2005年8月〜

 

小さな森 東京
 

TOP   ごあいさつ     お知らせ  イスキアの集い  佐藤初女さん    森のイスキア 出会い  リンク  連絡先 

 

          

 

 

TOPICS

 

森のイスキアの歩み
   (2009.11.4)

鐘楼完成の祝別式
   (2009.11.4)

佐藤初女さん講演会
 
 

イスキアの集い

 
 ・第10回イスキアの集い
   2014年6月14日(土)

 ・第9回イスキアの集い
   2013年6月1日(土)

  ・イスキアの集い[
   2012年6月9日(土)

  ・イスキアの集いZ
   2011年6月5日(日)
 

  イスキアの集いY
   2010年6月5日(土) 
 

  ・イスキアの集いX

   2009年6月6日(土)

 

  ・イスキアの集いW

   2008年5月31日

 

 

  ・イスキアの集いV

   2007年10月20日

 

 

  ・イスキアの集いU

   2006年7月2日

 

 

  ・イスキアの集いT

   2005年12月18日

 

  ・映画と講演の集い

  2004年 11月19日

 

 

   

  

更新履歴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

                                        小さな森東京TOPへ

 

 小さな森東京の東日本大震災被災地支援   “忘れないでください”


 《釜石からの一筆便り》 @曳き船祭り Aスーパー防波堤 B釜石の奇跡 C釜石の悲劇

                 D津波てんでんこ  E2013.3.11釜石よりの報告  F風の電話

 E 2013.3.11釜石よりの報告・・・(2013年11月27日掲載)
  

     死者888名、行方不明者153名、実に1,041名の方々が二年前の今日、
        突然いなくなりました。当時の釜石における出生者数の8倍に相当します。

  あの日から間もなく生まれた男の子は、最近、自分の足で歩き始めました。
  全世界からの応援に励まされ、支えられながら健やかに成長しています。
  彼が大人になったとき、自分自身の言葉で「釜石の記憶」を語る日まで、私たちはこのこと
 を決して忘れてはいけないと思います。
  全国的に風化が懸念されるなか、わたしたちの生活は日常に戻っていきます。
  まるで何事もなかったかの如く普通の日々に追われています。
  この被災地釜石でさえ例外ではありません。
  支援活動を継続するなかで、そういう事態に直面し困惑することもしばしばありました。


             
                 
2012年6月平田第2仮設団地


  それでも被災地に生きていると、日々出会う被災者の方々は未だ癒されてはおらず、あの
 悲惨な出来事を決して忘れることなく毎日を生きています。
  地震と津波に襲われたのち、否応なしにつくられた新しいコミュニティー、つまり仮設の家で
 生きることを余儀なくされた人々は、いつか自分が忘れ去られる日がくるのでは、という不安
 を胸の内側に隠して頑張っているように見えることがあります。


             
                  
談話室での「お茶っこサロン」


  あちこちで行われる「お茶っこサロン」や「イベント」は、単なるコミュニティー形成の促進だ
 けではなく、実はとても「単純に」しかし「大きな使命」を果たしているということができます。
  話を聴いてもらうか否かに限らず、談話室の前に置かれた『お茶っこサロン』の「のぼり旗」
 を見るだけで、「ああ、今日はボランティアが来ている」「遠くから私のために足を運んでくれ
 た」「私はまだ忘れられてはいない」という類の安心感を生みます。
  この安心感から皆さんは、 自分自身の存在感を覚えるようです。
  私は被災地に今なお生きているという実感、いのちの実感です。


             
                     
お茶っこサロン風景


  あの日、多くの尊いいのちや大切なものを失った傷は深く、心はえぐり取られましたが、
 新しい出会いもたくさん受け取りました。寄り添う人の心に触れ、励まされ、やっと少しだけ
 元気になろうとしています。皆さんは考え始めています。「私はこのまま何もしないで過ごす
 わけにはいかない」「何とかして生きていかなくては・・・」と。
  それが被災地のリアリティーです。


             
                
共同で制作したタペストリーの完成


  釜石は行政から明確な復興計画を待っている間に新しい復興団地の建設が進み、夏ごろ
 から順次転居が始まるようです。誰もがより便利で、より快適な復興団地への移転を求め、
 ここから、もう一つの生みの苦しみが始まります。力ある人から順に現在の仮設を出て行くこ
 とになるでしょう。被災者間の格差が拡大し、弱者は取り残されるという構図です。
  特に高齢の独居者などは今の仮設で一生を終える覚悟を決めている方も少なくありません。
  やっと幾ばくかの楽しみやつながりが芽生えてきた矢先、共同体の再編成が始まります。
  人々の心は落ちつく暇がありません。
  精神的にも経済的にも社会的にも多くの課題が山積するなかで、今こそ「ひと」と「ひと」が
 寄りそって歩んでいくことの必要性を深く実感する毎日です。


             
                平田地区災害復興住宅(2013年4月)


  全世界と諸聖人の寄りそいに感謝しつつ。
  被災地釜石より。
                                NPO法人カリタス釜石




 ページ:

  

Copyright ©2005-2009   Chiisana Mori Tokyo  All Right Reserved.