2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

TOPICS

 

森のイスキアの歩み
   (2009.11.4)

鐘楼完成の祝別式
   (2009.11.4)

佐藤初女さん講演会

 2014年1月18日(土)
    (東京都)


 2014年1月25日(土)
    (大阪市)

  
 2014年2月8日(土)
    (和歌山市


 2014年5月25日(日)
    (東京都)


イスキアの集い

 
 ・第10回イスキアの集い
   2014年6月14日(土)

 ・第9回イスキアの集い
   2013年6月1日(土)

  ・イスキアの集い[
   2012年6月9日(土)

  ・イスキアの集いZ
   2011年6月5日(日)
 

  イスキアの集いY
   2010年6月5日(土) 
 

  ・イスキアの集いX

   2009年6月6日(土)

 

  ・イスキアの集いW

   2008年5月31日

 

 

  ・イスキアの集いV

   2007年10月20日

 

 

  ・イスキアの集いU

   2006年7月2日

 

 

  ・イスキアの集いT

   2005年12月18日

 

  ・映画と講演の集い

  2004年 11月19日

 

 

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   イスキアの集いY    開催にあたって   イスキアの集いYを終えて 

               

イスキアの集いY・・皆様のご感想

 


 2010年6月5日(土)のイスキアの集いYは、おかげ様で無事終了いたしました。

当日は満席となり、60人の方が感想を寄せてくださいました。

掲載をご了承いただいた皆様のご感想を年代別に整理してみました。
 当日の雰囲気が皆様に届けられたら幸せです。
(吉田)

 

    ↑ 演題は「今を生きる」でした。                   写真:岸圭子
                 


 【30才未満】

       おにぎりを丸く作るのは、作ったことがないけど、丸いおにぎりを作ってみたいです。お話を聞いて、いのちの大切さ、食べ物の大事さが分かったと思います。

今日はありがとうございました (12才)

 

     参加させていただきありがとうございました。 一つ一つの質問に答えていただいている姿は、初女さんの丁寧な生き方だなと感じました。
自分の中のキーワード「感謝」「今を生きる」、このようなことを人生の先輩が体験を通したお話が聞けて励みになりました。
「食事・調理する心や姿がその人の生き方」というお話を聞いて、自分の今日までの生活を考え直します。
心の思うことを行動に移せるようになりたいなあ。ありがとうございました。


     1月に申し込んだ時からずっと楽しみにしていたので、今日初女さんの声を生で聞けてとてもうれしいです。今日のお話から二つのことに気づきました。まず、気づいたことがあったり、悩んでいることがあったらどうしたらいいかを考え、生活の中で工夫するということです。私はまだまだ工夫が足りなかったと思ったので、今後はもっと工夫するということを実践しようと思います。
それから、今大学でこれからの進路のことを悩んでいたのですが、今を大切にすることで進む道は見えてくるという話を聞き、とりあえず悩むより今を大切にしようと思います。今日ここで感じたことを忘れず、今を大切にして生きていこうと思います。
ありがとうございました。

 

     とてもよいきっかけになりました。


           

            ↑今、このときの出会いを大切にされます。     写真:岸圭子

 

【30才以上】

◆ 講演の話も分かち合いも丁寧にお話いただきありがとうございました。これからわけのわからない先のことを心配するのではなく、今、この瞬間を大切に生きていくことを意識したいと思います。
また、わかち合いのとき、私の質問に「この方は自分で分かっている」とおっしゃっていただき、自分の目指すところは間違ってないんだと確信できました。自信を持ってとにかく行動していきたいと思いました。スタッフの皆様、このような機会を作っていただきありがとうございました。

 

     本日は本当に本当にありがとうございました。
とある本で初女さんの存在を知ってからずっとお会いしたいと思っており、今日この日をとてもありがたく思い、楽しみにしておりました。

このような集いを続けていらっしゃるのは大変意義あることと思います。
私も自分の生き方でイスキアやっていきたいなあと思っています。
ありがとうございました。


     難しい質問をしかも丁寧にお答えくださった初女さん。

私も忙しさを理由に日々の作業をおろそかにせず、工夫して実践していきたいです!!

よき学びがたくさんありました。本当にありがとうございました。


     今日来ることができて本当によかったです。
初女さんの美しさに感動しました。ありがとうございました。


       ↑丁寧な筆の運びにも初女さんの祈りが込められています。        写真:岸圭子

 

     無条件に話を聴くことをやってみたいと思いました。ありがとうございました。


     今日は「イスキアの集い」を主催してくださった吉田さん、そして、初女先生に遭えましたこと心から感謝いたします。

また、今日の初女先生の言葉を受け止めて前に進みます。ありがとうございました。

祖母に再会できた心穏やかな気持ちになれました。

 

     悩みや迷いに対して教えを説いたり諭したり・・・。そのようなことも確かに大切だと思います。
しかし、時間や空間、そして命をいただく食卓を共有することにより、人間を「矯正」ではなく、本来備わる自然な姿にもどしていく・・・。

イスキアにはそのような空気があるのだと思いました。まさに、優しくつつんでくれる母のようですね


     森のイスキアの丸い食卓が印象的でした。
旬の食材、恵みへの感謝、手間をかけることの大切さ、“母の心をすべてに”心が温かくなりました。
今日は参加がかなって本当にうれしいです。ありがとうございました。

 

     初めて、ずっと望んでいた初女さんにお会いすることができました。
今日の一日ありがとうございます。初女さんの丸い真っ黒なおにぎりを見ると母を思い出します。



  ↑初女さんのお話を皆さん真剣に聞いておられました。              写真:岸圭子

 

     初めて初女さんのお声を聞けてよかったです。話し方、動き方、触れなければ分からない人の温かさが分かりました。優しい人とはどういう人か、初女さんという人がどういう人かが、少し感じれて、ここまで来てよかったと思いました。  

 

     初めて参加できてよかったです。また次回も来たいです。梅干、毎年漬けていますが今年はより心をこめて漬けようと思います。

 

     神様のすばらしき祝福に感謝。感動いたしました。
すべての恵み、生命に感謝し、御心に従い、生かされたいと思います。
この出会いが、今からの喜び、愛あふれる未来となると感じます。
今晩、初女さまのレシピの本を見て、心をこめたお料理・食をいただきたいと思います。ありがとうございました。

 

     初めて初女さんの声を聞きました。とても心に響くお話でした。
時折笑いもあり、楽しいひと時をありがとうございました。
先のことをあれこれ考えて人生を複雑にするより、一番確かな、今ここを大切に生きる。早速今日帰って自分の手を使って心をこめてご飯を作ろうと思います。
今回の集いを準備、運営してくださった皆様に感謝いたします。
初女さんありがとうございます。お身体大切になさってください。

 

     質問に一つ一つ答えていただいて嬉しかったです。元気をいただきました。
ありがとうございました。

 

     よく分からずに来ましたが、丁寧に食材を扱い、生きる力を大切にしていることに共感しましたが、身近に解決できないことがそんなにあるということも悲しく思いました。
それを受け入れるところがあることにも安堵しました。

先のことは分かりませんが、どちらの立場もわきまえて日々の暮らしを大切にしていきたいと思いました。

 

     すべてのものにいのちがあるということに感動いたしました。本当に今を生きるということを大事にしたいです。また、お会いしたいです。



       

       ↑初女さんの眼差しはいつもやさしさに満ちておられます。  写真:岸圭子


  【40才以上】

     初女先生の自分の心を空っぽにして、人の話をありのままじっくり聴くということを少しずつ実践して、少しでも人の心を癒せるようになりたいと思います。今日はいろいろ気づきをいただきありがとうございました。

 

     今日は父と私と二人で参加させていただきました。大切な話をたくさん伺うことができました。

新しい本、今日、母にもお供えしたいと思います。
  次は、また父と伺えるように楽しみにしています。本当にありがとうございました。

 

     「今を生きる」 私も毎朝、今日一日を丁寧に、穏やかに、私にかかわっている人みんなが、そういう日になりますようにと祈っています。
それでも日常は、色々な障害に出くわしたり、悩んで、落ちこけます。
また、次の日の朝、同じように祈ります。その繰り返しです。
もっと明るく生きるために何かヒントになるものが見つかるかもと楽しみにしてきました。
「枝葉は揺れてもよい。幹がしっかりしていれば」 そうなりたいです。いつも揺れていても大丈夫なのですね。

 

     今回の講演を聞き“食事の大切さ”をますます深く感じました。
私も家庭の味を大切にして生活してきたつもりですが、つい毎日のことに流されてしまうこともありました。忙しい〜ことを理由に使ってはいけませんね。
ちょっとの工夫で手作りの味をこれから先も心がけていきたいです。
いろいろなことが起きても、先ず、受け入れることが始まりなんだという言葉が印象的でした。
この企画を教えてくれた友人に感謝して福島の地から参加できたことを嬉しく思います。


 ↑講演会の前日、初女さんの新刊本が発売されました。         写真:岸圭子

 

     今日はどうもありがとうございました。DVDも初女先生の講演も、一つ一つ丁寧にお答えなさる初女先生のお姿にも大変感銘を受けました。
また、今日から新たな気持ちで、一日一日を大切にすごしたいと思います。

また、お目にかかる日をたのしみにしております。


     何があっても青森のイスキアまで行けない方が多いと思います。そのような方にとって貴重な場ではないでしょうか。
ビデオを観て、丁寧に生きることの大切さを改めて感じました。いつも時間に追われる毎日ですが、そういう中でもふと立ち止まってみようと思います。

 

     初めて参加しました。温かいお人柄がにじみ出るお話でした。
一枚ずつ質問を丁寧に答える初女さんのお姿に、イスキアに集う、泊まりたいと思う人たちの気持ちが分かる気がしてきました。

 

     初めて初女さんにお会いしました。講演、分ちあいともとてもよかったです。
このような機会を作ってくださりありがとうございました。

 

     お元気な初女さんに毎年お目にかかれることをとても楽しみにしています。
初女さんのおむすびが私の食の原点です。


     丁寧に生きる。ゆっくりと、一つずつ・・・。目に見えるスピードは遅くても、心は満ち足りる心地よさは効率優先では味わえません。

 

     ありがとうございました。
北海道に住む母も丸いお結びです。懐かしく、また、食べたくなりました。


  

     ↑スタッフも皆さんとの出会いを楽しみにお迎えの準備です。         写真:岸圭子

  【50才以上】

 

     今年で7回目と聞き、もっと早くお会いしたかったです。
料理懐かしかったです。ミズの漬物、大鰐へ帰って食べてこようと思いました。
わたしの近くにいる人たち、一緒に食べ、悩みを聞き、我が家が癒しの家庭にできるよう努力していこうと思いました。ありがとうございました。

 

     現代人の心のむなしさを、話を聴き、命の食事を与え、そして人々に安らぎを与えられる素晴らしい方にお会いできて、自分も師として学ばせていただきたいと思いました。

 

     ゆったりとした時間と自然との語らいの時間の必要性を感じました。


     娘と友人ご夫妻を誘って講演を聞くことができ、とても感謝しています。
初女さんがお一人お一人の質問に丁寧にお答えしている姿とそのお答えの内容はとても学ぶことが多く、ありがとうございました。また来年も是非お会いしたいと願っています。


     最初のビデオを見ているだけでスーッと心が静まっていきました。
初女さんの穏やかなお声を聞いてとてもゆっくりとした落ち着いた気持ちになりました。
食事作りを、食材のいのちのことを考えながら愛しんで、感謝して、相対していきたいと思います。

台所に立つときは背筋を伸ばして大切に取り組んでいきたいと思います。
問題を抱えて睡眠も取れない状態ですが、人に求めないで、祈りつつ、食のこと、そして問題以外の好きな少し難しいことをやってみたいと今日思いました。
いつかイスキアを訪ねて、おむすびをいただきたいと願っています。
ありがとうございました

PS.初女さんのようなステキなやわらかい雰囲気をかもし出す人になりたいと憧れています。


     深い、言葉の優しさを感じました。

           

         ↑初女さんに母の愛を感じる人は多いです。 写真:岸圭子
 

     大切な子のためにと働いてきましたが、毎日の忙しさに本当に大切なものからずれていった生活でした。気がついたときはなくしてしまいました。

今を生きる。小さなことの積み重ね。受け止める。感謝する。
   思っていても何も変わらない。その通りです。
   実践。動く。ゆっくりと丁寧に生きる。をしようと努力中です。
   今日、お話を聞けて本当によかったと思います。ありがとうございました。
   真実に心にしみるアドバイスありがとうございました。

     大変複雑化した世の中で、自然なそして中立な意見、アドバイスが自分にとって必要と思ったときに迷わず訪問したい場所であり、会いたい人(初女さん)がいてくれる場所であると感じました。


     イスキアでゆったりとした、力強い生活に勇気付けられました。
小さな、主張しない、できない植物に感謝しながら、摘み取る初女さんのお姿に芯の強さと優しさを、母の姿に感動しました。

 

     生きるヒントをいただきました。母なるものを持たない生育環境で53年間生きてまいりましたが、自分自身が母になることを決心して生きていくことだと気づきました。
生きること、すなわち食べること、作ること、一つでも丁寧に作っていくことが、私の人生を立て直すことだと思いました。今日、この集いにお導きいただいたことに感謝します。

 

     今日はありがとうございました。初女さんにお会いしたのは2回目です。おかげでその時々の必要な大事なことに気づかせていただけます。この出会いが、また次のよい出会いにつながっていくことと思います。

    
     ↑初女さんとの交流は真心と真心のふれあいの時間です。      写真:岸圭子

     心に思い描いていた初女さまにはじめてお会いでき、そのお姿、お声、お話に直接触れることができ、とても嬉しく思います。“心をこめて行動する”ことを、私も大切に生きていきます。生きてきた時間が、その存在のすべてににじみ出るのですね。穏やかさ、芯のある穏やかさにとても安心感を感じ、“慈しみ”という言葉が浮かんできました。
たくさんの質問に一つ一つ大切に向き合ってくださったお姿に胸を打たれます。ありがとうございました。森のイスキアでお会いできる日を楽しみに、私も『今、ここ』を心をこめて愛をこめて生きていきます。感謝をこめて。
 
   


     今日の企画ありがとうございました。丁寧なくらし、手間をかける、今日から生活を見直していきたいと思います。
        

     初女先生の穏やかなお人柄、謙遜さが伝わってきました。たくさんの方々がイスキアにいかれることが納得しました。今を一生懸命生きていらっしゃる先生、一日一日の積み重ねが現在の先生のお姿だと思いました。私も少しでも先生のような生き方を学んでいこうと思います。 今日ありがとうございました。
先生のご健康をお祈りしています。


     初女さんのお話にいつも元気をいただいています 今回の「今を生きる」ということに先のことばかりを考えて、今をどう生きるかをおろそかにしている私も世の中も改めて考え直そうと思いました。「今」があっての「未来」です。「今を生きる」という大切なことを教えていただきました。我が家の息子たちに伝えていきます。そして、食を大切にしていきます。ありがとうございました。


     初女さんにお会いできる喜びでいっぱいです。大切な友達を誘い、初めて板橋に来ました。いい街ですね。
前から正面3列目から、お元気で光り輝く初女さんのお話が聞けて幸せです。
明日から頑張っていく力がみなぎってきました。ありがとうございました。これて本当に良かったです。
たくさんある皆さんの質問すべてにお答えになる初女さんが、私も見習って人と接していきたいと存じます。


   

     ↑初女さんとの交流を待つ人の列はホールの中まで続きます。  写真:岸圭子

     さりげないお優しさが十分に伝わってきました。人を救うのは人であると痛感します。質疑応答のときもどんな質問にも深い愛情に満ちたお答えをしてくださり本当に感謝です。ありがとうございました。

 

     自然体で生きているのがいい。無理をしないことがいい。人のために尽くすのがいい。

     是非、イスキアに行ってみたいです。早く順番が来ますように。とっても良かったです。感激でした。最初から先生の講演会をした方が良いと思います。

  

     初めてお会いし、お話を聞く機会をいただきありがとうございました。初女さんのお話のすべてが心にしみました。おいしく食べて、自分ができることを今一度考え、それを生かして人様に喜んでもらえる仕事を見つけたいと思います。それが役に立つことを信じて。

弘前のイスキアに行ってみたくなりました。

 

     10年以上も前に地球交響曲で始めて初女さんのことを知りました。迷いが大きかった時代に、本当にあのおむすびを食べにいきたいと思ったものです。

縁あって、やっとご本人にお会いできる機会をいただいて本当に幸せでした。

     
         ↑初女さん、本当に長時間ありがとうございました!            写真:岸圭子

 

 

 

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.