2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

TOPICS

 

森のイスキアの歩み
   (2009.11.4)

鐘楼完成の祝別式
   (2009.11.4)

佐藤初女さん講演会

 2014年1月18日(土)
    (東京都)


 2014年1月25日(土)
    (大阪市)

  
 2014年2月8日(土)
    (和歌山市


 2014年5月25日(日)
    (東京都)


イスキアの集い

 
 ・第10回イスキアの集い
   2014年6月14日(土)

 ・第9回イスキアの集い
   2013年6月1日(土)

  ・イスキアの集い[
   2012年6月9日(土)

  ・イスキアの集いZ
   2011年6月5日(日)
 

  イスキアの集いY
   2010年6月5日(土) 
 

  ・イスキアの集いX

   2009年6月6日(土)

 

  ・イスキアの集いW

   2008年5月31日

 

 

  ・イスキアの集いV

   2007年10月20日

 

 

  ・イスキアの集いU

   2006年7月2日

 

 

  ・イスキアの集いT

   2005年12月18日

 

  ・映画と講演の集い

  2004年 11月19日

 

 

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                           佐藤初女さんTOPへ    

【現地からのレポート】  

 

《ブリュッセル イスキア センターの船出》


                                            2010年11月29日
                                               舟橋 倫子

 11月23日、秋の紅葉の最後の名残のシーズンに、ブリュッセルでまた一つ、日本とベルギーの交流の花が豊かな果実を実らせました。
「ブリュッセル イスキア」の開設です。

 耳慣れない方もいらっしゃるでしょうが、イスキアは、青森出身の佐藤初女(はつめ)さん、お一人によって始められたものです。
 彼女は、何の力も・能力もない一個人が、何をできるのかを考えた結果、自宅を開放して、助けを求めて訪れるすべての人を無条件に受け入れるという活動を始められました。
 そこで、彼女が何よりも大事に考えたのは、食事を提供することでした。

 誠心誠意をこめて相手と向き合う手段として、心をこめて作った食事を共に食べる。
そのことによって、相手の心が開かれる、と考えられたからです。
「食は命」という彼女の姿勢は、心を失って、自分の生の実感を見失った人たちに、生きていることの意味と喜びを、言葉ではなく、ストレートに感じさせることになりました。



             
                     ブリュッセル イスキアにて


 ブリュッセル イスキアの開設は、初女さんの精神に共鳴したベルギー人シメオンさんの献身的な活動によって実現しました。
 彼は、人間にとって一番大切なものは何なのか?という、ある種哲学的な命題を考える過程で、日本文化と仏教に興味を持ち、四国を訪れた際にみた映画「地球交響曲第二番」で、初女さんの生き方に心から共感を覚えるに至ったそうです。
 したがって、「ブリュッセル イスキア」のオープニングも、初女さんの活動を紹介するために、料理講習会という形をとりましたが、それは、単なる日本料理の講習会ではありませんでした。
 他者と悩みを分かち合い、人々と共に生きる、今、目の前にある対象が人であれ、物であれ、それと真剣に向き合い、自分の能力のすべてを投入してその本質を生かすよう、全精力を注ぐ、という彼女の姿勢の具体的な表現だったのです。
 その彼女の気迫あふれる料理は、言葉をこえて、参加したすべての、日本・ベルギーの人々に直接訴えかけ、究極の哲学として、感動を呼びました。

 初女さんの文字を木に彫った看板は美しさをたたえ、参加者の思いをこめて飛ばされた気球は、どんよりとしたいつものベルギーの冬空に時現れた、美しい夕暮れの中を、ゆらゆらと揺れながら、どこまでもあがってゆきました。
 
 
    
              
             初女さん直筆の文字を彫った「ブリュッセル・イスキア」の看板の贈呈


 大切なものは、言葉ではなく、行いです。
 「ブリュッセル イスキア」では、初女さんの精神をともに考えるために、ベルギーの素材の声をきいて、それを生かす活動・料理が、月に一度行われることになっています。
 日本人である初女さんによって始められた、人間にとって一番大事なこと、日々の生活を大切に送ること、という精神が、ブリュッセルでどんな花を咲かせてくれるのでしょう。
 人生で一番大切なことは?という問いに対して「出会い」と答えた、初女さんの言葉は、参加した人々へのなによりのプレゼントだったのではないでしょうか?
 与えられる一瞬一瞬を、常に喜びと緊張をもって受け止めることができたら・・・・
彼女とともに過ごした時間は、まさに一期一会そのものでした。


                     


【舟橋 倫子さんのプロフィール】
  1967年 東京生まれ。現・ブリュッセル在住。
  歴史学博士、専門・中世修道院史。
  ブリュッセル自由大学所属。


◆ 佐藤初女さんの第二回ベルギー訪問の様子はこちら
◆ 佐藤初女さんの第一回ベルギー訪問の様子はこちら

 佐藤初女さんTOPへ

  

 

 

   

 

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.