2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

TOPICS

 

森のイスキアの歩み
   (2009.11.4)

鐘楼完成の祝別式
   (2009.11.4)

佐藤初女さん講演会

 2014年1月18日(土)
    (東京都)


 2014年1月25日(土)
    (大阪市)

  
 2014年2月8日(土)
    (和歌山市


 2014年5月25日(日)
    (東京都)


イスキアの集い

 
 ・第10回イスキアの集い
   2014年6月14日(土)

 ・第9回イスキアの集い
   2013年6月1日(土)

  ・イスキアの集い[
   2012年6月9日(土)

  ・イスキアの集いZ
   2011年6月5日(日)
 

  イスキアの集いY
   2010年6月5日(土) 
 

  ・イスキアの集いX

   2009年6月6日(土)

 

  ・イスキアの集いW

   2008年5月31日

 

 

  ・イスキアの集いV

   2007年10月20日

 

 

  ・イスキアの集いU

   2006年7月2日

 

 

  ・イスキアの集いT

   2005年12月18日

 

  ・映画と講演の集い

  2004年 11月19日

 

 

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   イスキアの集いZ    開催にあたって   イスキアの集いZを終えて 


               

イスキアの集いZ・・皆様のご感想

 
                                        2011年6月14日


 6月5日(日)のイスキアの集いZは、満員の会場がひとつになって温かな雰囲気のうちに終了することができました。

65人の方から当日感想が寄せられましたので掲載をご了承くださったものを原文のままご紹介いたします。当日の雰囲気が皆様に届けられたら幸いです

尚、わかち合いのとき初女さんが質問を読み辛そうだったのでスタッフが読んで差し上げてはどうかというご提案が今回も寄せられました。
 初女さんはマイクを通しての音声が聞き取りにくいことがあるということで現在のやり方を希望されています。ご理解を賜りますようお願いいたします。
 初女さんのことをご心配いただきありがとうございます。
(吉田)

     

    ↑ 満員の会場はひとつになっていました。           写真:岸圭子
                 


 【30才未満】 


◆ 「調理は手間をかけること。それは人生そのもの」という言葉が心の響きます。
初女さんの生き方がわかち合いの際、表れていたような気がします。
「そんなこと自分で考えなさい」「人に依存するなよ」と思う内容であっても、落ち着いて丁寧に答えている姿。まだまだ、初女さんのことを知らないのですが、母というものなんだなー、と感じました。
子ができたとき、今日の初女さんの姿を思い出したいと思いました。
ありがとうございました。

◆ 今回、初めて初女さんのことを知り、このような集いに参加できたご縁に本当に感謝いたします。

イスキアでの初女さんのやさしい活動を知ることができ、私もこれから初女さんを見習って人に優しく接し、心を込め美味しいおにぎり、食事を作れるように頑張っていこうと思います。どうもありがとうございました。
  


    
初女さんと一緒の時間が、とてもゆっくりと優しく感じて。温かい気持ちになりました。ただ、自分をありのままに表現すれば、それで良いのだと初女さんの姿を見て思いました。どうしても、うまく物事が進まないと焦ったり、落ち込んだりしてしまいますが長い人生と思って、一歩ずつ進める自分でありたいです。
初女さんにお会いできて感謝です。これからも元気でチャーミングな初女さんでいてください。
ありがとうございました。

 


           

            ↑演題は『いつも感謝の心で』でした。    写真:岸圭子

 

【30才以上】

◆ 初めて初女さんにお会いできて本当に嬉しかったです。
長い時間を端的にまとめる頭のよさ、抽象的でないアドバイス、ユーモアもあり本当に素敵な女性と思いました。私のおばあちゃんも初女さんと同じ年です。
また、このような機会をよろしくお願いいたします。
 


    
初女さんがざっくばらんでユーモアにあふれていて頼もしかったです。これからのビジョンも見えてきました。できれば、初女さんの非常食について聞いてみたかったので、機会があると嬉しいです。
ありがとうございました。


    
子育て真っ最中の私です。仙台に実家がある初女先生のお話は、今の心の持ちよう、子どもとのかかわり方において本当に勉強になりました。
伝えていくこと、実践していくこと、受け止めること、これらを心に留めて今を生きられるよう努力したいなあと思いました。


    
初めて参加しました。参加できてとても本当によかったです。
誠実に一つひとつの質問に答えてくださる初女さんのあり方に力をもらいました。
明日からまた、自分のできることを少しずつやっていこうと思います。遠方からいらした方もいたとのこと、初女さんはご高齢ですが、さまざまな場所でできたらいいですね。


     質問や相談のお答えが階段を一段一段順番に上っていく内容であったことにとても力をいただきました。
今日の機会を作ってくださったこと、尽力していらっしゃるスタッフの皆様に感謝です。ありがとうございました。


     初女さんのおにぎりを食べてみたい。包丁を入れる一つひとつに思いが込められているように感じました。食材のありがたさ、食べることのありがたさ、食事の大切さがよく分かりました。ありがとうございました。


       
       ↑「卒寿」おめでとうございます   写真:岸圭子

    
今年、楽しみにしています。今日はありがとうございました。
子育て、芽をつぶさず頑張ります。

◆ 今日はありがとうございました。
「調理は生きる姿勢と一体、という初女さんの言葉にドキンとしました。
早く家に帰って家族にご飯を作りたいです。
初女さん、ありがとうございます。スタッフの皆さま、ありがとうございました。


    
このような集まりに参加させていただけたことに感謝しております。
応募させていただいた時とは状況も変わり、今の自分に必要な話を聞かせていただけたことに驚きもありました。また参加させていただけることを楽しみにしています。
愛知県の方でもこういう機会があれば尚嬉しいです。ありがとうございました。


     以前、一度講演を聞きましたが、また今日聞かせていただき新たな気づきをもたらしてもらいました。本当にサラッと、淡々とさりげなく、実際にやることは難しいことをおっしゃるので、すごいなあと、そして私も少しずつでもそうなれるよう実践するようにしたいと思います。新たな勇気、気合をいただきました。                 


    
このような「場」がたくさんあると人が救われるのだと実感しました。
今日このタイミングで参加できたことに感謝です。ありがとうございました。
 
 


    
初女先生のゆっくりとしたお話。DVDに出演された方もおっしゃっていましたが、隣にいるだけでいい、同じ場所にいるだけでいいと思いました。
何かを伝えるより、聞いてあげることの大切さを改めて思いました。
 


    
初女さんのお話、わかち合いの回答に普段の自分の考えや迷いが小さなものだと思いました。
 


       

    
今回初めて参加させていただき、佐藤初女さんにお会いできてとても良かったです。また、機会がありましたら「森のイスキア」にもいってみたいと思いました
今日はありがとうございました。
 


    
初女さんの本を読んでから3ヶ月あまりでお会いできる日が来るとは、感動と今日を迎えるまで心がわくわくしているのがわかりました。
明日からも自分にできることをこつこつと、生かしていただいていることに感謝しながら過ごしていきたいと思います。
 


     今日はありがとうございました。初女さんにお会いして私もおだやかに歳を重ねたいと思いました。イスキアのような丁寧な食事を心がけたいと思います。

◆ 初女さんにお会いできてよかったです。幼児教育の重要性を感じました。
DVD上映はもう少し短くてよいのではないかとおもいました。

◆ すべてを手にした人間、便利で食べ物もあふれている。でも、世の中、人の心は乾いているようです。また、たくさんの方が、心にポッカリ穴が開いたようで、自分は何のために生きているのか、生きる価値があるのか・・・・、と悩んでいることは、人間が命をあまりに軽く見ていた長い年月の結果だと思います。人は生きる使命が必ずあると思います。今の人は気力が無いのだと思います。大地、地球、自然は時に牙をむきますが、すべてを受け入れ、私たちは生かされていることに感謝をして、命を見つめ直す時が来ていると思います。地震や世界各国で起こっている有事は地球のメッセージのように思えます。
会場の雰囲気が良かったのも、初女さんの安らぎとともに来ていた方々が皆同じ想いを持っていたからだと思います。

◆ 初女先生、今回お会いできたこと、お話を伺えたこと、このご縁に心から感謝の気持ちでいっぱいです。先生のお話を聞いて、母のにぎったおむすびが一番美味しかったことを思い出し涙がでてきました。
私が今度は愛を与える番。先ずは家族から。がんばります!
またお会いできる日を願って。どうぞお体に気をつけて、お元気でお過ごしください。


    
初女さんのお姿を拝見でき、心のこもったお言葉をお聞きできたことが本当に嬉しかったです。また、私が書いた質問も優しく的確に答えてくださり心から感謝申し上げます。今日、初女さんからいただいたお言葉をいつまでも心に残します。
どうかお身体に気をつけてお元気でお過ごしください。今日は本当にありがとうございました。スタッフの皆さまにもお礼申し上げます。



   

           ↑初女さんのサインは祈りです。  写真:岸圭子


  【40才以上】


    
わかち合いの時間がとてもすばらしかったです。お人柄が表れていました。
ますます大好きになってしまいました。
 


    
初めてDVDを拝見しました。とても見ごたえがあり感動いたしました。ありがとうございます。
今の世の中すべてスピードや効率優先になってしまっています。そのような中、真に大切なものに気づくことができた貴重な集いでした。
スタッフの皆さま、手話通訳の方、ありがとうございました。
 


    
今日初めてお話を聞くことができました。毎日の生活を感謝しながら過ごしたいです。

◆ 長年憧れていた初女さんのお話を直接聞けて嬉しかったです。ゆっくりのテンポのお話しぶりが、まず、こちらの心を落ち着かせてくださる気がしました。
人の話を聴くこと、伝えようとするあまり、自分の意見を相手に伝えることを重視していたことを反省させられました。子どもに対しても聞くこと、そして「愛情ある助言」なのかどうか、自分のいつもの言動をもう一度振り返ってみなければと考えさせられました。大切なことに気づかされた気がします。話し方のテンポの心地よさも見習えたらいいなと思いました。ありがとうございました。
 


    
約15年位前ガイアシンフォニー2番を観てから、初女さんにはいつかお会いしたいと思ってきましたが、それが今日実現し、とても嬉しかったです。
肩に力をいれず、気負わず、「今できることを精一杯していく」ということを学んだ気がしました。 
スタッフの皆さまも皆やわらかい雰囲気を発していて、参加させていただき本当に心がほんわりしました。本当にありがとうございました。
 


    
吉田さんをはじめスタッフの皆さまにご親切にしていただき、大変嬉しく思いました。こちらのミスにもかかわらず温かく受け入れていただき感謝しております。
本当に嬉しくて、涙がでるほど、尚且つ、初女さんの温かいお言葉に触れ、喜びあふれています。じっくりと生きます。


       

    
すばらしい機会をありがとうございました。生のお話を聞くことができ感謝でした。わかち合いの時、質問は司会の方が読み上げてさしあげる方がよいのではないでしょうか?ときどき、辛そうにお見受けしましたので・・・。
また是非開催していただきたいです。佐藤先生どうぞいつまでもお元気で。先生の想いが広く、多くの方に伝わり、届けられますように。

◆ 本当に楽しみにしておりました。ずっと映画を観てから、一度イスキアに行ってみたい、一度お会いしてみたい、やっと本当にお会いできたこと嬉しかったです。
気負いもなく、ありのままのお話は心がほっといたしました。もう二度と会えないかもしれません。しかし、この日のお話を胸に抱き生きてまいります。
どうかお元気で。ありがとうございました。
 


    
初めて参加して、充実した講演会、本当にありがとうございました。


    
ガイアシンフォニーを観ていつか初女先生にお会いしたいと思っていました。
今日やっと・・、この日に感謝したいと思います。ありがとうございました。

◆ 分ちあいの時間で一人ひとりの質問に丁寧に答えてることに感動しました。ありがとうございました。
                    

     初めて参加させていただきました。相手の気持ちを受け止めることの大切さがよくわかりました。少しでも日々の生活の中で実践できるよう心がけて生きていきたいと思います。ありがとうございました。


     聞いてあげること、待ってあげること、急かさないこと、うまくいかないときは少し休むこと。心に沁みました。ありがとうございました。

     初めて参加させていただきました。とてもよかったです。欲しかった本が売り切れで残念でした。

◆ 先生がメッセージを読むのが大変そうです。質問はスタッフが読んで、先生がそれに答えたほうが良いと感じました。よろしくお願いいたします。

       
       ↑ いつも感謝の心で      写真:岸圭子

◆ 初女さんにお会いできて嬉しかったし、お元気な姿、質問をご自分の頭でまとめて伝えてくださるところに感動しました。
このような会を持ってくださった事務局の皆さん、本当にありがとうございます。
私も小さな気づきを大切にして小さなことでも一歩一歩体験し、時に休んだりしながら毎日を過ごしていこうと考えています。

◆ 本日はイスキアの集いに参加させていただきありがとうございました。
初女さんからたくさんの気づきをいただくことができました。家族の関係や子育てのことなど、叱るときに感情に流されずに子どもの心を見つめて、静かに語ることなど、またふと立ち止まってみることなど、とてもいいお言葉をいただきました。ありがとうございました。初女さんが毎日命を見つめて食事を作っている姿がよくわかりました。私も学んでいきたいです。

◆ 鹿児島から来ました。調理師をしています。
初めてイスキアの集いに参加しました。お逢いできてとてもありがたいです。
「生きることの基本は食」本当に大事だと感じています。「生きる力になるのは食」それをもっと大事にしていくことが大切だと再認識しました。シンプルな「おにぎり」食の大切さを時代を超えて伝えていくことが大切だと思いました。「心の健康」「身体の健康」の基本をいま改めて考えていく時期になっているのではないでしょうか。そして気づくことで、みんなが幸せになっていくのではないかと思います。
初女先生、是非、鹿児島にもいらしてくださいませんか。そして、親子に伝えていけたらと思います。

◆ 昨年おむすびの祈りを読んだことがきっかけで,講演会などいつか直接お会いできる日を楽しみにしていました。今日、初女さんのお姿を拝見することができて、鹿児島からやってきて本当に意味があったと思いました。
仕事柄、病気や死と向き合う患者さんと接する機会が多いのですが、自分自身のあり方を問われる場面が増え、苦しいなと思うこともあります。
でも、今日改めて焦らずにいこうと思いなおしました。自分自身の思いを大切に信じて目の前のことを丁寧にやっていくこと、食をはじめ命の尊さを味わう人生を生きていくこと、そのことが私自身のあり方を作ってくれるのだと思います。
頑張ってやっていきたいと思います。この日にお会いできたことに感謝いたします。

◆ とても心地よい時間を過ごすことができました。初女さんの「愛」をいただきありがとうございました。

◆ 卒寿という初女さんのお元気な様子やお話にとても感動しました。和やかにわかち合いを含めて初女さんの口から出てくる言葉がどれも簡潔で温かく、とても分かりやすく楽しかったです。ありがとうございます。初女さんの健やかな毎日をお祈りしています。



           
                            写真:岸圭子

  【50才以上】 


     趣味の書道の教室でチラシを見て初めて参加しました。ぜひ近いうちに青森の先生の森のイスキアへ伺いたいと思っております。よろしくお願いいたします。私の母より20才近くお若い先生にお会いできてとても嬉しかったです。  


     本を読み、是非お話を聞きたいと参加しました。お年を感じさせない力強いお声、経験の積み重ねの中で磨かれたお言葉が胸に響きました。弘前の森のイスキアがこれからも末永く続くことをお祈り申し上げます。
私は自分の足元からおむすびの実践をしていきたいと思います。
 


    
医師から癌かもしれないと言われ、その1週間後に東北の地震。叔母や従兄弟が福島県におります。
そんな折、初女さんを偶然テレビで拝見しました。叔母たちの話す、福島の言葉の響きと似た、やわらかな弘前の言葉に、何かしら懐かしさも感じたのかもしれません。
そして機会を得て、今日の講演会に参りました。ありがとうございました。


     質疑応答の時間がたくさんあり、皆さまいろいろな悩み、思いを抱えて生きておられることがわかり勉強になりましたし、先生のお答えがなるほどと心に入ってきてありがたく思いました。
”食”の大切さもよくわかりました。「おむすび」はこころとこころを”むすぶ”ものなのですね。本日はありがとうございました。


     直接お話を伺うことができて、初女さんのお人柄に触れることができてよかったです。

◆ 初女さんの簡潔で分かりやすいお話はすーっと心に沁み込み、温かい、そしてすがすがしい気持ちになりました。食べることを大切に、元気に生きていきたいと思います。ありがとうございました。

◆ 初めての参加でした。誠実なお人柄が伝わってきてとても嬉しかったです。
DVDの中で一つひとつ手にとって形を整えられている梅干がうらやましかったです。

◆ 私の里の岩木山を見、懐かしい想いがよみがえりました。

自然の恵みの中でありのままに生きられるというすばらしい生き方!
ありのままを受け止め感謝する喜び、これからも忘れないで生きていきたいと思いました。


     初めての参加です。お話を伺えて嬉しかったです。人のため何ができるか考えるときが多くなりましたが、先ず、身近な人の話をよく聞くことだと感じました。
ありがとうございました。ご自愛ください。


           

                                写真:岸圭子

     90歳というお姿に励まされます。ますますお元気で皆を見守ってください。

◆ 3月11日の震災は、初女先生にとっても大きな出来事だったと知り、凡人のわたしがウロウロするのは当たり前と少しほっとしました。
”今足元を見てできることをして、皆で復興を目指す”と言葉で言うのは簡単ですけれども、という言葉はとても心に響きました。
“生かされている”という言葉に以前からもうひとつ分からない気持ちがありましたが、 ”そんな大きな偉大なことをするために生かされている”という意味ではなく、いのちを頂いていることに感謝するということなのかなと私なりに思えてきました。

何かひとつまとまった事もできないでいると、家族にも、仕事にも中途半端なような気がして焦りもあります。
来年は人生の折り返し点です。さて、どのように生きていこうかとまだ模索中です。
本日のビデオを見て寒さの大嫌いな私ですが、そうか雪もいいものかもと思えてきました。ありがとうございました。


    
先生のお話を今年も伺うことができ、お元気なお姿に出会うことができて嬉しく思っています。息子との関係が少しでも改善されるように頑張ってみたいと思いました。ありがとうございました。また来年お会いできることを願っています。

◆ 今年の2月に申し込んで以来、今日の日をとっても楽しみにしておりました。
初女さんにお会いでき、生の声を聞くことができ、そして質問を読んでいただき感謝です。そして今日の出会いに感謝しております。
元気をいただきました。また明日から笑顔で頑張ります。ありのままの自分で。
どうもありがとうございました。


     次回も参加したいと思います。イスキアも訪れてみたいです。
是非、お元気でこれからもたくさんの方々の心の拠り所になってください。本日はありがとうございました。


    
わかち合いの時間は自分を振り返る貴重な時間でした。
是非、またこのわかち合いの含まれた企画をお願い申し上げます。
スタッフの皆さま誠にありがとうございました。

 

 

 

 

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.