2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

TOPICS

 

森のイスキアの歩み
   (2009.11.4)

鐘楼完成の祝別式
   (2009.11.4)

佐藤初女さん講演会

 2014年1月18日(土)
    (東京都)


 2014年1月25日(土)
    (大阪市)

  
 2014年2月8日(土)
    (和歌山市


 2014年5月25日(日)
    (東京都)


イスキアの集い

 
 ・第10回イスキアの集い
   2014年6月14日(土)

 ・第9回イスキアの集い
   2013年6月1日(土)

  ・イスキアの集い[
   2012年6月9日(土)

  ・イスキアの集いZ
   2011年6月5日(日)
 

  イスキアの集いY
   2010年6月5日(土) 
 

  ・イスキアの集いX

   2009年6月6日(土)

 

  ・イスキアの集いW

   2008年5月31日

 

 

  ・イスキアの集いV

   2007年10月20日

 

 

  ・イスキアの集いU

   2006年7月2日

 

 

  ・イスキアの集いT

   2005年12月18日

 

  ・映画と講演の集い

  2004年 11月19日

 

 

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

              

初めて初女先生の姿に触れて

〜イスキアの集いII、スタッフのレポート〜

 

 

 当日は開場前からたくさんの方々が列をお作りになりました。初めてお手伝いをさせていただく私は、ちょっとドキドキしながら会場誘導の仕事の準備をしていました。時間になったとたん、20代かと思われる数名の方々が顔を輝かせながら走り込み、一番前に席を取られました。それはちょっとした驚きでした。これがどこか別の会場なら、人気歌手のコンサートかと思うような勢いでしたから。

 

 それを見ながら「ああ、初女先生を少しでも近くで感じたいのだなぁ」と思いました。 私もそういう気持ちでお手伝いをさせていただいているので、その気持ちがよくわかったのです。

 

 私自身が初女先生のことを知ったのは、それほど最近の事ではありません。おそらく6年ほど前の事だと思います。その時はそれほど気にもとめず、そういう方がいらっしゃるのだなぁ、と思ったぐらいでした。しかしその6年のうちの4年くらいは、私にとってはたいした理由もないのに不安な日々の連続でした。そんな漠然とした不安な気持ちを癒したのは、毎日自分が作る、何のへんてつもない食事でした。そういう事に気づいた頃、偶然にも私の友達が、初女先生の本を貸してくれました。そしてその本を読んだとき、「私が自分の人生で一番大切にしたいこと、そして人に伝えたい事はこれだ。」と強く思ったのです。

 

 講演会をお手伝いさせていただくにことになり、まずは自分の身近な人たちに気づいてもらえたらうれしい、と思いました。そしてできるだけ多くの友達にこの「イスキアの集い」のことを伝えようとしました。けれども私の気づきは、私の個人的な体験を通して得たものです。言葉を使って説明するとき、それは私というフィルターを介してしまうので、なぜこれほどまでに「イスキアの集い」を勧めるのか、うまく伝わらないもどかしさがあります。あるいはだからと言って個人の体験を交えず、「食は大事ですよ。私たちは いのちをいただいているのですよ。」と言ったところで、その言葉ですべてを表現する事はできないし、またどれほどの人がその言葉の意味を心の底から感じる事ができるでしょう? 初女先生が大切にしていらっしゃる事は、どんな人にとっても最も大切にしていておかしくない事だと考えています。けれどもそれは言葉では説明しにくい。そしてその説明のしにくさが、今この世の中でそれが非常に軽視されている原因であり、そしてその結果、多く人たちが不安にさらされているように見えるのです。

 

 ところが、先生のご講演では、多く方々が先生の言葉に共感し、同じ思いを共有していました。先生の言葉の裏には、徹底した実践があり、言葉に真実があります。だから人々の心の奥底にまで響くのでしょう。言葉で説明しにくい事を全く見ず知らずの方々が共有し、通じ合っている、その心地よさに私は癒されました。一歩家の外に出れば知らない人ばかりで、すれ違っただけの見知らぬ人と思いを共有するなどということは、普段思いつきもしません。多くの見知らぬ方々と思いをともにする気持ちよさ、それを体験できた事、またそれをご来場のみなさまが体験するお手伝いができた事、そのことを考えたとき、私はしみじみとした喜びに満たされました。そしてその日の事を振り返った今、おそらく言葉ではなかなか説明できない事であるからこそ、通じ合ったときにより大きな癒しを感じたのではないか、と思っています。

 

 私たちはとかく何かに追われたり、またはその何かから逃げたりして、十分に一つ一つの事柄、そして自分を見つめながら生活する事を忘れがちです。朝の後に夜が来て、その夜が明けるとまた朝になるということ、春の次に夏が来て、そして秋になり冬が来る、そうして一年、また一年と時が巡って行くこと、そういう何のへんてつもない繰り返しの中に私たちの癒しがあるのかもしれないと思います。初女先生の生き方の中に、その繰り返しの確かさ、その繰り返される日々の中できちんきちんと見つめて行く事の力強さを見る思いがします。そしてそのお姿に触れ、私もほんの一歩でも先生の生き方に近づければうれしい、と思っています。

                                             ( 長谷川 由佳)

 

 

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.