2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

TOPICS

 

森のイスキアの歩み
   (2009.11.4)

鐘楼完成の祝別式
   (2009.11.4)

佐藤初女さん講演会

 2014年1月18日(土)
    (東京都)


 2014年1月25日(土)
    (大阪市)

  
 2014年2月8日(土)
    (和歌山市


 2014年5月25日(日)
    (東京都)


イスキアの集い

 
 ・第10回イスキアの集い
   2014年6月14日(土)

 ・第9回イスキアの集い
   2013年6月1日(土)

  ・イスキアの集い[
   2012年6月9日(土)

  ・イスキアの集いZ
   2011年6月5日(日)
 

  イスキアの集いY
   2010年6月5日(土) 
 

  ・イスキアの集いX

   2009年6月6日(土)

 

  ・イスキアの集いW

   2008年5月31日

 

 

  ・イスキアの集いV

   2007年10月20日

 

 

  ・イスキアの集いU

   2006年7月2日

 

 

  ・イスキアの集いT

   2005年12月18日

 

  ・映画と講演の集い

  2004年 11月19日

 

 

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 佐藤初女・イスキアの集いYへ   

 佐藤初女・イスキアの集いYの開催にあたって

 皆様のご感想

    

               

 

佐藤初女・イスキアの集いYを終えて

 

                    
                           
           昨年10月、森のイスキアの庭で拾ったどんぐりが芽を出しました。 写真:岸圭子



 今回も初女さんと会うのは初めてという人が約70%を占めていましたが、皆様から「会えてよかった」、「このような機会を作っていただきありがとう」と喜びの声をたくさんいただきました。
 その参加者の当日の感想はこちらをご覧ください。
 メールで寄せられた感想はこちらに掲載しています。
 一方、参加申込が多くて4月半ばには満席となりましたので、多くの方をお断りしなければなりませんでしたことこの場を借りてお詫びいたします。

         
                     写真:岸圭子

 「イスキアの集い」は今回で6回目となりましたが、初女さんは講演の初めに継続することの大切さを話されました。
 「映画と講演の集い」として始めてからの7年間を振り返ってみますと、私たちも少しずつ新しい生まれ変わりを重ねていますし、イスキアの輪が徐々に広がっていることも感じます。
 最初から関わってくださっていたスタッフの一人が、大阪でイスキアの集いを始めて4回目になりました。
 もう一人のスタッフは「森のこもれび」を立ち上げて、今年の7月には2回目の講演会を開催します。
 目に見えるこのような変化に加えて、私たちスタッフ自身も動くことの喜びを体験させられ意識が少しずつ変えられてきているように思っています。

         
         ↑ 
「最後までお答えします!」 写真:岸圭子

 そんな私たちに今回も初女さんは、ものすごいメッセージを残してくださいました。
 わかち合いの途中、「終了の予定時間です」と告げたスタッフに「最後までお答えします」といって、そのまますべての人の質問に一つ一つ丁寧に答えてくださったのです。
 そして、交流の時間には「会場の時間は大丈夫なのでしょう?」とスタッフに確認しつつ、サインと握手を求める人全員にご自分から手を差し伸べるようにして応えてくださいました。
 長い列に並んでおられた後方の人には、「待たせてごめんね」とご自分のことを顧みることもなさらず、声をかけておられました。
 初女さんは多くの人にとって大切な方ですし、88才という年令を思うと長時間のわかちあいと交流は「お疲れではないだろうか!このまま続けていただいてよいのだろうか」と心が痛みました。
 しかし、初女さんは「人は神さまに仕えるために生まれてきた」「私の一番の喜びは通じ合える人に出会うこと」と話されるお言葉そのままに、人を大切にする生き方がそのまま自分の生きがいにつながることを示してくださっているのだと感じます。 

         
                                    写真:岸圭子

 そんな初女さんと悦びの涙をためながら交流している人たちを見ると、「天国は死んだあと行くんだって言うよりも、私は『いま、ここが天国』だと思っています」という初女さんの言葉の意味が分かったように思いました。

 今回のテーマ『いまを生きる』ということの深さ、美しさを初女さんはそのお姿で示してくださった!と感動を覚え、心から感謝いたしました。

 最後になりましたが、今回のイスキアの集いを一緒に創りあげてくださった参加者の皆様、スタッフの人たちに心から感謝いたします。

                                   2010年6月22日
                                   小さな森東京 吉田俊雄


 

    

 

 

 

 

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.