2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

TOPICS

 

森のイスキアの歩み
   (2009.11.4)

鐘楼完成の祝別式
   (2009.11.4)

佐藤初女さん講演会

 2014年1月18日(土)
    (東京都)


 2014年1月25日(土)
    (大阪市)

  
 2014年2月8日(土)
    (和歌山市


 2014年5月25日(日)
    (東京都)


イスキアの集い

 
 ・第10回イスキアの集い
   2014年6月14日(土)

 ・第9回イスキアの集い
   2013年6月1日(土)

  ・イスキアの集い[
   2012年6月9日(土)

  ・イスキアの集いZ
   2011年6月5日(日)
 

  イスキアの集いY
   2010年6月5日(土) 
 

  ・イスキアの集いX

   2009年6月6日(土)

 

  ・イスキアの集いW

   2008年5月31日

 

 

  ・イスキアの集いV

   2007年10月20日

 

 

  ・イスキアの集いU

   2006年7月2日

 

 

  ・イスキアの集いT

   2005年12月18日

 

  ・映画と講演の集い

  2004年 11月19日

 

 

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                            イスキアの集いW詳細  みなさまからのご感想  

               

佐藤初女・イスキアの集いW

スタッフの感想

 

 イスキアの集いのスタッフをしていて、大きな喜びは来てくださった方々との交流の場にいられることです。

 今回も心に残る出会いがありました。

先生との交流の時に先生の前に来た女の方が、とても遠慮がちにテーブルの上に手を置かれました。先生が、包み込むようにその手を握られた瞬間、その方の目から涙が溢れ出したのです。顔をくしゃくしゃにして泣いておられるのです。でも、その止まらぬ涙の向こうの瞳は、笑っていました。  

 

 ここに来るまでのその人の人生にどれほどのことがあり、どんな思いをしてきたのかはわかりませんが、先生の手に包まれた瞬間、その思いはすべて受け止めてもらえたという喜びが止まらぬ涙となって溢れたのだと私は思いました。

 お二人の間に会話はありませんでした。でも、立ち去るその方の後姿から「もう大丈夫です」という声が聞こえたような気がしました。

 私達は言葉によって救われもし、傷つきもしますが、言葉を交わさずとも深い愛はこのように伝わり、それが生きる力の支えとなることを私はひしひしと感じました。

 初女先生がこの交流の場をどれほど大切にされているかがわかりました。

 スタッフとして、こういう出会いの場にいられることに感謝しないでいられません。ありがとうございました。

山崎 直

 

 

 月日の流れの速さに追いかけられながらも、こうして参加してくださった方からのたくさんの感想を読ませていただくと、スタッフの一員として在ることに感謝しています。

 昨晩は、感想の一枚一枚をお顔が見えずとも、心の有様に、時として涙しました。スタッフとして動かせていただきながら、自分のこれまでの道を想い出し、初女先生にお会いした日の事を忘れていない心と、今の皆々様とのわかち合いが行われていることを幸せに思います。

小さな森東京の一コマとしてできることをさせていただければ幸いです。

共に喜びの輪を広げていけたらいいですね。

これを機に又一歩、日々の小さなことを大切に、初女先生にいただいた愛を育てていきたいと心に命じた今日の日です。

森のこだま 小玉一枝

     清い心と濁った心

 

佐藤初女さんの言葉の中で、最近一番よく思い出すものに、「『奉仕』とは、道ばたに置いて通りすぎるようなもの」というのがあります。自分が「よかれ」と考えて行った事を振り返らないというのは、本当に、本当に難しい。

 

つい振り返ってしまった時、自分の心の中に「にごり」を感じる事もまた事実のような気がします。それは「驕った自分」です。

 

講演会の次の日、実行委員の一人が、このような事を言っていました。「自分の中の49%が悪人である。」と。

 

「人のお役に立ちたい」と思う私と、その行為を振り返ってしまう私。清い心と濁った心の間を行き来する私。「にごり」へ流されそうになる時、ふと思い出すのが佐藤初女さんです。「こんな時、初女さんならどうなさるだろう、どうお考えになるだろう?」と思った時、初女さんの言葉は明確な答えを示してくれるのです。

  私とは違う、様々な人生を生きていらっしゃる講演会参加者の方々も、お帰りの時には大変晴れやかなお顔をされておいででした。心の中のそれぞれの「にごり」に、何か明確な解を見つけられた方もいらしたことでしょう。

 

 それは初女さんの言葉が、他所から得た知識ではなくご自分の体験を通して確信されたものだからこそ普遍的なのではないか、と「小さな森 東京」主宰の吉田さんが言っていました。

 

 多くの気づきを与えてくれた、すばらしい機会に恵まれました事、心から感謝いたします。

                             長谷川由佳  

 

         イスキアの集いWを終えて
 

 

東京で行う「イスキアの集い」は今回で4回目となりましたが、今、大きな喜びと共に参加してくださった方々、スタッフとして支えあってくださった方々への感謝の気持ちでいっぱいでございます。

当日、会場で言葉を交わさせていただいた方々は勿論、皆様からたくさんの感想を寄せていただき、読ませていただきながら本当に明るい、幸せな気持にさせていただきました。

皆様の言葉の中に「平和」「希望」「信頼」「勇気」「安らぎ」などなどのメッセージがきらきらとちりばめられているように思われてきました。

難しい言葉の説明などなくても星のようにきらめいているのが感じられます。

 

これは一体、何処から来るのでしょうか?

初女先生の言葉を皆さんがストレートに受け止めてくださっていることが伝わってきます。

そして、皆さんが心を開いてそれぞれの想いをわかち合ってくださっています。

自分の足りないところも含めてあるがままの自分を認め、自分を信頼しようという姿勢が伝わってきます。

本当の自分が自分らしい言葉で交流しているということなのでしょうか。

 

 あるスタッフが言っていました。

「私は年々変わってきていることに気づく」と。

私自身も振り返ってみて同じことを思います。

きっと、私達は共に成長させられているのではないかと。

人は、自分で変わろうと思ってもなかなか変われるものではないと思っていますが、きっと何かに変えられているのではないでしょうか。

あらためて、初女先生の次の言葉の深さを考えさせられています。

 

生きる上で小さいと思われることも大切に

一人ひとりの出会いを大切に

小さいと思っているところに大きなものがあります

 

小さな森東京 吉田俊雄

 

(写真撮影:岸圭子)   

 

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.