2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

TOPICS

 

森のイスキアの歩み
   (2009.11.4)

鐘楼完成の祝別式
   (2009.11.4)

佐藤初女さん講演会
 
 

イスキアの集い

 
 ・第10回イスキアの集い
   2014年6月14日(土)

 ・第9回イスキアの集い
   2013年6月1日(土)

  ・イスキアの集い[
   2012年6月9日(土)

  ・イスキアの集いZ
   2011年6月5日(日)
 

  イスキアの集いY
   2010年6月5日(土) 
 

  ・イスキアの集いX

   2009年6月6日(土)

 

  ・イスキアの集いW

   2008年5月31日

 

 

  ・イスキアの集いV

   2007年10月20日

 

 

  ・イスキアの集いU

   2006年7月2日

 

 

  ・イスキアの集いT

   2005年12月18日

 

  ・映画と講演の集い

  2004年 11月19日

 

 

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

                                        小さな森東京TOPへ

 

 小さな森東京の東日本大震災被災地支援   “忘れないでください”


 
《釜石からの一筆便り》 @曳き船祭り Aスーパー防波堤 B釜石の奇跡 C釜石の悲劇

                 D津波てんでんこ  E2013.3.11釜石よりの報告  F風の電話

 F 風の電話・・・(2014年8月8日掲載)
  

 釜石市の隣町大槌町の海を望む高台に「風の電話」と呼ばれる電話ボックスがあり
 ます。 そこには電話線がつながっていないダイヤル式の黒い電話が置かれています。
   私は去る6月4日ボランティア活動を終えたあと、そこを訪ねてみました。


             
 

  受話器を取ってダイヤルを回しているとき、この我が家の電話番号は亡くなった息子の
 誕生日と同じ番号だったなぁ・・・ということがふと頭をよぎりました。
   そして受話器を持ったまま無音の静けさを感じながら想いを息子に馳せました。


             
 

   私は2011年7月から釜石でのボランティ活動を続けていますが、いつも亡くなった息子
 のことを思い一緒にいるという感覚を持ち続けています。
   受話器を置いたとき何か息子とつながれたように感じて少し嬉しい気持ちでした。

 

       

                     

   その時の思いを言葉にしてそこに置いてあったノートに次のように書きこみました。
 
  
健へ
   父さんは震災で被災された方々と共に明日の希望に向かって歩みを続けていきます。
   君は亡くなられてそちらに逝かれた人たちを迎えて神様のもとで平和に過ごしてください



             
 

   あの時、電話線がつながっていないということが何か意味があるように感じたのですが、
  それは見えないところでつながっているという逆説的なメッセージとして受け止めたからかも
  しれません。


             
                   
浪板海岸方面の海を望む


   でも、後で思ったことは、大切な人を震災で亡くされた方々には知ってはいても風の電話
  まで行けない人や行けても受話器を取ることができない人などいろいろな方がいらっしゃる
  だろうなということでした。
   たとえ風の電話で話せなくても、せめて亡くなった人はあなたのそばに確かにいてくれて
  いますよと信じられるように、気づきのきっかけになってくれれば・・・と願っています。


              



 ページ:

  

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.