2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

TOPICS

 

森のイスキアの歩み
   (2009.11.4)

鐘楼完成の祝別式
   (2009.11.4)

佐藤初女さん講演会

 2014年1月18日(土)
    (東京都)


 2014年1月25日(土)
    (大阪市)

  
 2014年2月8日(土)
    (和歌山市


 2014年5月25日(日)
    (東京都)


イスキアの集い

 
 ・第10回イスキアの集い
   2014年6月14日(土)

 ・第9回イスキアの集い
   2013年6月1日(土)

  ・イスキアの集い[
   2012年6月9日(土)

  ・イスキアの集いZ
   2011年6月5日(日)
 

  イスキアの集いY
   2010年6月5日(土) 
 

  ・イスキアの集いX

   2009年6月6日(土)

 

  ・イスキアの集いW

   2008年5月31日

 

 

  ・イスキアの集いV

   2007年10月20日

 

 

  ・イスキアの集いU

   2006年7月2日

 

 

  ・イスキアの集いT

   2005年12月18日

 

  ・映画と講演の集い

  2004年 11月19日

 

 

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森のイスキアの修景完成祝別式                森のイスキアTOPへ

 

 

◇ 修景完成の祝別式の模様(写真)はこちらです!

 

◇ 修景計画の概要が「小さな森」のパンフレットになりました。

 

  表紙  森のイスキア修景マップ  森のイスキアの植物たち


     

 

去る2005年101()2()、森のイスキアにおいて修景完成の祝別式および記念式典が行われました。

「自然を保護するためにイスキアの後ろの方の土地を確保して、そのままの自然を残し、そこに散歩道をつけて、ベンチを置いて、瞑想したり、又、分かち合いできるようになったらいい、とそれが私の夢ですね。人々が集い、亡くなった人とも心を通い合わせる場所にしたい・・・」

これは、佐藤初女さんが森のイスキアの開設当初から抱いておられた夢でした。
 今回の修景では「小さな森」の中に木道が通り、語りあい、瞑想できる場としてロンドが設けられました。

当日は、全国各地はもとよりアメリカ、シンガポールなど海外からも含めて、200人近い人々が祝別式に参列されました。  



祝別式のときは雨となりましたが、時に激しく、時に穏やかに、天も共に祝別の聖水を注いでくださっているかのように感じられました。

式典では佐藤初女さんのご挨拶の後、大倉正之助さんのお祝いの大鼓があり、設計を担当された藤木隆男さん、来賓の龍村仁監督のご挨拶がありました。

夜は、雨の上がった屋外でかがり火を焚きながら奈良裕之さんとKNOBさんの民族楽器、ディジュリドゥの演奏を聴き、室内では遅くまで歓談が続きました。



翌日は、和やかに餅つきが行われ佐藤初女さんも杵を担いで参加されました。

 『「小さな森」の大きな火が日本に、そして、海外に、やがては地球に広がる温かな火となりますように、お祈りして点火いたします。』

 これは、ロンドのストーブに点火された時の佐藤初女さんの言葉です。

 木洩れ日のさすロンドに座っていると、「小さな森」も人を迎えて喜んでいるかのように感じられました。

  そして、イスキアの建物に戻る途中、並んで歩きながら、「ロンドにいるとき亡くなった子供に会えたような気がしました。子供も来てくれていたのですよね」と、静かに話された若いお母さんの言葉が強く心に残りました。 


撮影:岸圭子

 

このサイトで使用している写真は、撮影者のご厚意により掲載させて頂いておりますが

他のサイトへの無断使用はしないで下さい。

 

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.