2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

TOPICS

 

森のイスキアの歩み
   (2009.11.4)

鐘楼完成の祝別式
   (2009.11.4)

佐藤初女さん講演会
 
 

イスキアの集い

 
 ・第10回イスキアの集い
   2014年6月14日(土)

 ・第9回イスキアの集い
   2013年6月1日(土)

  ・イスキアの集い[
   2012年6月9日(土)

  ・イスキアの集いZ
   2011年6月5日(日)
 

  イスキアの集いY
   2010年6月5日(土) 
 

  ・イスキアの集いX

   2009年6月6日(土)

 

  ・イスキアの集いW

   2008年5月31日

 

 

  ・イスキアの集いV

   2007年10月20日

 

 

  ・イスキアの集いU

   2006年7月2日

 

 

  ・イスキアの集いT

   2005年12月18日

 

  ・映画と講演の集い

  2004年 11月19日

 

 

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

                                        小さな森東京TOPへ

 

 小さな森東京の東日本大震災被災地支援   “忘れないでください”


 
《釜石からの一筆便り》 @曳き船祭り Aスーパー防波堤 B釜石の奇跡 C釜石の悲劇

                 D津波てんでんこ  E2013.3.11釜石よりの報告  F風の電話

 D 津波てんでんこ・・・(2013年11月20日掲載)
  

 《釜石の奇跡の背景》

  そもそも津波は他の災害と異なり、高台避難によって命は守られるです。
  今回の大震災によってマスコミでも評判になった「てんでんこ」。
  この言葉は、津波が来た時には親兄弟さえも探さずに「てんでんばらばら」に、一目散に
 高台に逃げなさい!という教訓です。


            
               
津波の高さを示す釜石港湾合同庁舎

  しかし、実はこの「てんでんこ」には、深い意味が込められていることは案外知られていませ
 ん。
  明治の大津波の際、沿岸に住んでいた約5,000人中、約4,000人もの人が亡くなりま
 した。もしかしたら避けられたであろうこの悲劇は、家族や隣組の安否確認をしようとしたた
 め、或いは弱者を助けようとした英雄的で慈愛に満ちた崇高な精神性に起因したと言われ
 ています。
  この教訓にならい、近年の三陸沿岸地域における防災教育では、家族・学校・地域共同体
 などの連携と自分の命は自分で守るというお互いの信頼関係こそが命を救うための最重要
 条件であると強調されているのです。 
  このような背景が礎となって「津波てんでんこ」という教訓が生まれました。
  津波がきたらひとりでも一目散に高台に逃げなさい!
  家族や近所の人も教訓通り、ちゃんと逃げている。
  その避難所できっと家族に会えるから・・・・・・・・。

                     
              



 ページ:

  

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.