  その後、本も読んだりしまして一度お目にかかりたいと思う一方で、東京での講演会という一般に開かれたチャンスがあることになぜか全く気づかずにいました。
 青森でしかお目にかかれないものとなぜか思い込んでいました。
 先ほど、たまたま、何となく、佐藤初女さんのことを思い出してネットでお名前を検索したところヒットした次第です。
 とても、とてもラッキーでした。。
 楽しみにしております。  
 
                                N.S.           


              

 

今回はほかにも、たまたま初女さんのことを思い出して、ネットで検索したらイスキアの集いにヒットしたと言われる方が何人かおられて不思議なものを感じています。
 良いタイミングで出会いを与えられたことに感謝です。
 どうぞいい一日になりますように!
 

                               小さな森東京 吉田俊雄

 



  53、Y.Y.様より・・(2011年1月21日掲載)

一昨年のイスキアの集いから参加させていただいているY.Y.です。
  去年は、初女さんのお話に触れる機会も多く、森のイスキアでおむすびの講習にも参加することができました。
 私の生活の中にも少しずつ定着しつつある「日常を大切にする心」ですが、本来がずぼらなので、まだまだ修行です(笑)。
 出来なかったことを責めるのではなく、できたことをほめようと、自分に言い聞かせています。
「あ〜〜。またさぼっちゃった・・・」と思うと、次のやる気もなくなってしまうので。
 自分に甘いかな?と思いつつも、出来ることが少しずつ増えて、それが当たり前になるように頑張りたいと思っています。  
 
                                Y.Y.           


              

 

近況のお便りありがとうございます。
 お元気にお過ごしのご様子でなによりです。
  「日常を大切にする心」が少しずつ定着しつつあるとのお便り嬉しいです。
 出来なかったことを責めるのではなく、できたことをほめよう、と自分に言い聞かせています。
とのお言葉本当にそうですよね。
 長い目で自分を温かく見守ってくれるもう一人の自分との二人三脚の旅って、楽しそうで、素晴らしいことだと思います。
  きっと、今回のイスキアの集いの演題である「いつも感謝の心で」という生き方を、Y.Y.さんは既に実践しておられるということなのですね。
 

6月5日にお目にかかれるのを楽しみにしています。
                                小さな森東京 吉田俊雄

  



  52、武田和子様より・・(2010年6月25日掲載)
 

あの日、わたしは始めて舞台袖から初女先生のお姿を拝見しました。
  今まで何度も初女先生の「動の祈り」そのままのお姿に心打たれることがありましたが、
講演、分ちあいに臨まれるお姿には、またちがった気迫を感じました。
 一生忘れないと思います。
 
                                武田和子           


              

 

貴重なご感想ありがとうございます。
  舞台袖におられた武田さんもやはり先生のお姿に気迫を感じておられたのですね。
  舞台袖におられたからこそそのお姿から伝わってくる特別のものがあったのでしょうか。
  「集いを終えて」のご挨拶に書かせていただきましたが、私も当日、初女先生の並々ならぬ何かを感じました。
  今度の新刊の「いのちの森の台所」のおしまいに、初女先生は昨年末のご病気の不思議な体験を通して「これからも神様のおはからいの中で、一日一日を精一杯生きたいと思っています」と書いておられますが、「今を真実に生きる」ことが深められていくとこのような気迫につながってくるのでしょうか。
 

初女先生というよきお手本がそばにいてくださることに感謝し、これからも一緒にイスキア丸に乗って航海させていただきたいと願っています。
                                小さな森東京 吉田俊雄




  51、星エミ様より・・(2010年6月24日掲載)
 

 今日は忘れた頃の申込にも関わらず、集いへの参加をかなえていただき本当にありがとうございました。

 あんなにお会いしたいと思っていた初女さんですのに、もう何度もこんなにそばまでいらしたことを知らずにいたとは・・・。
 私は何をしていたの、という思いもさることながら、それよりもはるかに心癒されるひと時を過ごしておりました。
 ようやく直に初女さんを現実に感じることができうれしい限りです。
 今日の集いを知ることができたこと、参加することができたこと、先ずそのことに感謝です。
 そして、今日のテーマ「今を生きる」に沿って話された初女さんの一言一言にとても勇気づけられました。
 また、ご多忙な中、わがままな私ひとりにでも連絡を忘れずに下さったこと、とてもありがたく感謝申し上げます。
 今日、大勢の聴衆のみなさまを見ていっそう思いました。

 今後はこちらのHPで情報を受け取ればよろしいですね。
 先ずはお礼まで。

                                    星 エミ

 

 

 この度はイスキアの集いにご参加くださりありがとうございました。
 お近くにお住まいなのに、今回ようやくガイアでチラシを見てキャンセル待ちに間に合って、参加をされたということは本当に与えられたチャンスだったのですね。
 初女さんを現実に感じられた喜びを伝えていただき私たちもその喜びのお福わけに預かっています。
 初女さんはお話の中で継続することの大切さに触れてくださいましたが、星さまのお話を伺って、出会いの輪が確実に広がりつつあることの証だと感じました。

 来年もイスキアの集いZを実現したいと思っています。

 どうぞよろしくお願いいたします。

                                    小さな森東京 吉田俊雄

 

 

 その後も初女さんの余韻の中で「いのちの森の台所」を拝読し、心が柔らかいそよ風に吹かれているようなたまらなくやさしい気持ちになれました。
 参加させていただけただけで本当に良かったです。

                                     星 エミ

 

 

 集いに初めて参加された人が多かったからでしょうか、その後も初女さんの本を読んでいますという方がたくさんいらっしゃいます。
 「いのちの森の台所」の感想を分かち合ってくださってありがとうございました。
 
                                    小さな森東京 吉田俊雄



  ページ:

   

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.