2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 


小さな森東京の歩み


・故・佐藤初女さんへ 【弔辞】

・佐藤初女さんとの最期の日々

・小さな森東京(10周年)

小さな森東京の活動記事

佐藤初女さんにお会いして


イスキアの集い開催記録




TOPICS

 

森のイスキアの近況

初女さんで繋がるご縁

森のイスキアの歩み

森のイスキアの祝別式(写真)

森のイスキア修景マップ

鐘楼完成の祝別式

イスキア命名の由来


大震災被災地支援

 
復興支援の現場から
 

  

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                         森のイスキアTOPへ
    
                                           佐藤初女さんTOPへ  

 

   
   <森のイスキアの近況>
                                     2016年6月29日
                      
                      

   初女先生亡きあと、森のイスキアはどうなっているのだろう?
 そんな不安を抱きながら去る6月29日森のイスキアを訪れました。


       
                もうすぐ森のイスキア・・・来た道を振り返ると岩木山が

   森のイスキアに足を踏み入れるとそこは芝が短く刈られていて全体がきれいに整備さ
  れています。「ようこそ!」とわたしたちを迎えていただいた、そんな感じがしました。
 
       


   待ってくれていた、と感じて嬉しかったです。

       


  森のイスキアの庭を散策しました。確かに前のまんまでそこにありました。
  冬の間、取り外されていたはずの鐘も鐘楼に取り付けられています。
  
       


   初女先生に届いてくれという思いを乗せて鐘をつきました。
   懐かしい美しい音が森のイスキアから響きわたっていきました。

            


   小さな森の中のロンドに座ったとき、ここの修景計画を始めるにあたって初女先生が
  願いを語られたことを思い出しました。
   「小さな森を亡くなった人も一緒に交流できるような場所にしたい」
   ここはそういう場所なのです。
  わたしたちは初女先生がいつも座っておられた位置に座りました。
  そして初女先生の平安を願い、心からの感謝をこめて「主の祈り」と「アベマリアの祈り」
  を捧げました
 


       

 

  初女先生がそこにいてくださったことを感じ、森のイスキアは私達にとってやはり特別
  な場所なのだと再確認させられた訪問でした。
   帰途につく頃には岩木山にかかっていた雲も払われて頂上が姿を現していました。


       


 

 本当に来てよかった・・・・・。


                                    2016年6月29日    

 

このサイトで使用している写真は、撮影者のご厚意により掲載させて頂いておりますが

他のサイトへの無断使用はしないで下さい。

 

   

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.