2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   今のきもち   出会い   佐藤初女さん    森のイスキア  イスキアの集い  お知らせ  リンク 連絡先 

 

          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<佐藤初女さんの本の紹介>                         佐藤初女さんのTOPへ

      


 

著書名

出版社 定価
(本体)
 いのちをむすぶ

 (佐藤初女著)


集英社

(2016/3/4)


  
1600円
いのちのエール

(田口ランディ著)


中央公論社

(2015/10/3)


  
1400円
限りなく透明に凛として生きる

(佐藤初女著)


ダイヤモンド社

(2015/3)


  
1200円
初女さんの心を結ぶ「分かち合い」

(佐藤初女著)


主婦の友社

(2014/2/28)


  
1300円
いのちの森の台所

(佐藤初女著)


集英社文庫

(2013/5/18)


  
700円
佐藤初女さんの心をかける子育て

(佐藤初女著)

小学館

(2011/12/17)


  
980円
「いのち」を養う食

(佐藤初女著)

講談社

(2011/10/28)


  
1400円
いのちのことば

(佐藤初女著)

東邦出版

(2011/5/24)


  
1400円
信仰のものがたり

(日野原重明 星野富弘 水野源三 佐藤初女)

日本キリスト教団
出版局

(2011/3/25)


  
1000円

あなたに喜んでもらえるように

(佐藤初女著)


海竜社

(2010/10/20)


  
1500円
いのちの森の台所

(佐藤初女著)


集英社

(2010/6/4)


  
1500円
初女さんからいのちの贈りもの

(佐藤初女著)


主婦の友社

(2009/10/31)

3900円

初女さんのお料理

(佐藤初女著)

 

主婦の友社

(2009/4/30)

1800円

食と向きあう、ていねいな暮らし 11人の日々ごはん

命あるもの
 佐藤初女さん 「森のイスキア」主宰

 

オレンジページ

(2009/2/27)

1400円
母のこころを すべてに CD+Photo Book  

佐藤初女著)

アノニマ・スタジオ

(2008/11/13)

3500円
初女さんからお母さんへ生命のメッセージ

(佐藤初女著)

主婦の友社

(2007/10)

1200円
今を生きる言葉『森のイスキア』より

(佐藤初女著)

講談社+α文庫

(2007/1/23)

680円
初女さんのおむすび

(佐藤 初女、木戸 俊久、 原 年永 著)

木戸出版

(2006/3)

1260円
おむすびの祈り 「森のイスキア」こころの歳時記

(佐藤初女著)

集英社文庫

(2005/7/20)

700円
今を生きる言葉『森のイスキア』より

(佐藤初女著)

講談社

(2002/11)

1470円
初女お母さんの愛の贈りものーおむすびに祈りをこめて

(佐藤初女著)

海竜社

(2002/9)

1680円
こころ咲かせて

(佐藤初女著)

サンマーク出版

(2000/7)

1680円
森のイスキアで話したこと

(佐藤初女  宮迫千鶴著)

創元社(1999/1) 絶版
朝一番のおいしいにおい

(佐藤初女著)

女子パウロ会

(1997/6)

1050円
おむすびの祈り―「いのち」と「癒し」の歳時記

(佐藤初女著)

PHP

(1997/5)

絶版

        

初女さんからお母さんへ生命のメッセージ(主婦の友社)のご紹介・・2007年9月29日

 

 主婦の友社から、佐藤初女さんの新刊本の案内が届きましたので、ご紹介させていただきます。

    

佐藤初女さんから届いた

子育て中のお母さんに贈る心に響く言葉の数々!

「初女さんからお母さんへ生命のメッセージ」(主婦の友社)発刊

 

佐藤初女さんが、このたび主婦の友社から子育ての本を発刊することになりました。タイトルは「初女さんからお母さんへ生命のメッセージ」(定価1,260円<税込>)。

これからお母さんになる女性や子育て中のお母さんに向けて、食と生命の大切さを語ったメッセージ集です。20071013日より全国書店にて発売されます。

 

この本には、長年にわたり、悩みを抱える多くの人々に心を寄り添わせてきた

初女さんだからこそ出てくる言葉がたくさん詰まっています。

例えば、1章の不登校を匂わせる男の子のエピソード。「いま問題がおきている原因をたどってみるとおなかの中にいたときに通じることがあります」と、子育ては胎内にいるときから始まっていることを教えてくれます。

 そして、2章・3章では「小さいころから本物の味を覚えさせると、大きくなってからも家に帰ってくるようになります」「食べたいものを食べさせてくれた、という要求は自然に自分の中に入るのです」と、子育てにおける食の大切さを切々と説きます。 さらに「心に悩みを抱えている人は、どなたも根底に受け入れられた体験が乏しいのです。 大人でも子どもでも、とにかく受けとめること」という話は8章に出てきます。

 

子育てに迷ったとき、夫婦生活に行き詰ったとき、

自分自身が辛いと感じたとき……、この本をめくってみてください。

親と子、それぞれの想いを受け止める初女さんからのメッセージに、

きっと読者は励まされ、力づけられることでしょう。

子育て中の親はもちろん、子どもに関わる大人すべてに読んで欲しい一冊です。

 

 

 

 

 

 

 

 

佐藤初女さんの絵本初女さんのおむすび(木戸出版)のご紹介

 

初女さんのおむすびにまつわるエピソード、おむすびの作り方が温もりのある絵本になりました。2006315日(水)の発売だそうです。

あとがきの中で初女さんは絵本を作られた想いを次のように語っておられます。

 

 私が絵本を出したいと思い立ったのは、森のイスキアが開設してからなので、かれこれ123年位前でした。

 当時は森のイスキアの名前が今のように馴染んでいませんので、「命名の由来は」とか「どんな活動をしているのですか」等、度々聞かれました。その都度、趣旨が伝わるように話すにはどのように答えたら通じるか、考えさせられました。伝えようと話せば話すほど別な方向にいくことがあり、戸惑うことが多かったのです。

 特に小さい(小学生)お子さんから「イスキアってなあに」「ここ誰のおうち」と聞かれました。

またある時に小学2年生の孫が、

「おばあちゃんK子ちゃんがイスキアに来たいんだって」

「どうしてイスキアを知っているの」

「だってカタカナで書いているでしょ、だから読めるんだよ」

「どうして来たくなったのかしら」

「イスキアはやさしいからだって」

こんな単純な会話なんですが、私にとっては深く心にしみこむようでした。

そうだ、子供にも分かるように、子供にこそ伝えたいと思ったのです。(中略)

日本の文化「おむすび」、不思議な力のある「おむすび」をおいしく握って下さることを願っています。

 

「初女さんのおむすび」(木戸出版)より

 

 

 

 

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.