2005年8月〜

 

小さな森 福岡
 

TOP   今のきもち     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

 

 

 

 



 

                                             今のきもちTOPへ   

 

『佐藤初女先生との最期の日々』 

  
     (集英社のWebページの追悼エッセイ欄に投稿した原稿を転載いたします)

   2月6日に行われた初女先生の葬儀から戻って10日が過ぎました。身に染みて
 その存在感の大きさを感じながら初女先生との最期の日々を振り返っています。
 
  昨年5月に学習院女子大学で開催した<第11回佐藤初女・イスキアの集い>
 のとき、初女先生は体調がすぐれない中を東京まで出かけて来てくださいまし
 た。その凛としたお姿は多くの人に強い感動を与えましたが、同時に私は、初女
 先生のご負担を軽くして長く活動を続けていただきたいと願い、これからは、
 出て来ていただくのではなく私たちが森のイスキアを訪問するようにしたいと
 思いました。



        
            2015年8月「ミサの後で」

  8月末にお伺いした時、その日は偶然にもカトリック弘前教会のトウ神父さま
 がケニアに帰国される前日であり、森のイスキアでミサが行われました。
 初女先生と一緒に聖歌をうたい、キリストの死と復活を記念するミサに与る機会
 をいただいたことは生涯の宝物であり、幸せでした。
  この時、初女先生は、森のイスキアはこれから新しい体制でやりますと意欲的
 に話しておられました。ただ、スタッフの一人から初女先生が疲れやすくなって
 おられる、と聞いたことは少し気がかりでした。
  10月に北海道での集いに参加した時、「来年からは原点に戻って活動します」
 と言葉をかけてくださいました。
 
  10月末の森のイスキアの冬季休業前の大掃除の時、手伝ってほしいと呼んで
 くださって訪問しました。
 初女先生と妻と私の3人が森のイスキアの十字架の前で話をした時のことです。
 初女先生は「『小さな森』には森のイスキアから十字架を贈ってありますね」
 と確認されて、最後に「兄弟としてね」というお言葉をくださいました。
 今は、このお言葉を初女先生の遺言として受け止めています。
 

       
            2015年10月「(ビール)練習してる?」

  12月初めにはお顔だけ拝見したいと願って訪問しました。
 初女先生は弘前イスキアの事務所で椅子に座って迎えてくださいました。
 「1月になったら元気になるからね」と話され、妻が「何か欲しいものはありま
 せんか」と尋ねると「春物のカーディガンね」と答えながら玄関まで見送ってく
 ださいました。1時間弱の滞在でしたが、「改めて忘年会をしましょう」と笑顔
 で言ってくださり、新年会の約束をしてお別れしました。
  
  1月中旬に数人の友人と新年会に伺った時、初女先生は休まれたままでした。
 お部屋にご挨拶に伺うと、「相談したいことがあります」とはっきりした口調
 で言われ、「これまで通りにやろうと思っています」と新年の決意を伝えてく
 ださいました。初女先生の目には力があり、病気の回復を信じておられることが
 伝わってきました。
 
  1月30日は事前の予約もいただかず、すぐにお暇するつもりで伺いました。
 初女先生は目をつぶったままうなずきながら聞いてくださり、手を強く握って
 くださいました。31日には私たちの呼びかけに「はい」と返事をしてくださり、
 辞去しました。その日の夜、救急車で病院に運ばれて、翌2月1日の午前2時半
 ごろ初女先生は天に召されました。
 

         
            2015年8月いつまでも見送ってくださいました

  初女先生は最期まで一貫してイスキアの活動への夢を抱いておられました。
 その生涯は、自分の体験から学んだこと以外は語られず、自分の言葉通りの生き
 方を貫いた方でした。
  私には、初女先生が最期までの生きざまを通して、私たちに信仰の力を示して
 くださったと感じられます。
  悲しむだけ悲しんだからでしょうか、今は深い感動と感謝の思いが私を包んで
 います。
  「兄弟としてね」という初女先生の言葉を胸に、愛と奉仕のイスキア精神を
 大切に生きていきたいと願っています。
  
  
                        平成28年3月22日

 

                                                                           小さな森 東京
                          吉田俊雄 紀美子


 

 

 

   

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.