2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

TOPICS

 

森のイスキアの歩み
   (2009.11.4)

鐘楼完成の祝別式
   (2009.11.4)

佐藤初女さん講演会

 2014年1月18日(土)
    (東京都)


 2014年1月25日(土)
    (大阪市)

  
 2014年2月8日(土)
    (和歌山市


 2014年5月25日(日)
    (東京都)


イスキアの集い

 
 ・第10回イスキアの集い
   2014年6月14日(土)

 ・第9回イスキアの集い
   2013年6月1日(土)

  ・イスキアの集い[
   2012年6月9日(土)

  ・イスキアの集いZ
   2011年6月5日(日)
 

  イスキアの集いY
   2010年6月5日(土) 
 

  ・イスキアの集いX

   2009年6月6日(土)

 

  ・イスキアの集いW

   2008年5月31日

 

 

  ・イスキアの集いV

   2007年10月20日

 

 

  ・イスキアの集いU

   2006年7月2日

 

 

  ・イスキアの集いT

   2005年12月18日

 

  ・映画と講演の集い

  2004年 11月19日

 

 

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   イスキアの集い[    開催にあたって   イスキアの集い[を終えて


               

イスキアの集い[・・皆様のご感想

 
                                        2012年6月28日


 6月9日(土)のイスキアの集い[は、おかげさまで無事に終えることができました。
 アンケートに答えていただいた皆さまのご感想や初女先生へのメッセージを読ませていただきますと初女先生という存在によって多くの方が感動と喜びを感じられたことが伝わってまいります。

 当日のわかち合いでは80件の質問が寄せられ時間の都合上すべてに答えていただくことはできませんでしたが、イスキアの集い[に関する感想もほぼ同数の方々が書いてくださいました。

質問や感想が多く寄せられた事実からも、このイスキアの集いは佐藤初女さんと共に皆さまが主体的に参加してくださった結果素晴らしいものに創りあげられたのだと感謝しています。
 本当にありがとうございました。
(吉田)


      

                                  写真:石丸久美子
                 


 【30才未満】 


◆ 今まで生きていると、自分ではどうにもならないこと、今生きている足元を見なかったり、忘れて他のことを考えて悩んでしまっていたように気づきました。
そのようなことを考えたり、世界で起きていることなど(自分ではどうにもならない)考えることはいい。
そうであっても、今このときを大切に生きる、自分の身近なところから小さくてもできることをしたり、身近な人を大切に思ったり、感謝の気持ちを忘れなかったり、生活の足元のささいなことを一つひとつ大切に実践していこうと気持ちが定まったように思います。すべてに感謝。いつでもそんな気持ちで前向きに。今を大切に。
未来は何時でも輝いているようです。
初女さんへの質問のお答えが聞けてありがたかったです。ありがとうございました。

◆ 初めは少し怖かったです。

もしかして、何かの“勧誘”とか疑って。今ではそんな自分が恥ずかしいです。
初女さんのような人になりたいです。私はとてもちっぽけな存在だけど、人のために生きたいです。
  


    
初女さんの紹介DVDを観て初女さんがいろいろなことをしているのだと知りました。今日はよい日になりました。

◆ 忘れかけていた感情に気づきました。

◆ 最初の吉田さんのお話がとても胸にひびきました。
「受けたらいい」という言葉、私の中の枠はどれだけあるんだろうと気づかされました。そしてずっと観たかったガイアシンフォニーが観られて嬉しかったです。

 


             

                                   写真:石丸久美子

 

◆ 「ガイアシンフォニー」を観て以来、いつかお会いしたいと思っていた初女先生にお会いすることができて感無量です。その間、6〜7年は経っていると思います。
直にお顔を拝見し、お声を聴いて、映画で見た通りの方だ、期待していた通りの方だと思いました。本当に来てよかったです。ありがとうございました。
「夢に向かってまっすぐに進むのではなく、今というのを大事に進む」「一緒に生きていく誰かは神様と同じ」という言葉がとても印象に残りました。
私は将来、芸術療法(アートセラピー)を勉強して、人の心を癒す仕事がしたいと思っていて、初女先生の活動を見て勉強したいです。
健康な心身を持った私のような者がイスキアに伺ってもかまわないでしょうか?

◆会場が広すぎないので後ろの方の席でもステージが良く見え、一方通行でない会となっていてよかったです。ありがとうございました。

◆食のこと、生き方のことがよく分かりすごく良かったです。話を聴いてこれからのことに活かそうと思いました。学ぶことがありました。

◆今日はありがとうございました。初女先生はとてもユニークな方で、とても楽しく有意義な時間を過ごすことができました。

         
                     写真:石丸久美子

【30才以上】


◆ わかち合いの時間がとても心地よく楽しませていただきました。
昨年に続いて2回目の参加ができ、小さな会場でキャンセル待ちの方も多かったとのことで幸運だったと思います。
イスキアにいるような雰囲気のためにこの会場を選んでいると知れてよかったです。
スタッフの皆さんにも先生にも感謝いたします。
ありがとうございました。お疲れさまでした。
 


    
前回初めて集いに参加させていただき2回目です。
集いの時間は、感動と尊敬の念、そして楽しさ、希望を感じていました。
スタッフの方々のおだやかで確かな想いがひしひしと伝わり、本当にすがすがしい気持ちでいっぱいです。そして自分の課題と向き合う勇気を改めていただきましたので今日この瞬間からまた努力していきます。

初女さんとスタッフの方々のいのちと向き合う姿勢を幼稚園の子供たちに伝えられるよう努力します


     群馬県からお話を聞かせてもらいにやってきました。
心が生きてるとき、気づきがある。生きることは喜びになり人の役に立ちたいと思うようになる。素直に心に届くお話でした。
せっかくいただいた命を生かさないともったいない。しっかりと生き方を見直すためのきっかけになると思います。


     貴重なお話を伺うことができました。ありがとうございました。
初女さんのあたたかく優しいお人柄を感じることができ胸がいっぱいになりました。
お茶目で可愛らしい初女さん、本当に素敵です。
「今を生きる」を胸にとどめて生きていこうと思いました

改めまして本当にありがとうございました。

         
                             写真:石丸久美子

    
今回初めてイスキアの集いに参加させていただきました。
初女先生のお話は一つひとつ心に響き、胸がジワーッと熱くなってきました。
本当にありがとうございました。

◆ ガイアシンフォニーの初女先生のシーンがずっと観たいと思っていたので今日観ることができて嬉しかったです。
先生のお話、わかち合い、貴重な時間をありがとうございました。


    
遠方からお越しいただいて、お話を直接伺えてとても感謝しています。
日々、どうしても自分に言い訳をして、丁寧でない生活をしてしまうけれど、できることから動こうと心を改めました。
”今ほど確実なものはない”というのがとても印象的でした。
ありがとうございました。


     友人に「最近気になる本」で初女さんの話をしたとき、この講演会を知りました。機会をいただけて感謝しています。ありがとうございました。             


    
今回で4回目の参加です。毎年、初女さんにお逢いできるのがとても嬉しいです。初女さん、吉田さん、毎年すてきな時間をありがとうございます。  
 


    
初女先生のご本を読ませていただいており、いざという時の心の拠り所とさせていただいています。お会いできて本当に良かったです。
質問に答えていただきありがとうございます。心にしまって教訓にしたいです。
 


     2回目の参加です。
初女さん、スタッフの皆さま集いをありがとうございました。
 


        
                     写真:石丸久美子

    
数年前に初女さんの本「おむすびの祈り」を読ませていただき、生き方に感動し、ずっとお逢いしたいと思っていました。とても柔らかな話し方に本当に癒されました。
初女さんの全身全霊から「生」を感じました。私も今を大切に何か一つでも私ができることさせていただきたいと思いました。勇気をいただきました。
ありがとうございました。本当にお体を大切にしてください。
 


    
とても素敵な会でした。初女さんのお話にとても感動しました。
ありがとうございました。
 


     「生きるということは人の役にたつために働くということ」この言葉は私の手帳に書いてあります。
私の主人の実家が北海道の美幌という場所で岩木山と同じくらい美しく豊なところです。現代人は自然や宇宙の豊かさを感じる機会が少ないために心や身体が疲れてしまうのだと思います。知識や物ではなく何もないところから生み出せる智恵や喜びが大切です。
「料理はおもてなしの心」ということで丁寧に家族で日常生活をしています。
初女さんの10年来のファンです。勇気が出ました。先のことは考えずに子供を持ちたいと思いました。ありがとうございました。
お肌がツヤツヤで内面の輝きを感じました。

◆ 参加できて本当に良かったです。ありがとうございました。

    
とてもあたたかい時間でした。初女さんとてもチャーミングでいらっしゃって、大先輩にむけて失礼かと思いますがとても可愛らしかったです。
私も悲しみの時間もありましたが、「今」はこうしてこの会場に来れて幸せです。
初女さん、スタッフの方々ありがとうございました。


         
                          写真:石丸久美子

 【40才以上】

◆ 心おだやかな時間が流れる集いに参加でき幸せに思います。
この頃、自分の未熟さ、足りなさを感じることが多いです。
それは感謝、今ここにあることへの感謝を失っている日々をからです。
それに気づきました。初女さんのお話を聞き、今を生き、努力します。
それは私にもでいることがあるからです。私の中にも神がいるからです。
ありがとうございました。

◆ 初めて参加させていただきました。
今このときを一生懸命に自分のやるべきことをする。初女さんにとても大きな力をいただきました。見習って生きる、を満足するよう過ごして行きたいと思います。
本当にありがとうございます。お会いできて嬉しかったです。ありがとうございます。
わかりやすい説明やあたたかい言葉をありがとうございます。


    
森のイスキアを訪れさせていただきたいと何度かご連絡させてもらっております。将来、初女先生に少しでも近づけるよう日々精進したいと思っております。
イスキアに是非伺って初女さんのおにぎりを一度食べさせていただきたい。
料理を仕事にしておりますので初女さんのおにぎり精神を是非私も広める小さな力になりたい!また連絡させていただきます。


◆ とても気づきの多い時間でした。ありがとうございました。
初女さん、またお会いしたいです。


◆ また是非参加したいです。静かな優しい時間と空間、初女先生の声を直接伺いながら活字からとはまた違う力を感じました。素晴らしい集いでした!

◆ とても素晴らしかったです。

◆初女さんのような方がもっとたくさんいれば今、殺伐とした世の中もゆったりとした時間が流れるのではないかと思いました。お話を伺っていて亡き祖母たちを思い出しました。私は初女さんのような人になりたいです。

          

                                写真:石丸久美子
  


    
素晴らしい話に感動しました。もっともっと聴いていたかったです。本当にありがとうございました。
無限なる感謝。世界人類が平和でありますように。

◆ 食べることがどんなに大事なことかということを本当に心に染み入り聞かせていただくことができました。
最後の2枚に本当に嬉しい出会いということで、ありがたくここに来させていただく機会をいただけたことに大変感謝をしております。
今までどれだけ食べることをおろそかにしていたか思い知りました。そのことによって自分の大切な子どもを私が優しく育てられなかったことを今とても後悔です。
今日の気づきを大切に、これからは自分の周りの大事な人の命を守ることができる母になりたいと固く思いました。
本当にこの出会いに感謝いたします。ありがとうございました。
 


◆ 気づきの大切さを教えていただきました。ありがとうございました。  

    
初めて参加させていただきました。この機会をありがとうございます。
実績のあるお話を直接聞けたことに感動しました。恥ずかしいですが、泣きながらずっと聞いていました。
お話を全身で受けとめ、今ここを生きていきたいと元気をもらいました。ありがとうございました。  


◆ 調理する人=生きる姿。前に進めないとき「ちょっとお休み」。
心が生きていると気づきが出てくる。など、生活と人生のリンクがとてもおもしろく聞きました。
妹のこと、昨年48才で亡くなった従妹のこと、30才年上の友人を得たこと、今の私の中でうれしいこと悲しいことがお話の中でフラッシュバックしました。人生の棚卸しのようでした。

                                                   写真:石丸久美子

◆ 12年前に観た「地球交響曲第2番」を再び観たいと思っていたので、今回思いかけず観ることができて嬉しかったです。
初女先生は全然お変わりがなく、一貫して命を、人を、大切に大切にされて生きてこられたのだということを改めて確認することができ、私も自信をもって、そのように命を見つめ、心をこめて生きていけばいいと励まされたように感じました。
 


    
一つひとつの言葉がじんわりと胸に染み入りました。
自分の質問に対するお答えはいただけませんでしたが、他の方々への一つひとつ丁寧に答えられている初女さんのお姿を見ていたら、そのお姿を見ることができただけでよかったのだと思いました。質問の答えは“初女さんならどうおっしゃるだろうか”と問いかけて自分なりの答えを探したいと思います。
本日はこのような機会を与えていただいて本当にありがとうございました。

◆ 初女さんのおにぎり講習会を開催していただけると嬉しく思います。 


    
90才という年令を意識してしまっていましたが、実際にお会いした初女さんは、ただひたすらそのまま生きているだけで特別なことはないですよ、というお言葉どおりごく自然体で透明感のある方でした。
映画から20年が経過したとのことですが、今を大事にしながら自然に寄りそい年を重ねることの美しさを感じました。
ゆったりおだやかな時間をありがとうございました。

◆ ガイアシンフォニーを観たいと思っていたので、今日DVDを上映してもらえて嬉しかったです。
相手の質問(心)をじっくり読み解きながら、ゆっくり丁寧に質問にお答えする姿に感銘しました。講演中、随所で涙があふれました。


        
                 写真:石丸久美子

    
初女先生を知ったのは地球交響曲でした。映画を拝見して間もなく森のイスキアを訪問する機会が巡ってきて初女さんにお会いすることができました。
イスキアでのひと時が私にとってかけがえのないものとなりその後徐々に再生することができました。
今この時に再び映画を観、初女先生にお目にかかれたこと、とても幸せに思っています。初女先生も小さくなった体とは裏腹にとても力強いものを感じました。
これから教えていただいたことを胸に、今を大事に生きていこうとあらためて思い直しました。このような機会を得たこと本当にありがたく思います。
初女先生、スタッフの皆さまお疲れさまでした。

◆ 今を生きる大切さを確信することができました。さまざまな生きる姿勢を学ばせていただくきっかけをいただきました。
食事をなおざりにしてきた自らの生活をもっと心をこめてできることから一つひとつ豊かにしていこうと希望をいただけました。
本当にどうもありがとうございます。これからもお元気でお過ごしください。
またお会いできる日を楽しみにしています。
 


    
日常での気づきの大切さ、神様に代われる誰かがきっと傍にいてくださる、出逢いを大切に、食べることと生きること、お話の中に心に響く言葉がたくさんありました。愛する家族、自分にとっての宝を亡くし、大病もし、哀しみと失意の時間を過ごしました。辛いことが多すぎるのでは?と感じる日々ですが、今日こうして初女さんにお会いできてお話を伺えて本当に心がおだやかに癒されました。
笑いもありでお茶目な初女さんにほっこり気分を与えていただきました。
今度、イスキアへ是非足を運ばせていただけたらと願っております。
初女さん、お身体を大切にいつまでもお元気でお過ごしください。
この集いの場を作ってくださった小さな森東京の吉田さま、そのほかの方々へも感謝を申し上げます。今日はありがとうございました。


    
「面倒くさいはさびしいです」「冬の中にも春があります」が心に残りました。
初女さんの言葉一つひとつが今の私に響きました。
ほんとうにありがとうございます。

                                                    写真:石丸久美子

【50才以上】

     ガールスカウトの本の中で初女先生のことを知り今日までお会いするチャンスを待っていました。仕事で大勢の子供達をお預かりしていますが、子供達が生き生きと自分の力で生きていけるように手伝っていこうと心を新たにしました。
ありがとうございました。


     同じ時間を共有させていただきありがとうございました。
語りがとてもおだやかで心地よく、更にキレがあり(質問の答えに)楽しく時が過ぎていきました。いつか森のイスキアでお会いしたいです。


     今日は群馬から参加させていただきました。
おいしいと感じた時、生きる力がでてくること、ということが印象に残りました。
食の大切さを痛感しています。
簡単に作り、口に合わない、まずい・・・、心が満たされない。
丁寧に心をこめて楽しく食べる。食べてる時、心で感じることが本当の心。
体が喜ぶおいしい食べもの。感謝の心でいただく。心が満たされる。―――豊か。
大地にある緑の野菜、湯がく⇔ゆでる(違い)。大切:ちょっとお休み。
今を生きる。希望と夢。

◆ お元気な初女先生にお会いできたこと本当に嬉しかったです。日常の雑事に追われ感謝も祈りも忘れている自分を反省しました。
こんな集まりを企画してくださった実行委員会の皆さまに心よりお礼申し上げます。

◆ 初女さんの「生き方」の素晴らしさに打たれました。
そしてこの企画をしてくださった吉田さんご夫妻にも心から感謝申し上げます。
私も、ささやかですが「心を病む人」「心が疲れた人」たちに神様を信頼して、これまで以上に自分を明け渡して、祈りのうちに自分を差し出したいと思いました。
「受ければいいのよ」。私に言われた言葉として大切に持ち帰らせていただきます。
感謝をこめて。


        
                         写真:石丸久美子

◆ 「小さな森の詩」はとても素敵です。譜面の苦手な私にも音がとれました。
詩の中味もイスキアそのもの。メロディーも口ずさみやすくて大、大、大好きです。
初女先生の力まない生き方は賜物です。また来年もお聞きしに参ります。心よりありがとうございました。
イスキア行ったことがないのですが、申し込んだらいけるのでしょうか。
是非岩木山を見てみたい。森を歩きたい。鐘の音も聞きたい。何よりもおむすびをいただきたい。

◆ 初めて参加させていただきました。
とても良い時を過ごすお恵みに感謝いたします。

◆ 子供達も独立し時間に余裕ができた今もう一度日常の衣食住を大切にして行きたいと思っていたときに、遠方の友人より誘いを受け参加させていただきました。
こても心に沁みるお話の内容とお言葉で感銘を受けました。

◆ 二度目ですが新しい気づきをいただき感謝です。一日一日を感謝をもって大切に過ごしたいです。このような場を作ってくださりありがとうございました。

◆ 今日来てよかったです。社会の為、人のために先ず動かないと気づきがないという言葉が印象に残りました。

◆ 「すべてのもに感謝し、感謝と共にいただく」初女さんのこの言葉が重かったです。先日もTVでやっておりましたが、自給率40%を切っているこの国なのに食物の廃棄率がとても多いという現状、「もったいない」という精神はどこへ?と思いました。そこに食への感謝の気持ちがない・・・。
今日は本当に考えさせられる一日でした。
初女さん今後もどうかお元気で・・・。応援しております。



           
                            写真:石丸久美子
   


     私はキャンセル待ちで受け入れていただきおかげさまで貴重な体験をさせていただき大変ありがたく思います。吉田さまには私の地区の震災ボランティアまでして頂いてありがとうございます。
佐藤初女さんのことは前から心に残っておりましたが、まさか東京でお会いできるとは思いませんでした。初女さんの飾らないお人柄、生き方は人として女性としてのお手本です。質問も読んでいただき答えて下さった言葉をかみしめ心の糧にしていきたいと思います。本当に夢のようでした。ありがとうございました。
 


     始めてイスキアの集いに伺わせていただきました。  


    
初女さんは本当に人のために生きてきた素晴らしい女性でした。


     この集いに参加できたことは大変ラッキーだったと改めて感じます。
初女さんにお会いできたこと、これほど幸せに感じたことはないくらいで感激と感謝でいっぱいです。このような機会を得られたこと心よりありがたく思います。
次へと何かをつなげてゆきたいと思います。


◆ 初女さんありがとうございました。
今日のお話の出会いという言葉が心に響きました。そして何と、今住んでいる町で同じ職業をしている友人と偶然この会場で再会しました。この出逢い、今日の新たな出会いを大切に今自分のできることを共に考えていく一歩となりました。
ありがとうございました。


     今日はご縁がありこの会場に来ました。私は青森出身です。
同じ里の方の生き方を心おだやかに見ることができました。山、川、空、そして菊の和え物、人参の和え物、みな懐かしく早く親の顔を見に里帰りしようと思います。

                                                写真:石丸久美子

【60才以上】

◆ 美しい空気の生活が人も植物もみな必要ですね。

◆ 素晴らしい時間を過ごせ幸せをかみしめています。私も78才ですが生きること感謝いっぱいです。食べることが心に通じることよくわかりました。ありがとうございます。

◆ 先生の今、その時々と生き方の自信がすごい。この信念が91才の現在もしっかりした顔、目、耳を持ち続けていらっしゃるのですね。
私も71才となり今を大切に無駄な時間をしないようにいき続ける力をいただきました。感謝を何にでももっていきます。


◆ 今日、来場の前に予想していた方とは違い、とても年より若く、話の内容も現実的で私のこれからの人生に役立てたいと思います。人生観が変わりました。


     動の祈り、感動しました。

◆ 初めて講演会に参加させていただきました。
映画の中で初女さまの命あるものへの慈しみの精神がすごく良くわかります。
息子を亡くしてから命あるもの(動物でも植物でも)への考え方が変わりました。
害虫さえも(蚊やハエ)殺すことをためらいます。
過去のことを嘆いたり後悔したりばかりで毎日を過ごしていましたが「今を大切に生きる」という言葉が大変納得がいきました。これからは取り越し苦労などせず今を大切に行きたいです。今日はどうもありがとうございました。


     20年位前にガイアシンフォニーで佐藤初女さんのことを知ってからずっとファンでしたが、今日ここに23才になる娘と来られて幸せです。こんな集いを開催してくださったことに感謝します。
定年のない人生を私もいきたいと考えております。


           

                             写真:石丸久美子

     自然体の初女さんの生活、声がとても素敵でした。

◆ 初めて参加させていただき自分の日常も考え直さないといけないと思います。
自然の恵みに感謝をしなければと思います。
田舎で育った子供の頃を思い出します。


◆ 久しぶりのガイアシンフォニーを拝見してとても嬉しかったです。
以後、(10数年前)埼玉で初女さんの講演を伺っていつか森のイスキアを訪問したいと思っています。
“毎日毎日を大切に生きること”反省することばかりです。自然の恵みを食べてしっかり生きること、たくさんのこと教えられました。
今日はお話を伺い心が晴れました。ありがとうございました!
イスキアの集いに始めて参加させていただきました。
スタッフの方々お疲れさまでした。感謝します。


     話し方、声もすてきでした。面倒くさがらずにいろいろなさるのはすごいですね。
“今”を生きようと思いました。


    
今日と明日は違っていい、本当にそうですね。
毎日の時間を大切にそして感謝を、前を向いていきたいと思います。
そして、弘前の自然のイスキアの家を訪問したいと思いました。

◆ 本日はありがとうございました。生きることの大切さはいつも感じています。
食事に手を抜かない、面倒がらないことはこの年になってやっと気づきました。
若い頃は早く早くと子をせきたてていたことが悔やまれます。気を長くのんびりとあるがままを生きるということを常に心がけていきたいです。
どうぞお元気でお過ごしくださいませ。


          

                      写真:石丸久美子

 

 

 

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.