2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

TOPICS

 

森のイスキアの歩み
   (2009.11.4)

鐘楼完成の祝別式
   (2009.11.4)

佐藤初女さん講演会

 2014年1月18日(土)
    (東京都)


 2014年1月25日(土)
    (大阪市)

  
 2014年2月8日(土)
    (和歌山市


 2014年5月25日(日)
    (東京都)


イスキアの集い

 
 ・第10回イスキアの集い
   2014年6月14日(土)

 ・第9回イスキアの集い
   2013年6月1日(土)

  ・イスキアの集い[
   2012年6月9日(土)

  ・イスキアの集いZ
   2011年6月5日(日)
 

  イスキアの集いY
   2010年6月5日(土) 
 

  ・イスキアの集いX

   2009年6月6日(土)

 

  ・イスキアの集いW

   2008年5月31日

 

 

  ・イスキアの集いV

   2007年10月20日

 

 

  ・イスキアの集いU

   2006年7月2日

 

 

  ・イスキアの集いT

   2005年12月18日

 

  ・映画と講演の集い

  2004年 11月19日

 

 

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イスキアの集いW詳細    スタッフ感想      

               

佐藤初女・イスキアの集いW

皆様からのご感想

 

 2008531日(土)に開催しました佐藤初女・イスキアの集いWは全国各地からのご参加もあり、お蔭様で盛会裏に終えることができました。

77名の方から当日のご感想やご意見をいただきましたが、読みながら皆様の祈りそのもののように感じさせられました。掲載をご同意くださったものの中から内容の重複を避けつつ、できるだけ沢山ご紹介させていただきます。

皆様の祈りをわかち合っていただければ幸いです。

尚、後日頂いたお便りは、皆様からのお便りのページに掲載させていただきました。  

写真撮影:岸圭子)   

 

 

 

  会場の雰囲気や初女さんの穏やかな口調に豊かな心を感じ、とても落ち着いた  気持ちにさせていただけました。

参加されている方々に黙っていても感じる温かさがありました。

 

本日をものすごく楽しみにしておりました。初女さんの包み込むオーラに心が安らぐことを実感いたしました。次回もぜひ参加したいと思います。

 

佐藤さんのお話とても心に響きました。飽食の時代、何でもある時代、手間をかけないことはどんどん広がります。それが家族の崩壊になっているのだとつくづく感じます。佐藤さんのような方が、もっと若者や子育て時代の人たちと触れ合う場所が必要なのでは・・・・、と感じました。

これからもずっとお元気で!

 

心をこめて食事を作ることの大切さを教えてもらいありがとうございます。この話は、私が共働きしているときに聞いていればもっと良い子育てができたのではと思い残念です。でも、これからこの気持を忘れずに何事にもいかしていこうと思います。

 

初女さんのお話は心に響いてきました。やさしく温かなお声に人柄すべて現れているように感じました。

人、木、野菜すべて生きている命あるものに対する愛情、その命を頂いて生きている人間、すべては循環し回っている感じですね。ありがとうございました。  

 

 

今日はありがとうございます。素敵な集いでした。初女さんにお会いできるとは思っていなかったので感激です。初女さんはやはり素晴らしい方でした。お会いして勇気がいただけました。

 

  温かな気持になりました。おむすびの話のとき、おむすびの味というよりおむすびを食べて心を満たされた感覚を味わうことができました。次回も参加してみたいと思いました。心の洗濯、基点/原点に戻る為に。

わかっていても時として壁に当たり悩みます。辛い時、小さなことに感謝するようにしています。自然の悩みや健康であることに日々感謝するようにしています。

それでもイライラが続いたり、耐えるしかないのでしょうね。

いつか役に立つ日が来ると信じて。ありがとうございました。

 

書物で初女先生のことを知り、興味がわきました。友人から今回の講演の開催を知り楽しみにしておりました。先生の姿を間近に見て、また、お話が聞け感動しました。又、先生の嫌いな言葉“めんどくさい!”を自分はいかに多く行っていたか、気づいたときが始まりであることに勇気をもらい、71才の今日を出発日にして、満足な人生だったと締めくくりに思えるように心がけることにします。勇気をもらいました。友人にも本日購入した数種類の著書を読ませてあげたいです。

 

私は三回目ですが心が洗われます。初めての方が多くこれも嬉しいです。

演壇の花が今回も素敵です。受付、そのた対応してくださる方々の姿勢、気持がいいです。

 

花がすてきでした。大好きな山帰来に会えて嬉しい!

面倒くさいことはきらいと私も思っていたけれど、今の世の中で大事なことは、今の生活、暮らし、目の前の人を大事にすることが、この生きにくくなってきた世の中もよくしていくことにつながると実感しました。今日はこの会のおかげで久しぶりに大事な人に会え、子どもの家にも寄れます。

初女さんの話をできる人が私の周りに広がる幸せをいただきありがとうございます。

スタッフ、参加者とも温かく感じました。いつでもこうありたいと思いました。

 

  食事がいかに大切かわかっていたようでわかっていなかったことに気がつきました。手を抜きがちですが、めんどくさがらず子ども達においしいものを作って、お母さんの味を思いだしてくれるように頑張りたいと思います。

 

初女さんのお話はとてもやわらかい口調でありながら背筋が伸びるような内容でした。初女さんの「生きる」ことに対する姿勢を学ばせていただき嬉しく思いました。

スタッフの皆さんが落ち着いていていらっしゃるのが穏やかな雰囲気を作りだしていたと思います。

 

食を通して生き方を考えるということの大切さをとても共感できました。すべてのことに通ずるということに気づかせてもらえました。

 

初めて目の前でお話を聞きました。一日何回もめんどくさいと思って『いけない』とやり直すというのにびっくりしました。私とは違うから私には無理と思っていたけど、私も、何が大切なのか考えて「いけない」と引き返せるようになります。

 

初めて参加しました。食材は手のかけ方によっておいしくなる。食材を命としてとらえることは心のありようとしてもいいことだなあと思いました。 人間は食べる事を通して心を通じさせられるというのは全くその通りだと感じました。調理はその人の生きる姿そのまま、調理を大切にしたいなと思いました。

 

初女さんの心が伝わってきました。ありがとうございました。

 

知人から初女さんの本を借りてから、是非一度お会いしたいと思い参加しました。食事は毎日三回することで、それが積み重なっていくので大切にしなくてはならないということと、面倒くさいと思わないということが印象的でした。ありがとうございました。

 

一番基本なことですね。食の大切さ、食を大切にする気持があって健康でいられるし考え方も穏やかでやさしくなれると思います。

私も野菜の顔を見てどのようにしていただこうか?と考えるとき、自分の体が見えてくるような気がします。

ですから孫達の誕生日等で子ども達12人〜16人集まるとき、どのようなものを食べさせようかなと1週間も前から考えて作ります。そして、喜んでくれてテーブルの上のものがなくなるととても嬉しい。

若い人たちが多くびっくりでしたが、若い人たちに良いお話だったと思っています。

 

昨年結婚し、家族の食事を作る毎日ですが、日々こなすようで、又負担になったりしていました。今回、食事の重要さを教えて頂いたのでプライドを持って、感謝をもって食事を作ろうと思います。ありがとうございます。

 

  忙しい今の世の中、流されている日々を送り、反省する事が多々ありました。やはり、今を一時、一時大事に生きることの大切さを学びました。

会場には若い人が多いのに驚きました。良い雰囲気のなかで聞くことができました。  

   

食を通しての生き方、心をこめた生き方、一つ一つを大切にする生き方、食事も行動も言葉も・・・。今日、今からを大切に・・・。そして、体験を積み重ね確信を持って識別しながら生きたい。

 

心をこめるというメッセージが新鮮でした。速さや、巧さ、効率を求めることが多い社会の中で、心をこめる時間をほとんど持っていないと気づきました。心を込めることを意識しないとできなくなっています。

でもやってみます。

 

今までの自分をすごい反省。食の大切さを改めて考えさせられました。

 

初めて聞きました。食は命。面倒くさいは、命、生きることを粗末にすることだと良く分かりました。今の日本が精神的に傷んでいる人が多い理由が「食」にある気がしました。ありがとうございました。

 

とても素敵な会をありがとうございます。保育もあり、今日こちらで学んだことを実践して、少しでも多くの人が私の行動によって感じ取ってくれると嬉しいです。

 

初女先生の生のお声が聞け、とても嬉しく思っております。  

  すべてのことに体感→確信→識別する この流れを心に刻みこれからの生活をより充実させたものにしていきたいと存じます。

  わかち合いの初女さんのご回答一つ一つが宝物のような貴重な言葉でした。

  ありがとうございました。何時までもお元気で!

 

日々の小さな幸せに感謝しつつ、心に花束を持つように毎日を暮らしています。食は作り手の真心が伝わってきますものね。家に伝わる大切な食事を心をこめて作れることのありがたさ。食卓を囲んで弾む家族の会話。人の輪の広がり・・・。心を伝える大切な、大切な日々のあり方。今、生きていること、元気でこうしてこの場にこれました今日に感謝しています。

今という出会いを大切にしたい。心のままに“晴れの国 岡山”からまいりました。アットホームな心地よきこの地でご一緒できましたことに感謝しています。

 

とても良いお話をありがとうございました。大変充実した時間でした。  

  わかち合いとても良かったです。皆さんもいろいろな悩みや思いを抱えていらっしゃるのですね。初女さんや参加者の皆さんと同じ時間を共有できて嬉しかったです。 初女さんの一言一言を胸に今日から生活してゆきます。  

 

会場に入って席について、今日は初女さんに逢えるんだと思ったら、何故だか涙が溢れてきました。きっとこれは初女さんに逢ったら大泣きしてしまうんじゃないかと思っていましたが、不思議と涙は引いていきました。初女さんの言葉、話し方にふれると自然と心が穏やかになっていきました。いつか「森のイスキア」を訪れることができたらいいなと思います。

 

丁寧に、でもきっぱりとした初女さんの言葉が胸に響きました。「食」を大切にすること、今日から気にかけていきたいと思います。

 

最近、忙しいを口癖に生きることを適当にしていました。もっと、一瞬一瞬を丁寧に生きていこうと思いました。

講演をお聞きして、昔おばあちゃんが作ってくれたお味噌汁、お母さんが作ってくれた塩おむすびを思い出しました。何であんなに美味しかったのか今日わかりました。ありがとうございました。

 

食は“命そのもの”本当に強くそう思います。小さな積み重ねこそ大切なんだということを改めて感じました。初女さんにはじめてお会いしましたが、飾らない言葉がとても心地よく大変感銘を受けました。私は食生活にとても関心があり拘りが強いのですが、やってきたことは間違ってなかったんだと勇気付けられた思いがして嬉しかったです。

 

今日は心温まるお話をありがとうございました。食材に向き合う気持を改めて感じました。さまざまな質問に真剣に考え一つ一つ丁寧に答えてくださる姿に心を打たれました。時間がなく、私の質問には至りませんでしたが、他の方々への答えから、私も答えをもらったような気持ちになりました。

スタッフの方々、このような機会を用意してくださりありがとうございました。

 

今回始めて参加させていただきましたが、本当に良かったです。

==人生を大事にすること。食を充実させることで心身ともに充実してくること。とても納得できました。

人の話を聴き、受け入れて、気付きと体験を基に日々を暮らしていくこと、やってみます!!

祈りとは日々の暮らしである。心にしみました。

 

とても幸せな時間でした。自然な感じがこの空気をつくるんだなぁって。

先ずやってみます。ありがとうございました。

 

生き方とか、あり方、生きていくってこういうことなのかな、と思いました。自分が正しいと思うこと、自分の気持や、周りの人に誠実に生きていくこと・・・そんな生き方ができたらよいと思いました。佐藤さんのようにそういう風に生きてきて「今、幸せに生きてる」って、証人のような方に初めて実際にお目にかかったのでとても嬉しかったです。本当に今日はありがとうございました。どうぞこれからも元気でいてほしいです。

 

お話ありがとうございました。「スゴイ」ことはわかるのですがスゴすぎて自分には未だ完全に理解できないと思いました。しかし、「まず自分で行動すること」これは今の自分でもできるので、実践し、周りに良い影響を与えたいと思います。

 

今日は大変素敵なお話をありがとうございました。初女さんの今までの行動に裏付けられた言葉に心を洗われる思いがしました。何だか、とても穏やかで平和な気持ちになりました。すべての命を大切に、感謝してありがたくつないでいきたいと思います。

 

初女さんのゆったりとした口調が印象的でした。食事は大事というメッセージがすごく刺さる思いでした。自分の生活を省みて、少しずつでも改善し、豊かな心を育んでいきたいなと思いました。初女さんの作る食事を食べてみたいなと思いました。お話を伺えてよかったです。ありがとうございました。

 

一言一言に大切なことが宿っている。初女さんの講演に来れたことがとても幸せに思っています。一つ一つの質問に対して、素晴らしいお答えをされることを尊敬の思いで聞いていました。一緒に来れた、来てくれた皆にも感謝です。

 

初女先生の静かな口調の中にまっすぐな想いを感じとりました。そして、本当にシンプルなお考えの中に真理があるのだなと感じました。

 

食べものの大切さを改めて感じました。他人のためになることを喜びと感じられることが幸せな事であると思いました。

 

今日はじめて初女さんの講演を聞きました。一つ一つの口調がゆっくり、丁寧、穏やかで心温まりました。落ち着きました。

 “すべてに命がある”“小さいこと一つ一つが積み重なって形になる”“今というこのときを大切にする”これらの言葉が印象深かったです。

 

初女さんは本当に素朴で純真な人というのがわかりました。それを生活の中で実行しているのが素晴らしいですね。私もあやかって実行します。あせらずにその真実に向かって進んでいく予定です。

 

10年以上前にガイアを見てから、初女さんの生き方そのものにほれこみ、私の人生の見本とさせていただいています。今日はじめてそのご本人にお会いし、そのお話を聞くことができて本当に嬉しかったです。

いつまでもいつまでもお元気で!! 私も生活を祈りとしていきます。

 

娘が心を病んでいます。娘の個性を伸ばせず、人並みに人並みにと育ててしまった私は自責の念に駆られています。

先生のお話を伺って、野菜も同じなのですね。野菜が輝いて一番美味しく生きる時を見守る事が一番大切なのだと、切なく涙が流れました。娘を見守り、娘と共に生きていきたいと思いました。強く。

 

とても癒されました。大切なことを忘れていました。一日一日を大切に生きていこうと思います。

 

初女さんのおだやかなお顔を見ていると本当に生活の中で大切なものは何なのか?ということを考えさせられました。私も「食べる」幸せをしっかり生活に取り入れていきたいです。

 

目の前の事でいっぱいいっぱいになっている時、ふと、もっと先、将来をイメージした時、はっと、初女さんのことが心に浮かびました。初女さんのことは、ガイア2番を見たときに知っただけだったのですが、将来目指す方向、目指したい方向その先に初女さんをイメージしました。そして、苦しかった時、そのことを思い出し、是非一度初女さんと直接お会いしたいと思い、今回の講演会を知りました。新潟県より申し込ませていただきました。

私も体をこわし、料理を通し、食べ物を通じて体と心の大切さを知りました。いつか、初女さんのような存在に近づけたらと心から願い、それに向かって努力していきたいと思っています。ありがとうございました。

 

今日はありがとうございました。初女さんの言葉一つひとつ心にしみわたりました。食事を丁寧にする。今までも意識してきたつもりですが、もっともっと意識していきたいと思います。中学生の子どもがいますが、思春期の中で大変な時もありますが、食を通して生きるという根本の部分を大切にしていけば、やっていけるという確信をもてました。そのことを教えてくださった初女さんに今日お会いできたことを感謝いたします。

 

  初女先生のお話がとても心地よくユーモアも交えてお話されて楽しくすっと心に入ってきました。最近「めんどくさい」と思ったり忙しくて食事も適当に済ましていたので、初女さんのおっしゃったことがなおさら身にしみました。できるだけ丁寧に、一つ一つのものや動作を大切に生きようと改めて思いました。ガイアの映像もとても感動しました。気付きの一日をありがとうございました。

 

  素晴らしいお話でした。というより、当たり前のことをあたりまえにできていないなぁ〜。と改めて感じ、それを思い起こさせていただいたようです。もともとある当たり前で大切なことを静に向き合い続けていらっしゃる初女さんに感動しました。私も、すべてにある命に向き合おうと思います。

時を大切にすごそうと思います。

 

舌は私であり、舌がこえると舌が確かな味を見分けるのは、自分が成長するということと同じなのだなということを改めて感じました。ふだん仕事でコピーライターをやっていますがコピーもシェフも同じだなと思い、目からウロコ雲が、いやウロコが落ちました。  

 

随分昔になりますが、佐藤先生を知ったのはNHK教育テレビの心の時代でした。おむすび一つが心を病んで自殺する人の心を和らげ自殺を思いとどまらせたことに感動を覚えました。

スイスの哲学者で「眠られぬ夜のために」の著者であるカール・ヒルティは私の愛読書の一つです。昔、白水社で全11巻の著作集が読みたくて、池袋の本屋で高価な値段で買ったのを覚えています。そのヒルティのお墓の墓碑銘に「愛はすべてに打ち勝つ」と刻まれています。この愛について初女先生のご意見を是非聞かせてください。

 

先生に今回が初めてお会いしましたが、一目お会いするなり私の母との再会だと直感できました。そして、先生のお話を伺っていくうち、すべてあたっている事に気づきました。

   私の母は明治生まれで、7年前92才で他界いたしましたが、村の方々は今でも観音様のような人だったと申してくださいます。それは、とても情け深い人でした。村に立ち寄る行商人や村芝居の役者さんなどに必ずおにぎりをむすんで届けていました。又母は、和歌山県立日高女学校の一期生でもありましたので卒業後小学校の教師をしていまして、私には小さなオルガンでいつも歌をひいて教えてくださいました。私は小さい頃「神ともにまして」「きよけし」等、もうよく知っていましたが、今思うと明治の女性は向上心も豊かだったと思います。先生と雰囲気も何もかも良く似ていた母、私は大変嬉しかったです。母と神さまが逢わせて下さったような気がいたします。本当にびっくりいたしました。幸せなひと時を過ごさせていただきありがとうございました。

 

 

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.