2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

TOPICS

 

森のイスキアの歩み
   (2009.11.4)

鐘楼完成の祝別式
   (2009.11.4)

佐藤初女さん講演会

 2014年1月18日(土)
    (東京都)


 2014年1月25日(土)
    (大阪市)

  
 2014年2月8日(土)
    (和歌山市


 2014年5月25日(日)
    (東京都)


イスキアの集い

 
 ・第10回イスキアの集い
   2014年6月14日(土)

 ・第9回イスキアの集い
   2013年6月1日(土)

  ・イスキアの集い[
   2012年6月9日(土)

  ・イスキアの集いZ
   2011年6月5日(日)
 

  イスキアの集いY
   2010年6月5日(土) 
 

  ・イスキアの集いX

   2009年6月6日(土)

 

  ・イスキアの集いW

   2008年5月31日

 

 

  ・イスキアの集いV

   2007年10月20日

 

 

  ・イスキアの集いU

   2006年7月2日

 

 

  ・イスキアの集いT

   2005年12月18日

 

  ・映画と講演の集い

  2004年 11月19日

 

 

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               

佐藤初女・イスキアの集いV

スタッフの感想

 

 当日、約20名のスタッフが参加させていただきました。年齢、職業の異なるいろいろな人が集まって、イスキアの集いを通して一緒に動きながら学びを続けています。そんなスタッフが今回感じたことを、運営面に関する細かな反省部分は除いて、下記にご紹介いたします。  

 

 

 今年も東京でのイスキアの集いが盛会に、なお無事に終えたこと、皆様の満足が主催者にとっても大きな喜びです。そして幸せに思います。

参加できたことに感謝です。 (K.K)

 

  ロビーが広いこと、座席の近くにドアがあるなどいろいろ問題はありますが、若い人が行きやすい場所のように感じました。

長時間、初女先生がサインされるお姿、そしてずっと待っておられる参加者の方々、それがすべて集いの模様を語っているように思いました。

その集いをご一緒させていただくことに、つながりを感じました。

ありがとうございました。 (T.K)

 

 「命の移し替え」という概念と「“生きること”と“料理すること”とはとても良く似ている」というお言葉が深く心に残っています。

 また、握手&サイン会にお一人づつ丁寧に対応される初女さんのお姿と、何時間もただただ並んで待っていらっしゃった多くのお客様の姿がとても印象的でした。

 初女さんのように丁寧に、愛情を込めてお料理をして、生活をして、生きる、ということに、より多くの人が共感し、実践をしていただけたとしたら、世界は少しだけよい方向に動いていくと思い、私もこのメッセージを、多くの方に伝えたいと感じました。  (Y.E)

 

 初女さんの著書や講演会、またご自身のお姿に触れる機会にも恵まれ、僭越ながら初女さんのような生き方に少しでも近づきたいと考え、どうしたら人に喜んでもらえるだろうか、といつも考えています。
 しかし与えるというのは難しくて、ほんとうにめんどくさい事だとよく思います。「その人がどうしたら喜ぶのだろうか」、「その人のためになる事は何だろう」と考えて、そっと働きかけてみる。それが思ったように届かなかったり、悪ければ誤解されたりする事もないとは言えません。その度に私は少し悲しくて、そして寂しい。与える、というのはいつもそんな寂しさと背中合わせだと思うのです。
 だからこそ初女さんがおっしゃるように、「一番うれしい事は心が通じ合う人に会った時」なのです。そんな人に会ったとき、私はその事が奇跡のようにうれしい。分かってもらって当たり前なんて思わない、通じ合ったら何かを与えられたような気持ち。
 
それが初女さんのおっしゃる「霊的な喜び」だと解釈しています。そうして心が通じ合う度に、私は自分が少し強くなったような気がするのです。
 「生きるとは感動する事である」とは私の恩師が言った言葉であり、「生きるとは成長する事である」というのはある高名な精神科医の言った言葉です。私にはこの二つは同じ言葉に見えます。人は感動することによって成長し、その感動は「霊的な喜び」によるものが最も豊かで、広がりがあるのではないか、と思います。「霊的な喜び」を感じる度に、私はその喜びを感じた人の一部を自分の中に取り込み、またその人も私の一部を取り込む、そしてお互いがお互いの人生の一部を生きている、そんな気がします。
 今回の講演会を通して、初女さんにあれほど多くの方が引き寄せられるその理由は、「私を分かってくれる」言い換えれば「私の人生の一部を生きている」というような安心感を、初女さんが多くの方に与えるからなのではないかと思いました。
 ゆっくりと丁寧にひとつひとつのサインをなさる姿を見つめながら、少し「めんどくさい」と思っても一歩先を目指すということは、より大きな、深いつながりを自分と人との間にもたらし、そしてそれはまた妥協なく自分を大切にする、ということでもあるのかもしれない、と思いました。  (Y.H)
 

 

 

 

 

 

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.