2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

TOPICS

 

森のイスキアの歩み
   (2009.11.4)

鐘楼完成の祝別式
   (2009.11.4)

佐藤初女さん講演会
 
 2014年11月24日(月)
    (逗子市)


イスキアの集い

 
 ・第10回イスキアの集い
   2014年6月14日(土)

 ・第9回イスキアの集い
   2013年6月1日(土)

  ・イスキアの集い[
   2012年6月9日(土)

  ・イスキアの集いZ
   2011年6月5日(日)
 

  イスキアの集いY
   2010年6月5日(土) 
 

  ・イスキアの集いX

   2009年6月6日(土)

 

  ・イスキアの集いW

   2008年5月31日

 

 

  ・イスキアの集いV

   2007年10月20日

 

 

  ・イスキアの集いU

   2006年7月2日

 

 

  ・イスキアの集いT

   2005年12月18日

 

  ・映画と講演の集い

  2004年 11月19日

 

 

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第10回 佐藤初女・イスキアの集い   ◆ 第10回イスキアの集い開催にあたって  

◆ 第10回イスキアの集いを終えて

               

第10回イスキアの集い・・皆様のご感想と写真

 
                                        2014年6月27日


 6月14日(土)の第10回イスキアの集いは、佐藤初女さん、参加された皆さま、スタッフの心が一つになって無事に終えることができました。
 本当にありがとうございました。
 アンケートに答えて約90人の方が感想を寄せてくださいました。
 
 皆さまの感想のうち、HPへの掲載をご了承くださった方の感想のみを当日の写真とともに分ち合わせていただきます。   
  後日、佐藤初女さんには、皆様の感想、初女さんへの質問、メッセージの全てを読んでいただきましたことをご報告いたします。(吉田)
 
            

           
     
                     写真  岸圭子

 【30才未満】 


◆ 去年のイスキアの集いでは、初めて初女さんにお会いして、夏には森のイスキアにも行くことができました。この間と変わらずお元気で安心しました。
ゆったりとした語りで優しい気持ちになりました。今年も来ることが出来てよかったです。ありがとうございます。
初女さんに出会わせてくれて本当に感謝です。(10代高校生)

◆ 初めて参加しましたが、とても良い勉強になり貴重な時間でした。

生きる元気が出てきました。ありがとうございました。
 


   
                    写真  岸圭子

【30才以上】

◆ 初女さんとの距離をとても近く感じました。会場の広さも丁度良く、初女さんのお話されているときの表情が良く見えてとてもチャーミングでした。
初女さんであっても、日々反省したり、工夫して料理のレシピができているのだと知り、私はもっともっと丁寧にしていこうと思いました。ありがとうございました。


◆ 食の話で納得です。悩みすぎると食べられなくなる。家族の様子(元気とか困っていないかとか)をみるのに、相手がきちんと全て食べられているかどうかは非常に参考になります。テレビを見ながらではなく、家族で会話しながらご飯を食べるのがいいかなと思いました。直ぐに解決できないことは多いので、受け止めることで相手を楽にするとか。

    食に関心が無かった私が、初女さんの本を読んで変わりました。食を通してつくる喜び、いただく感謝の心、食材の背景を考え生かされているということを学びました。ありがとうございました。

                            
   
とても楽しいお話でした。


    
                    写真  岸圭子

◆ 10周年おめでとうございます。続けていかれることに素晴らしいと思います。

    本日はどうもありがとうございました。「すなおに生きる」とは受け入れること。そういえば、私は人から受け入れてもらえたと感じた時、ホッとして涙がこぼれ、とても温かい気持ちになったことがありました。そして私も人に親切になろうと思えました。「すなおに生きる」は自分だけでなく周りの人を温かくできるのだと思いました。今日この集いをきっかけにし、「すなおに生きる」を実践して行きたいと思います。   


     森のイスキアに関する本を読んで以来、ずっとひかれていた佐藤初女さんに直接お会いできてとても嬉しかったです。私も食べものの力を信じています。自分にもできること、ずっと考えていきたいです。             


    
これまで著書は読んだことありませんでしたが、今日はじめてガイアシンフォニーを観ることができ、また、初女さんのお話を聞くことができて良かったです。「すなおに生きる」ことは、なかなか難しいこととは思うのですが、自分を大切に丁寧に行動することが、いのちのあり方に結びつくことを改めて考えさせられました。  
 


   
                     写真  岸圭子

    
初めてこのたび参加いたしました。参加者との対話を大切にする内容でとても良いと思います。先生と直接お話できる貴重なお時間をいただきありがたく思います。
 


     分かち合いの時間があることで、初女さんの人柄や考えのシンプルさが良くわかりよかったです。ガイアシンフォニーの上映も良いですが、普段の活動やイスキアの様子など写真などで紹介されても良いかなと感じました。

        
    
どうもありがとうございました。本日参加できてとても嬉しく思います。地球交響曲を見るのは2回目でしたが、今必要なこと、新たな気づきをいただきました。丁寧に生きることを心がけながら楽しみながら生きていこうと思います。いつまでも初女さんお元気でいらして下さい。出会いの機会をどうもありがとうございました。
 


    
今となってはもう聞くことのできない祖母や母の話しを聞いているようでとても心地よい時間となりました。今、自分の中にある考え方に改めて自信を持つことが出来ました。これからも初女さんと皆さまのご多幸をお祈り申し上げます。本日はどうもありがとうございました。
 


     初女さんに癒されました。ありがとうございました。

   
                    写真  岸圭子

◆ 初めて参加させていただきまして、佐藤初女さんもとても優しい雰囲気の方でしたが、スタッフの方や来場者の方、みんな優しい方ばかりで安心しました。満席ということで素晴らしいことなのですが、途中で席がなくなってしまい焦ったので、できれば指定席に指定席にしていただけると良いかなと思いました。ありがとうございました。

    初女さんのお話を聞いて食材を生かして料理を考えていくこと、食卓を元気にして家庭の平和を築いていくことの大切さを感じました。料理は苦手、めんどうを思ってしまいますが、向き合う気持ちになりました。初女さんの素朴な人柄、話し方が好きでファンになりました!ありがとうございました。

◆ 講演ありがとうございました。お年をとられているのに、苦しみに向き合う姿勢がとても柔らかく、うなずきながら聞いていました。仕事で日常の中の苦しみにあうことが多く、私も一緒に苦しくなってしまうこともありますけれど、初女さんの柔らかさを見習っていかしていこうと思いました。誰かを頼ったり、頼られることが迷惑ではなく、お世話になっていますねとお互いに言い合える人間社会になるといいですね

     こちらに参加する数日前に感じた問題、息苦しさ、そのことに答えるような言葉が講演の第一声でした。先ず、”ハイ”と答えて、できない時はその訳をお伝えし、自分の心をさわやかに・・・、それが出会った人を大事にすることなのですね。今まで”はい”と答えては、できない時、心からそれをできない時、心が苦しくなって、自分自身にも相手にも良くなかったと思います。先生の言葉で心が晴れ、自分の間違いに気づき、そしてこれからどう生きていったらよいかが見えてきました。ありがとうございます。
電車の時間がせいているのため乱筆乱文失礼します。この集いに参加できたことに感謝しております。


         
                  写真  岸圭子

◆ テレビで初女さんのことを知ってからずっとお会いしたいと思っていました。今日の出会いは一生の宝物です。ありがとうございました。

◆ ほのぼのとした時間でした。皆さんの質問に一つひとつ丁寧にゆっくり答えてくださっている姿に生きる心のゆとりを感じました。ありがとうございました。

◆ 今回初めて初女さんにお会いすることができて、素敵なお話を聞くことができて本当に嬉しく思いました。大好きだった祖母(13年前に亡くなってしまいました)の話を聞いているような何だか心が穏やかになる一時でした。
簡単な一言なのに「はい」と言えない人がいます。そんな私も少しイライラした時は、「はい」という返事をしぶってしまうこともあります。一人ひとりすなおな心で「はい」ということが先ず大切ですが、その相手の立場になった場合に、「はい」と言ってもらえるような、初女さんのような聞き上手であることも大切だなあと思いました。
ついつい「めんどうだなぁ」と嘆いてしまいがちですが、明日から(いや、今日から)、今を大切に生きていきたいと思いました。ありがとうございました。

◆ 介護などのキーワードは今の自分には直ぐにピンとくるものではなかったけれど、大切なことだと思った。ありがとうございました。 

   
                   写真  岸圭子

【40才以上】
         
     今年もイスキアの集いに参加することが出来ましてありがとうございます。
昨年のイスキアの集いの後、7月父が脳梗塞になりました。3月、4月肺炎になり、飲み込みが悪く食事が満足にとれませんでした。もう駄目かと思ったりしましたが、5月少しずつ食べられるようになると再び元気になり始めました。口から食べられることの大切さをとても強く感じました。

◆ ご著書を拝読し、大変感銘を受け、お会いしたいと願っていた初女さんにお会いするチャンスをいただいてとても嬉しく思っています。ありがとうございました。お優しい語りが心に残りました。

◆ 今日は久しぶりに初女さんにお会いできてすごく嬉しかったです。お声を聞いているだけで温かい気持ちになりました。「すなおに生きる」ことの大切さ、素晴らしさを改めて感じました。ありがとうございました。

◆ 初女先生のお声に触れて涙がほろほろしばらく流れました。DVDの美しさに感情が動いていたからかもしれませんが、祖母たちが若くして他界しておりますから、優しいおばあちゃんとしての何ともいえない響きと良いお声に懐かしいようなありがたい気持ちで、多分うれし泣きです。
繰り返し質問の手紙を読まれ、意図を理解しようとされるご様子にもあるべき姿を見せていただいたと存じます。時に笑わせてくださり、チャーミングな初女先生、もっとストイックで厳しい方かもと思いましたが、成る程!!と大ファンになれました。この場に来られて本当に良かったです。ありがとうございました。

   
                    写真  岸圭子

    食べることの大切さを初女さんの言葉で聞くことができてとても幸せの時間でした。わたし自身、悲しいとき、丁寧につくられたご飯でカチカチの心がゆるんだ経験があり、人は身体も心も食べるものでできていると感じております。そんな力になるご飯を作って、食べる人も自分も幸せを重ねていきたいです。
初女さんのご飯♪ 食べてみたいなぁ〜。吉田さま、すてきな機会をありがとうございました。


◆ おにぎりが食べたいです。佐藤初女さんの静かな語りに聞き入ってしまいました。私も「はい」となかなか言えません。あまのじゃくなので。少しずつでも「はい」と言ってみようと思います。                             

◆ 本日ありがとうございました。一昨年、妻へのプロポーズは、9月9日(妻の誕生日)に森のイスキアで初女さんの目の前で行いました。久しぶりにお目にかかって嬉しかったです。最後のイスキア精神、大切にして生きてまいります。

◆ 今回初めて参加させていただきました。田口ランディさんのエッセイで始めて初女さんを知ってから、あっという間に十数年たってしまいました。
初女さんの優しい語り口やお茶目な返答に心から癒されました。本当にありがとうございました。すなおに「はい」と言える生き方。今からはじめてみます。これからもますますお元気で。又お目にかかれることを楽しみにしています。


   
                   写真  岸圭子

    
去年、イスキアに伺い、また初女さんに会えて本当に嬉しいです。会場に着いた途端に涙が出てきました。受け入れてくれる人がいると安心して涙が出てきました。 去年イスキアに伺った時は、私が悩みを打ち明けるばかりで、先生は黙って聴いてくださいました。娘(小3)と夫と訪れ「この子も大変だね」とポツリと言ってくださり、ハッと気づきました。今日先生がユーモアたっぷりでお話されるのを見て、あの黙って聞いてくださったお姿と違ったので驚き、初女さんの本当の姿が見れてとても楽しかったです。娘も「イスキアにまた行きたい」と言っています。いつの日かまた行きたいです。ありがとうございました。


◆ 図書館で手にした初女さんの本から、心から「その通りだと思います」と深く深く響いた初女さんの一言一言。辛い出来事があって、食べる気力も無くしたときがありました。心と身体はどんどん弱って、考え方がどんどん貧しくなっていくことに気づきました。きちんとした食事(たとえ味噌汁一杯でも)をとれば、それが身体に染みとおり、内からエネルギーが湧いてきて、それは生きていくための考え方に変わっていきました。だから、つまらない考え方になっていたり、心が貧しいと感じた時は「自分は何を食べたかな・・?」と思い返してみるんです。そうすると、たいていまともに食べていなくてただ口の中に入れただけ、心も身体も満たされていなかったと気づきます。先ずは食事が大事と思い、日々振り返って生きていけたら本当に幸せです。
すてきな言葉をたくさんいただいた初女さんに実際お会いすることができて心から感謝しています。初女さんの優しさ、そしてスタッフの皆さまの優しい心遣いが感じられる素晴らしい集いをありがとうございました。またお会いしたいです。


◆ とても良かったです。ほっこりとした気持ちで帰宅します。帰宅したら、何を言われても(?)先ず「はい」と返事して、いつもより少し丁寧に食事を作りたいと思います。毎日感謝しながら頑張りすぎず続けていきます。

         
                  写真  岸圭子

◆ 「はい」という返事を最近していないことに気づかされました。いったん受け入れるという姿勢を心がけようと思いました。また、食材の気持ちになって料理することをやってみようと思います。

◆ ”気づき”をシェアできる場を作っていただきありがとうございました。様々な方面に”きづき”のネットワークが広がっていくことを願っています。

◆ ありがとうございました。すなおに受け入れる、はい、と。優しいひびきでした。 私は今”わもん”という、聞くということを学んでいます。言葉を聞くのではなく、心の声を聞くことです。お相手、自分の心の声。魂の声。これは料理ととても深く関係があると思っています。その中、今日の話から、やはり!!食材の声をもっと聞き、食材を活かし、人は食材からもらった命により、生かし、生かされるということをもっと伝えていきたいと思いました。人のいのちにふれ、光になりたいと思います。ありがとうございました。

 
◆ お会いしたいと思いながら日々の慌しさに流されていましたが、一念発起し、子供を主人に託し、一人で参加しました。本でお見かけするより、小柄な初女さんに少し驚きました。でも、お忙しくていらっしゃる様子、お話もゆっくりながらも芯のある話に感動しました。そして改めて、食の大切さ。子供も感じてもらえるよう、小さいながらも頑張ろうと思いました。

   
                  写真  岸圭子

◆ 満席で驚きました。もっと広い、会場広くても良い。多くの人に丁寧に生活することの大切さを伝えてほしい。
 


◆ とても癒されました。先生のお話面白いです。

◆ 遅れて参加しましたが、スタッフの方が席を確保してくださいました。立ち見?でもお話を伺えるだけで十分と思いましたが大変ありがたかったです。
 

    
10年以上前、宇都宮でガイアシンフォニーの上映会がありました。そこで初女さんを知りました。イスキアの集いがあることを知り、心の友と是非訪れようと行動に移してみました。行動に移してよかったです。ありがとうございました。  


◆ 初めて参加させていただきました。初女さんにお会いできて、集いに参加できて嬉しいです。「はい」ということ、気をつけていけると良いです。eduで初女さんを知って以来、本などで先生の心がけを読ませていただいています。できれば一度、森のイスキアに行ってみたいと思います。ありがとうございました。

         
                 写真  岸圭子

◆ 「第10回佐藤初女・イスキアの集い」おめでとうございます。
初めて参加させていただきましたが、おかげさまで初女先生の優しいお声を聞くことができ幸せでした。DVDも自宅で拝見する以上に、森のイスキアにいるようで心洗われました。本当にありがとうございました。両親の介護を自身の病で心身ともに辛い時もありますが、初女先生と森のイスキアを思い出して、小さいと思うことを大切に感謝の心で生きてゆきたいと思います。初女先生、小さな森東京の皆さま、イスキアの集い実行委員会の皆さま本当にありがとうございました。
 


    
今日はありがとうございました。とても温かないい会でした。初女さんがいらっしゃるだけでその場が温かくなるような気がします。10回目ということでいらっしゃいますが、先生がお元気でいらっしゃる限り、また続けてくださったら嬉しいです。

◆ 初めて参加させていただきました。初女先生のありよう、言葉、全てみにしみ、心に入ってきました。何か大きなことをなすのが素晴らしいということでなく、真面目にすなおに丁寧に歩んでいくことの素晴らしさに気づかせていただきました。ありがとうございました。初女先生、いつまでもお元気でいらして下さい。  


   
                   写真  岸圭子

【50才以上】


◆ 私は20年ほど前に田口ランディさんの本を通して佐藤初女さんとおむすびを知り、ずっとお会いしたい、でも青森は遠いナって感じていたところ今回の集いを知り、お目にかかれ龍村仁監督のDVDを観る少し前に私の座る席の横のドアが開き、すっと前に座られた時は何てHappy!と感激いたしました。来れて参加できて本当によかったと思います。
今回の集いに連れてきたかった義弟は(うつ病で休職2年目)連れてくることはかないませんでしたが、きっとそんな機会が訪れることを楽しみにしています。義母は教師をしていたこともあり、とても悩んでいて先生の本を購入し先生にサインしていただきたくプレゼントしたいのです。スタッフの方に話しましたら皆さんには不可能なので残ってもらえたらとお話しいただきました。


    
ますますのご盛会をお祈りします。

◆ 本日は本当にありがとうございました。大変素晴らしい会に参加させていただきました。
「食材」を活かし⇒おいしくいただき⇒明るく温かい家庭⇒明るい社会へ
「人」も活かされてこそ明るく生きられると思いました。
「自分自身」を活かして、明るい未来につなげたいと響いてきました。
初女先生、いつまでもお元気でいらしてください。

         
                  写真  岸圭子

◆ 初めての参加です。感動しました。今日と昨日の違いを気づき、これからの人生を一日一日大切に生きたいと思います。

◆ 10年以上前、ガイアシンフォニーを観て、この先、自分が何か心の支えがほしいと思った時、この映画を再び観たいと思っておりました。今日はその感動の佐藤初女さんに直接お目にかかれることの喜びでいっぱいでございます。感謝。合掌。

     10回目に参加させていただきましたが、テーマが「すなおに生きる」で今の私に必要なことということで、神様が贈ってくださったように思います。
初女さんのことはガイアシンフォニーで知り、何回か他の場所でお話や集いに参加させていただいていました。また、「おむすびの祈り」に出てらっしゃる神父さまが私の指導司祭に似ていたので(同じカナダの方だったからでしょうか)より身近に感じていました。わたし自身ものすごい面倒くさがり屋、人と接するのが嫌い、でも小さい子供たちと接する日々、今を生きる喜びを持たなくてはやって行けず、これまで初女さんの生き方、言葉、いただいたおむすびにも道を真理をいただいたと感謝しています。
最初に「はい」ということ、本当に簡単なことですができないでいます。
「でも〜」「はぁー、それは」と必ず否定的なことを言ってしまってうまくいきません。「はい」と言うことから始めてみます。
昨日、その前、弘前大清水ホームの辻山先生に用事があってお電話したところ研修とおっしゃっていたのですが、初女先生の研修だったのです、つながりにびっくりしました。感謝します。初女先生のためにも祈っています。


         
                  写真  岸圭子

    
始めて参加しました。初めて初女さんと同じ会場にいられて感激です。ありがとうございました。


    
2回目の参加です。1回目はもう何年も前でした。わたし自身も年を重ねて初女さんのお話が改めて身にしみるようになりました。若いころは身近な人に対してやこころよく思っていない人に対してはすぐに「はい」と返事ができませんでした(いいえ、今の年でもできない自分がいますが・・)。でも、「はい」と返事するときっとその時「神の扉」が開くのでしょうか。「はい」と言おうと決心した時手を離れる気がします。美しいものや美に神の存在を見れる気がします。初女さんの素材に対する心、いとおしむ仕草に神様の心を見た気がします。


          
                   写真  岸圭子

◆ イスキアの集いに参加して、和やかな分かち合いに心がすなおになったように感じました。小さなホールでとても良い時間を過ごすことができ、ありがとうございました。

    
食の大切さを痛感しています。ありがとうございました。

◆ DVD上映も楽しみの一つでした。イスキアの森の様子がよくわかりました。青森県に住んだこともあり自然の素晴らしさと初女さんの人柄に心が洗われるようでした。一つ一つ大切に今を生きる、いつも心に留めておきたいです。「すなおに生きる」初女さんの透き通るようなお声に引き込まれ、「はい」と言うことの大切さ、責任、さわやかな雰囲気を持つようにこれから心に留めておこうとおもいます。
よく息子が小さい頃「はい」といつも元気に言っていてとても気持ちがよかったことを思い出しました。大人になるとなかなか、これからは心がけます。食の大切さは初女さんのご本でもいろいろ拝見し、本当にその通りだと思います。息子の活力の源、いつも心が落ち着いているのは、食生活だと実感しています。初女さんに出会えて、私に気づきを与えてくださり感謝しています。介護の問題は、私も少しずつ体験しています。お話参考になりました。「人にあることは自分にもある」「自分から自然にやる気持大切」にハッとしました。私はそう親に接していただろうか、反省しました。ヘルパーの資格を取り、今は親に少し役立てていますが、私も人の役に立ちたい気持ちが先生のお話聞いて強くなりました。今度、傾聴ボランティアにも興味があるので是非勉強してみたいと思います。素晴らしい時間ありがとうございました。

          
                    写真  岸圭子

◆ 8年前から初女さんに会いたいと思っていました。「求めよ、さらば与えられん」。求める心が大切ということを50代になって成る程と思うことが多くなりました。会いたいと思っていたら、今回主人の「行っといで」の一言で・・、沖縄から来ました(来てよかったです)。そして、初女さんの優しい声、言葉・・、心にしみてきました。
私は小学校で教師をしています。ガイアシンフォニーの「うめぼし」が、クラスの子に見えてきました。「想像が翼を広げる」初女さん・・・
そして私も(去年から)カウンセリングの勉強・・、食事法の勉強でも、何故か物理、化学の知識が活かされるようになりました。見えない世界・・(心、消化・・、地球・・、いろいろありますが)を考えるとき、物理、化学で考えると楽しいです。初女さんもそのようなことおっしゃっていましたね。
今日お話しを聞いて、娘のことを考えていました。大学卒業してアルバイト中・・、ゆっくり・・、見えないもの見つめて・・(娘に対して)見守っていきたいということと、お料理・・、食材の気持ちを想像して翼を広げて、日々過ごしていく・・、そんな私になりたいと思いました。このこと・・を聞いて、私の家族・・更に素敵な人生になる(歩む)と確信しました。ありがとうございました。

◆ 心が洗われるような豊かな時間をありがとうございました。食や自然を大事に丁寧に生きていきたいと思います。感謝の気持ちを忘れず、謙虚に、そして、すなおに生きていきます。
今日この集いに参加できたこともお導きがあってのことだと思います。(友人の代理で参加しました)感謝でいっぱいです。初女さん、お身体大事にお元気で!!お話からお姿から優しさがにじみ出ていました。

◆ 今日は素晴らしい機会を与えていただきありがとうございました。最後に流れた初女先生のマザー・テレサの祈りを聞き涙が流れました。初心に戻りまた一つ丁寧に生きていこうと思っております。

         
                  写真  岸圭子

◆ ガイアシンフォニーを観、初女さんが書かれた本もいくつか読ませていただいています。私の母より多分10才は年上と思われる初女さんがまわりのことを思い、生活をし、話を続けられてきて今日の初女さんがあるのだと感じました。うちの母は、父が亡くなって8年くらい一人暮らしをする中で自分中心の考え方に凝り固まって、「娘たちは自分の世話をして当たり前。自分のお金は人にやらない」という人になっています。生活、毎日の生き方が人を作るんだな―と改めて感じています。今は、血液の病気があるかもしれないと検査中の下の娘に自分は何ができるんだろうと考えています。10年以上前、自分が友人にしてもらうだけだったイトウテルミーという温熱療法を娘にして免疫を上げるようにし始めましたが、食事についても考えていこうと思います。

◆ 私はALD(副腎白質ジストロフィー)という難病と向き合っている息子をケアしながらこの病の研究、推進、啓発をするNPO法人を立ち上げ活動しています。息子は寝たきりですが、頭ではすべて理解し、笑顔や瞬きで返事をしてくれます。息子や看者会から沢山の学びを日々いただいています。初女先生のお話は本当にお心がこもっていて、心の底から湧きあがってくる愛を感じました。私も私の使命を命がけで最後までやりぬきます。私の役割は息子を一生愛して、魂に愛されたという記憶を残すことと思います。

     先生の優しい声を聞くだけで癒されています。ガイアの時の70代の先生のお姿はふくよかで70代からでも人生がやれるというエネルギーをいただきますが、今、90過ぎてからの先生は70代の時と比べると肉体的には小さくなっているのに、更に光というか身体の周りのオーラが大きくなっていて、その優しさの大きな力に会場が包まれている感じです。講演を聞かせていただいたり、お会いさせていただくたびにわたし自身の人生の道も開かれてきました。人との出会いをつけてくださって感謝するばかりです。本当に先生にお会いできていることが宝です。


   
                    写真  岸圭子

     10回を振り返れてよかったです。来年も先生にお会いしたいです。

     このような集いが10年続いていたと今日初めて知りました(勉強不足でした!)。初女さんには一度お目にかかりたいと思い続けていましたが、青森に行くことはなかなか叶わず・・・、当日の申し込みでしたがありがとうございました!ご高齢となられてもお元気なご様子に心強い気持ちにさせられました。
「小さな森」の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

◆ 初めて集いに参加しました。大切なことがシンプルに伝わってきて分かりやすくゴチャゴチャしていた頭がすっきりしました。参加することができてよかったです。また、参加したくなりました。

◆ とてもすてきな集いでした。わたしの心も清められたように思います。すなおな心で物事を見ることを心にもって暮らして行きたいと願っています。また、お会いできる日を楽しみにしております。ありがとうございました。

         
                   写真  岸圭子

【60才以上】

◆ 子育てをしているときは子供たちのアトピーで、食生活を始め病院通い等々忙しい毎日を過ごし、一段落し、ほっとしたら少々食生活もゆるくなり、自分自身も体調が悪くなり、薬の飲み始める生活となりました。DVDを拝見し、お話を伺い、また心新たに食生活を見直し、穏やかな人生を過ごしたいと思っています。ありがとうございました。

◆ 初めて参加しました。物音一つしない会場にDVDに見入りました。初女さんの声、表情、温かく包みこまれるようです。経済の利益追求の今の世にあって別世界の思いがしました。言霊というのでしょうか・・。
*生活のすべてが祈り *他人の喜ぶのが生きる力 *気づき
*無意識にしたことが人を喜ばせる  etc
大切な言葉を沢山いただきました。ありがとうございました。

◆ 始めて参加しました。母も同年齢でこんなにもいろいろなさっておられる方が素晴らしいと思いました。母はもう、いつお迎えが来てくれるのやら、等とばかり言いております。人のお役に立てるって生きがいですよね。私も少しでもお役に立って年を重ねたいと思います。

   
                   写真  岸圭子

◆ 今日の良き日、初女先生とひと時を過ごせたこと幸せに存じます。感謝しております。

◆ 酸ケ湯以来、本日お元気な初女先生にお会いできてとても嬉しいです。
現在直面している介護問題や、よいと思うことは私たちが次世代へ伝えていかなければいけないという役目(使命)など、改めて気づかされることばかり。初女先生にお会いし、いつもいつも学ぶ大きな気づき、年を重ねても尚「反省と感謝の心」・・・ありがとうございます。ずーっと心して生きていきます。

◆ もし私だったら・・・(大根やニンジン)という言葉、印象的でした。相手の立場に立ったら…とは考えますが、大根やニンジンの皮をむくときもそのように思える初女さんの優しさを感じました。私も野菜や布や形のあるものの扱いを「もし私だったら」と考えると自分の行動が良い方向に変わっていくような気がします。

◆ 「すなおに生きる」ということの大切さに感動しました。「はい!!」という返事を言えるようになりたいと思います。


         
                   写真  岸圭子

【年令不明】

     先生が丁寧に優しく穏やかにお話しくださり感激しました。食に気をつけて先生のように優しく生活したいです。ありがとうございました。  


     始めて参加させていただきました。以前より初女先生とお会いしたくてお目にかかりたくて今日その目的(夢)を果たせたことが嬉しく思います。お言葉一つ一つを大切に話されて、優しい口調が心に響きました。感謝いたします。食を大切にします。ありがとうございました。

 

 

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.